わたコちょ! Baのダウンキック?

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baのダウンキック?

初心に戻ってBaで腰や脚が沈んでしまう事について、ネットを徘徊しアレコレと調べてみました。
するとワタシと同じように悩んでおられる人もいっぱいいて、それにレスしてくれてる方もいますし、また、キックのコツを書いてくれているサイトにも辿り着きました。

多い意見・指導は、ズバリ「ダウンキック」
バックの場合、推進力の助けとなるアップキックよりも下半身を浮かせる意識を持ったダウンキックに重点を置くべし、という説明がかなりの割合で見受けられます。
そこはまあ納得はできてるんです。

さて、ではワタシのダウンキックは下半身を浮かす力を生んでないのか? となると、ワタシはそうでもないと思うんですよね。
下方向へ押す意識というのはなるほど確かにそれほど強くはないです。 むしろ、キック練習をしている時に意識するのは進行方向へより強く(しかし振り幅小さく)、つまりはアップキックです。

でも、ワタシの思うに、アップがあれば同じ回数必ずダウンがあるわけで、しかもそれはアップと同じリズムで刻まれており、よっぽど変な動作でない限りはワタシのダウンキックも相応の浮力を生んでいるのではないかと思うのですよ。
この点、現在指導を仰いでいるF木コーチにもF島コーチにも、「もっと浮かせる意識でダウンをしっかり打って!」と指摘された事もないですし。 

しかしながら、もしかしたらそこが大きなポイントなのでしょうかねえ? 
はい、「意識してない」って所が。

きちんと息を吸い込んだ状態での背浮きならば、結構いい感じで足先まで浮ける。
でも、キック動作が入ると沈みがちになる。 バックのアップキックには推進力とともに、下半身を沈めてしまう方向へのベクトル成分も発生しているだろうと想像するのは難しくないです。
ところがそれはダウンキックで相殺されている・・・ように思うのですが、「意識」が足りないから相殺されるまでに至っていない、って事なのかな?
意識の力って結構強力だったりしますからねえ。

うーむ、こうして考えるだけでは解決しないので、今度の木曜はBaを泳ぐ時は脚を浮かそうって意識バリバリのダウンキックをやってみようかと思ってます。 
どうなんだろうなあ、結局そういう初心者レベルの事ができてないだけなのかなあ?

そう言えば、水泳1年生の頃、当時の担任に「ダウンキックをより意識して」って教えてもらったな。 たぶんこのブログにも書いたような気がします。 やはりそこなのか?

あ、ちなみに、頭のポジションは、立て気味にした方がいいって人もいれば、沈め気味にした方がいいって人もいて、ここについては経験深い皆様も意見はほぼ二分しているような感じでした。 この点についての探求は次の段階でしょうかね。
スポンサーサイト
COMMENT
実は先週の土曜日松江に帰っていたのですが,すぐに福山に帰りました.
 Backの場合,アップキックを意識しすぎると足首が曲がりすぎて頭と反対方向に抗力が向きますよね(確かに足首が硬いと沈む方向に抗力が向くのですが,そのためにハの字にして蹴る角度をつけるていると思いますが).そこで,打ちすぎるのを防止する意味合いもありダウンキックが重要となると思います.足の裏がくすぐったいキックが良いかと思います.F木コーチいかがですか?
コメントありがとうございます。
背泳ぎはクロールを上下逆さまにしただけとよく言われますが、決定的に違うのはキックですよね。クロールのダウンキックは深く打つと(足首が柔らかくても)逆噴射になるのに対して、バックのアップキックはきちんと足先まで浮いていれば、広いレンジで打っても逆噴射的作用は極小になるはずで、そういう意味でもやはりダウンキックが重要と言われるのは分かる気がします。
たたーの場合、足で蹴るという意識はなくて、いつも言うように腰をひねってその勢いで足をブラブラ動かせる、という感じです。あくまでイメージですが。一生懸命蹴ろうとするとめちゃくちゃ疲れます。腰をひねるのは何故かうつぶせの時より仰向けの時の方がやりやすいです。この方式が間違ってるかどうか、もし思い出されたらおついでの折にでもコーチの方に聞いてみていただけませんか?あ、いや、あつかましいですか。バックは人が泳いでいるのを見るとものすごくお尻が下がってるように見えたりしますが、光の屈折の関係だと聞いてなるほど、と思ったことありますが、defDさん情報でしたっけ?
たたー式キック法にはずいぶんお世話にもなりました。まったくキックのメニューについていけなかった頃は、疲労がたまるとたたー式でなんとか凌いでました。
実はたたー式を初めて教わった頃にコーチの前で実演して感想を聞いた事があるんです。まず一言、「考え方はおもしろい」と言ってましたが、競技的に使用するには詰めていく要素が多いようなニュアンスの事も言ってました。 コーチの視点はレースで速く泳げるかどうかが第一なので、そういう表現になってしまうのだと思います。
個人的にはやはり競技的な泳ぎ方視点で申し上げると、キックのために駄々コネ動作をするとカキとキックのタイミングの合わせ方がとても難しくなってしまいます。 キックのためだけに駄々をコネるのであれば確かに脚部はずっと楽でありがたいです。 
光の屈折云々に関しては、平泳ぎのブレス時に腰がうんと反って見えるのは・・・っていう趣旨の事だったかと思います。 バックについては体が上下しないので、ワタシの思いついた意見ではないかも知れません。
なるほど、駄々こね式は競泳用には向かないのですね。たしかにスイムになると遅くなるのはdefDさんがおっしゃるようにかきとタイミングが合わないからかも。屈折の話はそうでした。平泳ぎのお話でしたね。
すんません、書き方が下手でした。競技に向いているかどうかの判断をあの時点ではできなかったという事です。 これまでとは概念がかなり違うキック法なので、興味もそそられるがコーチングの現場では検証する手間を掛けられない、というニュアンスも感じました。
でも、個人的にはいわゆる2ビートキックは、たたー式要素を強く含ませられる気がしています。 ただ、駄々コネキックの最大の長所は「リズムを早くしても脚が疲れにくい」点にあるので、2ビートでやる意味を見い出せるのか?とも思いました。 ごめんなさい、どうもまだ上手く表現できてない気がします。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1350-76feba73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。