わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 110721

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 110721

着替えてプール室へ出ると、わりと閑散としておりました。そしたら後ろから「こんにちは!」と声を掛けられ、振り向くとウチの選手ちゃんの一人。 彼女は一度室外に出て、外プールの方でストレッチしてたんでしょうね。 シャワーを浴びに戻った所だったようです。 「やあ!」と返事して、ワタシは入れ替わりに外プールへ。
台風の影響でここの所ずっと曇りか雨で、気温も低めでしたからね、長水路の水温がどうなったかな?と確かめに行ったのです。
ありがたい事に「お湯」ではなくなってました。 かなり水温が落ちたようです。 あの感触は28℃か、もしかしたら27℃台だったかも。 今度の土曜は気持ちいいかも知れません!   ・・・なーんて一瞬嬉しくなりましたが、この週末は中学の県大会が開催されるんでした。 残念。

昨日はM本御大と二人でした。 御大はワタシなんかよりまだまだずっと余裕があるクセに「ひー、Dちゃんに殺されちゃうよ!」などと軽口をお叩きになりますが(笑)、どうやら近頃は木曜以外にも一人で練習する日を設けてるようで、見るからにスタミナもアップした感じですし、動作のキレもすごくいいです。 置いていかれまいとワタシも必死でついていこうとするんですけど、毎回すれ違う時の距離を計算して御大はペースをコントロールしてるので、追いついてやろうって努力すると逆に置いていかれちゃいます。
「そう言えばね、この前F木コーチが、今回のメニュー、やっぱりちょっと強度を高めにしすぎたかもって言ってたよ」
「ほほー、やっぱそんな感じですよね、なんだかいきなりキツイですもんね」
「うん、ボクもちょっとそう思ってね、言ってみたんだ。 そしたら作成者が認めた(笑)」
特にFrに関してはかなり努力したつもりでもサークルさえ回せない事態もままありますからね。 反面、Fr以外は比較的緩めに設定してあるんですけど、メニューはFr主体ですからどうしても全体的には厳しい方向へシフトされます。

「さーて、今日はどれする?」
「どれ選んでも同じようにキツイんですけどねえ」
「そうだよねえ」
ともはやお約束となってしまった感のある会話を交えながら二人でメニュー表とにらめっこ。 結局IMの練習が比較的多いヤツに決定。 

アップ泳が50Fr+50Ba+50Fr+50Baと2個メで400m。 キックが・・・なんかいっぱいキックして、プルが Fr200*1、IM100*2、Fr25*8で600m。 スイムを1個メ*4だったかな? そこまででたしか2000mちょうどだったはずで、ワタシもその後150mばかりダウン泳をして上がりました。


たしかに近頃のメニューの内容は厳しめなんですが、実は個人的には反省もあるんです。 意識的なのか無意識なのか判断しにくいんですが、つい余力を確保しようとしてるらしく、あまり息が上がらないようになんだか淡々とやっちゃってる感じなんですよね。 一本一本を追い込まずに、「メニューをこなす」系の気合の抜けた感じが多いような気がしてます。 
実際に心肺系の能力も多少は上がったんでしょうけど、それならそれでやはり追い込んでいかなきゃね。

昔、「エースをねらえ!」ってマンガがあって、一時ワタシはとても感化された事があります。 今も押入れのどこかに全巻あると思うんですが・・・  ではなぜテニスをしなかったのかって? それは「エースをねらえ!」に出会った時には既にバレー部だったからでして、もう数ヵ月早くこの少女マンガと出会っていたら、もしかしたらワタシはテニスコートでプレイする事を選んでたかも知れません。
この作品の中で作者は福田雅之助さんという今から数えれば100年近く昔に世界で大活躍されていたテニスプレイヤーの言葉を紹介しています。

この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし
この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球する心といふ

とても有名な言葉らしく、テニスしてる人で知らない人はいないそうです^^
当時のワタシは既にバレーマンの端くれでしたが、「この一球」はすんなりとワタシの中に入ってきました。
福田さんはテニスプレイヤーだったので「庭球する心」を説いたのですが、別に「排球する心」と読み替えても不自然さのカケラもありません。 きっと野球でも篭球でも卓球でも、常に「この一球は絶対無二の一球」なんですよね。
で、おそらく水泳でもその心は同じだと思うんです。 
たぶん、ワタシは近頃、その心を忘れて泳いでるのではないかと思うのであります。


スポンサーサイト
COMMENT
反省です。
毎日のようにプールに行っていると ついつい適応に過ごしていることが多いです。 疲れ過ぎないようにと無意識にコントロールしている感じです。全力で、のつもりがそうでなかったり。  惰性を何とかしなくては。

バレー部からテニス部に・・どっちも中途半端でした。
水泳だけは上手くは泳げませんが 不思議なくらい長続きです。
「常に全力」は実際的には無理ですけどね^^ メリハリが必要だと思います。
たたーはマスターズスイミングとかの泳ぎ込み系のレッスンでもまわりに迷惑かけない範囲でできるだけ楽に泳いで距離だけはこなすようにしています。
一番頑張ってた頃と比べるとスタミナはついたけれど最高スピードは落ちたという感じですね。
以前なら無酸素運動だったあたりが有酸素運動になってきてますかねえ。
まあ、健康のためにできるだけ続けられるように、と言うつもりでやってます。
一緒に泳いでいるM本御大やその強力なライバルさんたちを見てると、ワタシなどはもう少しがんばんなきゃいけないかな、と思わされるんですよねえ・・・
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1390-b6ed9ebd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。