わたコちょ! Sat.Swim Report 110709

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 110709

お昼過ぎまで一週間前に同業の人らと一緒に開催したイベントの反省会&精算会をやって、帰宅してから少々パタパタしましたが、すぐにプールへ出かけたと思っていたのに、泳ぎ始めの時間を確認するともう16:00前でした。
この日は2011年の外プールデビューと決めていたのに、あと1時間で一般客は長水路から追い出されてしまいます。
翌日の日曜は国体の県予選大会で、もう着々と準備が進められており、飛び込み台が既に設置されてました。 人気が少なければ、あとで監視員クンには叱られる覚悟で、一発くらい「エイヤっ!」ってダイブの練習をしちゃうんですけど、いきなり梅雨が明けて、気温の上昇にビックリした人らが多かったのか、外プールもずいぶん賑わってまして、中学生とかが真似しちゃいかんですから自重しました。

自転車で行ったので、もう実質的なアップは完了しております。汗をかきながら日陰でストレッチをしてると、お隣でえらく堂々と日焼け止めクリームを全身に塗りたくるオネーサンがいまして。 色白だって事は分かりました。だからサンプロテクトはとても大事なのですけども、オイオイ、ちょっと待てよ、と。 とりあえず感じ悪く注意をさせてもらいました。
「もちろん、それ塗った後はシャワーで洗い流してからこのプールに入っていただけるんでしょうな?」
もう見事なまでに「ハァ? 何言ってんの? コイツ!」って表情でした。 ワタシも別に聖人君子ではありませんから、道徳的に少々アレでも、ワタシに無関係な事なら知りませんがな。 しかし、この目の前の長水路についてはまさに今から共用しようとしているわけですよ。 そんなワケの分かんない成分でわざわざ水を汚さないでくれと願うのは当たり前ではないかと思うのです。
「あ・・・いえ、はい・・・でもコレ、ウォータープルーフですから」
なんだそりゃ? そのセリフが免罪符だとでも思っているのか、キミは。 じゃあ、そのクリームは絶対に水に溶け出さないの? 100%?
人の体内から出てしまう分泌物ならある程度は仕方がないと思います。 そうじゃなけりゃプールなんて入れない。 でもね、日焼け止めクリームはカンベンしてくれたまえよ。 こんなキレイな水をどうしてわざわざ汚そうと思うかな。 「自分さえよければ他人はどうでもいい」にも程があります。 そんなに焼けたくなけりゃ室内プールで泳いでりゃいいのに。 
「こんな公共のプールでは化粧品とか禁止なんて常識ですよね? 注意書きもしてありますし」 とさらに感じ悪く言うワタシ^^ すると彼女は反撃に出ました。
「ソチラも外プールで泳ぐのは今年初めてなんじゃないんです?」 ワタシの肌の色を見てそう言ったんでしょう。
「ええ、そうですが何か?」
「きちんと日焼け防止をしないととんでもない事になりますよ?」

ハッハ、その点に関してはおっしゃる通りですとも。
ワタシはロングスパッツを穿いて、長袖ラッシュガードを彼女の目の前で着てみせて差し上げました。 心配してくださらなくともワタシはこのスタイルで泳ぎますから。 顔にはボルダーのUVカットを塗って先ほどしっかり洗い流してきたところです。
その姿を見て、フン!とか呟きながらツカツカとプールへ近づいて、いきなり足からドボンと飛び込みやがりました。「ざまあみろ!」って感じでしょうか? いやいや、すげえオバチャンですわ。 あれくらい図々しくなるともはや・・・
いやいや、ワタシだってね、常に正義なワケじゃないですよ。 むしろ不正義な場合も多いと思います。 しかしね、あの態度はどうなんかね? きっと一足飛びにやってきた暑さでいきなり頭がやられちゃったんでしょうなあ。
まあ、それ以上は追求しませんでしたけど、できればもうヤツは来ないでくれるといいなあ。 また同じシーンを見かけたらキレちゃうかも^^


そんなこんなしてると、なんとS本師が横にいて、少し見てやるから泳いでみろとおっしゃる。
つい先ほどまで不愉快な気分でしたが、そんなんも一気に飛んでいきました。
で、
アップをしばらく泳いで「どうでしょう?」と聞いてみると、
「はっはっは!」と快活に笑いながら「うん、いいんじゃないの?」だって。 見事な肩透かし^^ ま、いっか。 S本師だもんな。

ところで、と思い出して少しこの前のテレビの話を聞きました。
「この前のNHKのクロールの番組ご覧になりました?」
「ん? 柴田さんが出てたヤツ?」
「そうです、そうです」
「ちょっと観たよ、何?」

例の柴田亜衣さんとマナドゥさんの両腕のタイミングについてだったんですけどね、S本師の見解はとてもシンプルでした。
「そりゃ2ビートだからだよ」
「え、そうなんですか? この前2ビートも試してみたけど、オレはなかなかあんな風にはならんのですけど・・・」
「そう? ボクなんか2ビートで泳いだら当たり前にあんな風になっちゃうよ? なんない?」

なんて言うんでしょうかね? スイマーとしての次元も経験年数も全然違うからなんでしょうか、まあ水泳に関してはずいぶん前にも言ってましたからね、「キミらが解らんとかできないって言ってるのがナゼなのかがワカラン」って。 そういうもんなんでしょうね。 



その後しばらくはS本師と一緒に泳ぎましたが、帰られたので、あとは一人で結局17:00まで外で泳いで、室内へ移動。
外プールの水のキレイさと較べて、室内プールはあっという間に汚れました。 もう白く濁ってせいぜい10mくらいしか透明度がありません。 原則、子供は長水路に入れませんからね。
それにしてもこの前の木曜はこんなに汚れてなかったですよ。 子供はこの土曜日の朝から押しかけてきたんでしょうけど、すんごいな。

結局は 夏場のプール すぐ濁る

まったくお粗末で申し訳ないですが、室内に移ってすぐに思い浮かんだのがこの一句だったのでした。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1385-5ed789ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。