わたコちょ! Sat.Swim Report 101211

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 101211

更衣室で着替えてプール室へ出ると、見事にガラガラ。 なかなか寂しい風景ですが、自由にコースを選べて独占できるのは明らかにラッキーでしょう。
木曜に引き続いてメニューは#10-07-5(3450m 114分 ラウンド3?)であります。 アップ2でFr以外の3つを50mずつ泳ぎますが、この#-5のベースはFrです。
キックの 50*4*2 Desc がオイラにとっては最大の強敵と言えるでしょう。 指定されているTgタイムは1:01。 相当にがんばれば25mを24~25秒でバタ足できるようになってきたとは言え、50mを61秒で還って来るのはよほど気力と体力が充実した日でないと達成できません。 ディセンディングなので四本中最後の一本が61秒ならOKなわけですけども、四本目が61秒なら1本目は70秒くらいで始めるべきなので、はっきり申し上げて、それすらオイラには至難の高強度。 ああ、いつかは楽々50秒くらいでバタ足できるようになりたいですなあ。

Hyp3で中間ダウン的な200*1をFrプル。 この前の木曜にいただいた指導を思い起こしながらです。
続いてポンと強度を上げて、今度はS1プル、50*4*3 。 これはE-H/25だったりH-H/25だったりです。 オールハードだとなかなかツライですが、メリハリを設けてあるのはありがたいです。 S1指定なので各セットの一本目はFlyで。 極力キックが入らないように意識を集中させますが、上手くできた気は一切しません。

スイムに入ってまずはやはり中間ダウン的に200*1を、ストローク数をカウントしながらゆっくり。 ゆっくりと言ってもサークルもTgもありますから、あまりのんびりってわけにもいきません。 
その後の
スイム 100*6 on2:40 Fr 2H1E Tg1:34 
のオーダーをキープするのがとても大変でした。 や、正確にはきちんと1:34で泳げたのは四本目のみ。 この四本目で使い切り、あとはグダグダになってしまいました。 五本目なんて1:50近くかかってしまいました。 六本目はイージー指定なので、もうお言葉に甘えて・・・って感じ。

ラストはやはりFrで50*15 2H1E。 これのTgは0:46なので、自分では楽勝のつもりでしたが、結構ガッチリ泳いだつもりなのに47秒くらい掛かったりして、さすがにカスタムメイド仕様のメニューだよね、と感心したりするわけです^^



翌日の日曜は県水連主催の年齢別選手権とやらが開催されるとのことで、プールや主催のスタッフがスタート台やタッチパネルの設置を始めました。
年齢別と言っても、ちゃんと選手登録してある人が対象の大会ですから、もちろん我々オッサンたちには関係のない話です。
でも、スタート台が設置されるという事は、台上からのダイブはダメだけど、Baのスタートは練習してもいいんですよ。
や、別に背泳ぎのレースに野望を持ってるわけじゃないんですけど、ざっとした所作は覚えておきたいじゃないですか。 やってご覧になった事のない方は、もし機会があったら逃さずにやってみるといいですよ。 意外と難しい事に気づきます。 まあ、ここの室内プールはFRPなので、パネルがないと足が滑って練習になんないんですけどね。 

スポンサーサイト
COMMENT
たたーは板キックきらいじゃないですが、1分10サークルで8本とかだとがんばってもレストなしです。
No title
ビート板でのバタ足キックは1’15”がやっとこさです。
たまに1’10”の時がありますが 裏技を使わないとサークルアウトです^^;
考えて見れば普通に泳いでも1分近くかかるから キックだけで1分以内というのは私には遠い未来ですね・・

バックのスタート、テレビで見るように背中を反らせてる人はまわりにはいないなあ。 私は水中でバックでのドルフィンキックはこわくって出来ません(泣)
No title
>たたーさん

1分10秒サークル*8なんて、オイラには何年経っても達成できる気がしませんわ・・・ 現状でしたらバタ足の調子のいい日でも2本目でサークルアウトでしょう。


>かんこさん

1分10秒とか15秒ってのはサークルですよね? それならたたーさんへのレスと以下同文です・・・TT

Baのスタートって結構難しいです。 えいやっ!で上手く入水できたと思っても、ボトムで背中こするくらい深く入ってたりしちゃってますし。
オイラはバサロ自体は嫌いじゃないですが、呼吸が乱れてる時はほぼ不可能です。
No title
バックのスタート、学生選手から、大判のセームを台横から垂らし、水中でセームの上に足を置いてやる裏ワザを教わってやっています。ホームプールの壁がツルツルのタイルで、バックスタート練習の定番みたいです。管理がきちんとしたプールだと怒られそうですけどね。ただ、すごいグリップが発生するので、水底で手をついてバクテンしてしまったことがあります。気をつける必要があります。陸上でジャンプするような競技をやっていた人は要注意かも知れません。ただ、今のところ、「背中打ち」、「首打ち」になってしまい、ほめられたスタートではありません。難しいです。
No title
yfmiuraさん、それはいいアイディアですねえ。 なるほど。
ただ、公営プールなんで、仰るように普段使ってるセームだと、温泉でタオルを湯につけるのと同じ抵抗感があります。 
ホームセンターや100均へ行くと滑り止めマットってのが売ってますよね。Baスタート練習用にいいかも知れませんね。 ただ、ここのプールの場合はスタート台が設置されないと持っていても荷物になるだけですけど^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1315-6eed7bcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。