わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 110512

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 110512

選手ちゃんたちも中間考査で、コーチお二人も忙しかったらしく、なんとワタシ一人でした・・・
コースはリザーブしたままにしてもらっていたので、昨日はロハで入って、1コースを独占。
そういう特殊な日はちょいと変わった事をしましょ! と、アップ(Fr100-Ba100-Im100)をやったら、Baばかり泳ぐことにしました。
プルブイ挟んでDPSをカウントしたり、スイムでやったり、距離を変えてみたり、タイムアタックしてみたり・・・
ポジショニングやフォームやら、指の開きやら、エントリポイントやら、キャッチ動作を始める深さやら色々と試しつつです。
何かこう掴めた!ってなものもなく、背泳ぎに疲れたら時折クロールでDPSを試して、「うーん、表と裏でなんでこんなにストローク数もタイムも違うのだろう?」と考えるフリをしてみたり。

あー、こんな時に幽体離脱とかできたらいいなあ!なんて変な事は考えました。
泳形をつぶさにモニターしつつ、修正しながら泳げたらどんどん上手くなれるかもですよ。

なんて申しますか、本当に幽体離脱なんてしなくても、まるで俯瞰したようなイメージを自在に頭の中に浮かべられるくらいになりたいもんですよね。 まあ、これができるようになっちゃったら一流なんですけどもね。

えー、なんだかいつもと較べてすごいショートですが、ひたすら背泳ぎして、コレ!と言うものもなく、まあ、まったく無駄だったとも申しませんが、特にご報告できるような事もなくで、本日はこの辺で。
愛想がまったくなくて申し訳ないです。


 
スポンサーサイト
COMMENT
たたーは幽体離脱的な体験が1回だけあります。
と言っても全然心霊系の話じゃないんですが。
ある年、会社の連中と社内旅行でそれなりの距離を歩いたんですが、その時猛烈な花粉症で鼻がぱんぱんに詰まって頭が朦朧としていたんです。
そうすると、何か歩いてる自分を上空から見ているような気分になって、あ、幽体離脱ってこういうモンなのか?とか思いました。
しょうもない話で失礼しました。


よく分かんなかったですけど^^、それって実はホントに離脱してたとか?
こちらでは Tコーチ担当のレッスンではメニューの後半が1週目クロール中心 1週目バック 3週目ブレ 4週目バッタという具合になっています。(メニュー前半は1ヶ月固定アップメニューになっています。)
私はバックがどうしても進歩なしの状態で 2週目は落ち込んで帰ることが多いです。(週に2回 Tコーチが担当)
ドリル練習もガタガタだし バックのスイムのサークルも私には不可能なことも多いので グチャグチャのまま皆さんについて行ってるという感じです。
それで2週目は練習後も満足感もなく収穫もなく終えてしまいます。 
defDさん、何かいい案はないでしょうか・・・
IMの時もバックで疲れ果ててしまっています。
背泳ぎの相談はワタシにどうぞ! って言ってみたいもんですなあ、わっはっはっ!
最近Baを泳ぐ時は色んな事を試してますが、時折でも「おっ?」って思うのは、しっかり伸ばした脚できちんとダウンキックを打ててる時のような気がします。
ワタシの問題点はやはり下半身がきちんと浮いてない(あるいは浮きにくい)事が大元凶だと思うのですが、 さて、かんこさんは? 
defDさんとは反対で私の場合は手の掻きに問題があるそうです。キックだけなら順番も前なのですが コンビになった途端後退してもらっています。
手をあげた時肩がみえるくらいに、とか 左手の入水位置が内側に入り過ぎる、とか毎回注意されています。
自分でも全然掻けている実感はありません。片手バックの練習の時 左での掻きは悲惨なものです。
直そうと思っても 上を向いて浮かぶとどんな状態になっているのやら・・自分ではわからないんですよね(泣) 
なるほど、カキですか。
ワタシもちょっと前までは手や腕が水に引っ掛からなかったんですよね。スカスカ。 で、ある日思い出したのは、何年も昔にS本師がレッスン中にぼそっと言った一言でした。
「クロールとバックのストロークは同じなんだけどねえ・・・」
当時は意味が解らなかったんですけど、この半年くらいでイメージがなんとなく解ってきました。
ストロークの形ってなるほどクロールとほぼ同じなんですよね、キャッチにしてもプルにしても。
でも大げさくらいに肩と肩を結ぶラインが立たないと、手の先が水面より上に出ちゃって、宙をカク事になっちゃう。 
あ、そういう事か、って思った頃から、水の引っ掛かりがマシになって、水の重みが背泳ぎでも分かるようになりました。 でも、重いばかりでブレーキをかけ続けてる感が強くて、すぐに疲れちゃって、結局遅いんですよね・・・
だからスカスカ感からの脱却はやはりまずロールを深くして、クロールのカキのイメージに近づける所からかと思いますよ。
参考になります。ありがとうございました。
私の場合 掻いていても手や腕に水を感じていないので進まないのですね。 重く感じられることは今までなかったです。
そう言えばバックストローククロールっていいますね。
今の私にはまだクロールとバックは結びつきませんが
両方ともローリングがうまくできていないということがわかりました。これができれば 二つともマシになるのではと…
  
ご無沙汰してます(^^)
私もやっと今週からレッスン再開になりました。
しかしブログをおっぽらかしているうちに無料ブログの罠にはまり、月315円の有料会員にならないと休止状態を解除できないことになったらしいです。。。
管理画面には入れるのに公開させてくれない、、、

またどこかに引っ越そうかなーと考えてます。
その時はご挨拶に来ます!
>かんこさん

Baのプッシュ局面では、傾けていたボディを反対側へのロール運動(ツイスト)させる事によって勢いをつけますよね。その点からしてもBaの左右へのツイスト動作ってのは必須かと思いますよ。


>たまこさん
再開となってよかったですね。 またのご連絡をお待ちしてます^^
とりあえずここに引っ越してみました!
下手どころか 25mもままならなくなってました!
>たまこさん

了解です。リンクを貼り替えました。 以前のレベルにはひと月もすれば戻ると思いますよ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1363-31915c35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。