わたコちょ! コンタクトレンズ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンタクトレンズ

世の中には近視って方が多いと思います。
友人、知人を見渡してみても視力1.0以上ある人なんてほんの数名。
大抵の人がメガネかコンタクトを愛用してます。

かく言う私もかなりの近眼だし、乱視も少しあります。
裸眼視力0.01(!) ど近眼くんです。
普段はメガネの愛用者です。
スポーツをする時はハードコンタクトレンズです。
私が若い頃からこれまでにのめり込んだスポーツと言えば、
■バレーボール
■スキー
■モトクロス(正確にはエンデューロという単車での耐久レース)
■ゴルフ
■バドミントン
■フリーダイビング
そして
■水泳

基本が運動好きなんで、誘われれば他にもテニスやらボウリングやらいろんな事をちょこちょこ齧りましたが、それらはとても「のめり込んだ」とは言えないレベル。

スポーツ時のハードコンタクトは高校生の頃からです。ハードは危険と周りからさんざん忠告してもらいましたけど、ソフトレンズのメンテのめんどくささを考えると私にはとても扱えないとあっさり切り捨てました。
それ以来スポーツする時は常にハードコンタクト。

もちろんなくした事も何度かあります。
バレーでは数年に一回程度落とすけど、不思議になくした事はないです。

いや、一度あったな(笑)
しかもインターハイの県予選の時。その話は長くなるのでやめときます。

単車のレースの時は着地に失敗して派手に転んだ時に目から外れましたねえ。とんでもない悪路を走ったりジャンプしたりするんで、見えないって事はもうレーシングモード足りえないって事で。
慎重にゆっくりとピットに帰って、そろりとゴーグルを外してみましたが、中にありませんでした。不思議です。


おっと、またもや横道に。

ゴルフはコンタクトの必要のないスポーツなのでこれは関係なし。

海に潜るようになってから、実は結構困りました。
メガネやコンタクトなしでは動けない私。
だから初めの頃はマスクのレンズも度を入れてたんですけど、やがてもっと本格的に潜るようになると、内容量のとても小さいマスクを着用せねばって事になります。
そういう専用のマスクって度のついた交換レンズなんてないんですよね。
必然的にハードコンタクトをして潜るようになるわけですが、海でハードレンズなんて、わざわざ亡失するために行ってるようなもんじゃないですか。
で、ようやく使い捨てレンズって文明の利器に辿り着くわけですけど、
今度は水泳ですよ。

ちょっと考えちゃいましたね。
海の場合はシーズンってのがありますから、3月から12月まで潜るとしても、年間60枚~70枚の消費で済みます(両目で)。
まあ、二箱ですから、およそ4000円か5000円くらい。

でも、週に2回プールに通うとなると、単純計算で年間100枚使う事になるじゃないですか。さらに海にも行く分を入れるとコンタクトレンズ代に年間1万円以上も出費する事になる。

ちょっとね、そりゃないでしょ? とケチな私は思うわけです。

って事で、そこはすんなりと矯正レンズタイプのゴーグルを選んだわけですけども……でもねえ、矯正レンズタイプのスイミングゴーグルって、かっちょいいのがあんまりないんですよね。
ナントカシャークとかって着用してみたいっすけどね、ないでしょ? 度つきの換えレンズ。

皆さんは視界の確保はどうされてますですか?

やはり選択範囲の少ない中ででも、素直に矯正レンズのゴーグルでしょうか?
それともコンタクト?

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/139-4e7edf47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。