わたコちょ! 矛と盾 その2

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛と盾 その2

今年の1月にフジテレビのある番組の内容について、とても興味を惹かれたので感想等を書かせてもらった事がありました。 
その時のテーマは日本タングステンという企業が開発したNWS超硬合金という金属のピースに穴を穿てるドリルはあるのか?というものでした。 その時のオンエアは実は第二弾でして、第一弾は2010年10月にオンエアされたものらしいのですが、それは視聴しませんでした。 第二弾もたまたまその時刻にテレビを点けたらやっていたってだけの事で、以前から楽しみにしていたわけではありませんでした。
しかし、その偶然観た第二弾がとてもおもしろい内容だったので、第三弾を期待していたのです。 するとあれから半年経った先日、何かで第三弾のオンエア情報を知り、その夜を密かに楽しみにしていたのですが・・・
日中、我が家の事でちょっとハードめな作業をしたのが祟り、オンエア直前で不覚にも眠りに落ちてしまい、まるっと観逃してしまったのでした。 まったくもって不覚でした!

ところが現代はある面ではとてもいい時代ですね。 半年前の第二弾オンエアはかなり探したんですが、Youtubeでは見つけられなかったので、今回もあまり期待してなかったんですけど、今回の第三弾はあっさり見つける事ができました。

全編が二つに分けられておりますが、↑のURLは前編です。 後編はYoutubeのシステムからどぞ^^

さて今回、日本タングステンさんのNWS合金に挑むのは、古河ロックドリルさんという企業。 まあ、詳細はYoutubeをご覧になればワタシがくどくどとヘタクソな文章で説明するよりよっぽどいいでしょうからやめますが、まあ見応えがありましたね。
勝負はどちらが勝っても個人的には何の得も損もないわけですが、なんかつい日本タングステンを応援しちゃいます。 日本タングステンと言うよりも、中川内青年を応援したくなるんですよね。 番組の作りも「ガンバレ! 中川内!」って気持ちにさせる方向に演出されてたようにも・・・  古河ロックドリルの技術者さんの方がワタシと同年代なわけですから普通なら贔屓したくなるんじゃないかと思うんですけど。
それに、「HCR-900」とかって重機が出てきた時、「こ、こりゃ、無理じゃね?!」って大抵の人が思ったと思うんですよ。 コイツのパワーに耐えたらカッコイイなあ!とも思いますよね。
まあ、結果ありきの上での編集・演出ですから、そういう方向性になるとも思いますけど^^


この番組、他のテーマの対決も毎週やってますが、このドリルVS金属素材ってテーマほどはおもしろくないんだよね。 ワタシも毎週観てるワケじゃないですけどね。  
とにかく、まずはYoutubeをご覧アレ! 

スポンサーサイト
COMMENT
遅レスです。
defDさんのその1を読んで、YOUTUBEで見たような見ないような。
この手の話はもの作り関係者としてわくわくしますね。ビジョンだビジネスモデルだってのも大事なんでしょうけど。
コメントありがとうございます。 1月の時点では随分探しても第二弾のVTRを見つけられなかったのに、たたーさんの情報で探してみたらあっさり見つけられました。 重ねてありがとうございます。 最強の盾VS最強の矛ってのはオモシロイですよね^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1389-843ad3a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。