わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 110728

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 110728

プールへ着くとロビーでF島コーチといきなり遭遇。 選手ちゃんたちは遅くなるか、もしかしたら来られないかも知れないので、リザーブしている外の長水路で泳いでくださいとの事。 着替えて外に出てプールに足を浸けてみるとちょうどいいくらいの水温だったのでちょっと嬉しい感じです。
M本御大を待って18:30からGO!
たぶん、水温は28℃くらいかな? ワタシの体感温度計はわりと正確です。 
恐る恐る足からかわいくプールへ入ろうとする御大に待ったをかけて、せっかくなんだから頭からドボン!と行って、ダイブの練習を1本でもやりましょうと促しました。 そうだよね、と同意をされて、「でもちょっと怖いなあ」などと言いながらも数ヵ月ぶりのダイブでアップ泳スタート。 ワタシはちょくちょく機会を作ってダイブするようにしてますけどね。 あれも絶対に慣れが大事ですから、普段から何気なくピョン!ってやっとくと、それだけで少しずつは洗練されていくものです。 少なくとも、ゴーグルがずれたり水が入ったりというトラブルが発生する確率はぐっと低くなりますよ。 
と言っても、ワタシなんてそうやって機会を作れるからラッキーな方でしょうね。

選手が来ないと仕事(?)もないのでF島コーチも一緒に泳がれました。 毎日プールには通っておられるけど、監督者だからそんなに泳ぐ事もないので、ちょっと「ひー!」って言ってましたけども、さすがにメニューを作成する側の人ですから、ワタシらの少々無理っぽい練習にもわりと平気な感じでついてこられます。 ってか、キックなんかはワタシのレベルがあまりにも低いので軽く追いつかれちゃいますけどね。

先週のレポートにも書いたかもですけど、御大の動きのキレがまた一段といい感じに見えます。 アップ泳の第一段階は二人とものったりやってましたけど、第二段階になって、「よし、そろそろペースアップして御大に追いついてやろう」なんて考えましたが、これが全然追いつかない。 それどころかラスト25mくらいになるとポーンと引き離されてしまうのでありました。 本人さんもレスト中に
「うーん、やっと体が浮いてきたなあ。 だんだんいい感じになってきたよ」と嬉しそうなコメントを。
御大は体が浮く浮かないってのが調子のモノサシなんですよね。 ワタシは浮くとかって感覚が解んないので、ふーんって感じなんですけども。

それにしてもやっぱり日焼けの心配も一切ない時間帯にこれくらいの水温で練習できると、やはり気分も乗ってきますね。 なにしろ水も美しいブルーですからなあ。 透明度の高い水中の色ってのはなんであんなにキレイなんでしょうねえ。 心まで洗われるような気持ちになりますよね。

泳ぎだしてから45分。そろそろ少し暗くなり始め、じゃあそろそろ中へ移ろうか、と。
まだ選手ちゃんたちが来ないので、引き続いて中のリザーブコースでもおっちゃん、おばちゃんが占拠(笑)
やはり、25mプールってのはずいぶん楽できますね。 25m毎にターンができるってホント助かりますよ。 長水路でのBaなんて「いつエンドに着くんだろう?」って後半25mの間に5回くらいは考えちゃうもんね^^
室内の短水路、水はもう限界ってくらい濁っちゃってるけどねえ・・・
夏休みも始まっちゃったから、連日オコサマたちが大挙して水に浸かってるんだろうなあ。

1600m分の練習が終わって、次は1個メ×4です。 まともにガツンと行けたのは1本目だけでしたねえ。
やっぱ長水路を噛ますと疲労度が何割か増しになりますよ。 3本目をあえて緩めて、ラスト4本目を1本目と同じくらいの強度で行こうとトライしたのですが、残念ながらタイムを何秒も落としてしまいました。 ここで行けないとなあ。


「じゃあDちゃん、スタミナアップ系の練習は今日までって事で。 来週からはピッチを上げていく練習する事にしような。 F木コーチに会ったらそういうメニューを作ってもらっといて」と御大。 
ところがちょっとF木コーチはこの所プールへ寄れないらしいので、
「コーチには会える確率が低いので、M本さんがいい感じのを作って来てもらえません?」と言ってみると、承諾していただいたようです。 来週からレースまでの2週間か3週間は50mをなるべく最大努力で泳ぎ切るという方向性の練習となる事でしょう。


しっかしなあ、近頃は水を重く掴む事はそこそこいい感じかな?って思うんですが、それを速く強くストロークできない感じなんですよねえ。 やたら水が重く感じます。 ってか腕を動かせんのですよね。 いい兆候な気もするんですが、これをまた無理に回転を上げていくといきなり空転しちゃうんだよなあ、きっと。 難しい所です。
スポンサーサイト
COMMENT
いつもこの時間帯に泳いでいらっしゃるのですか。
コナミでもお昼の会員さんが帰る5時頃が空くのですがなかなかこの時間には行くことができません。
ちびっ子のいるSCのプールの透明度はひどい状態ですが
大人のSCのプールでも浮遊物がいっぱいです。
いつもきれいなプールで泳いでいらっしゃるdefDさんがうらやましいなあ・・(でも慣れって恐ろしい^^;)

来週からピッチ系のメニューなのですね! 私の苦手分野、また参考にさせて頂こうと思います。
 
以前、一回だけスタートに関して質問させていただいたCharaoというものです。
defDさんのブログ、いつも楽しく拝見させてもらっています。
私は水泳に嵌って二年ほどですが、ジムで仲間7~8人と楽しく泳いでいます。
ただ、競泳経験のあるコーチはいない上に、指導好きな人もおらず、練習メニューもマンネリになりがちで、泳力の向上という点に関しては不満があります。
特にスピードの向上の練習は難しいですね。それで皆さんはどんな練習をしているのかに興味があります。
一方的にブログを楽しませて貰っていて、厚かましいのですが、来週からのスピード練習のメニュ―、一端でもいいのでブログに書いていただけると嬉しいです。
>かんこさん

え? なんだかまるで初めて読まれたようなコメントですね(笑) 平日の練習は夕方~宵。いつもそんな感じですよ。
水泳を覚えようと決意する前は、「プールの水質は汚い」という強いイメージがあって、それもプールへ近寄りたくなかった理由の一つだったんです。 潔癖症とかでは決してないのですが、潜って視程が5mなんてプールに入ると、実は今でもちょっと気分が悪くなります。
>Charaoさん

どうもこんにちは。以前の時はスタートのタイミングの話でしたね。 いつもありがとうございます。
メニューについてですが、ウチのコーチに限らないと思いますけど、基本パターンとしては、持久力UP系は本数多め&レストタイム少なめって感じです。 反対にスピードUP系は本数少なめ&レストを多めとなります。 Hardで泳ぐ時は掛け値なしの全力で。 なおかつ丁寧に泳ぐ意識でフォームが崩れたり、キャッチでエアを掴んだりしないように気をつけるのが最大のポイントです。 簡単に言えば、毎回レースを泳ぐような気持ちを軸にしつつ、アレコレ試したり、固める所は固めるって感じです。

コメント欄が狭くて書きにくいので簡単で恐縮ですが、続きを記事にしときますね。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1394-250619c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。