わたコちょ! Sat.Swim Report 101127

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 101127

この前の木曜はまた練習に行けませんでした。 
ので、土曜は少々気合を入れ直して臨みましたが、少々の気合ではそれほど足しにはならんかったみたいです。
メニューは#10-07-2(3400m 119分 ラウンド3)、これはアップの1000mはIM主体、プル、スイムはFr中心といった内容です。

キック練の50*8 S1(だからバタ足ですが、3本目と7本目はFlyキックをしました)をやっている頃にお隣のコースへ入ってきた私と同年輩くらいの男性のことです。 レストなしのロングなクロールを泳いでおられたんですけども、これが見事に脚が沈んでるんですなあ。 30度くらいは傾いてたかなあ。 
あれだけブレーキをかけながらじゃ進まないし、速度も上がんないわけですが、どれだけ進むのが大変そうかと言うと、なんと「オイラ」のバタ足より遅い。
ノロマ加減にかけてはオイラの右に出る者なし、とまで謳われたオイラのバタ足より遅いクロール。
うーん、実に新鮮な体験でした。

少しでも楽なブレスをしようとして、頭の位置が高いんですわ。 きっと何年か前のオイラの泳ぎのコピー。 キックしてる足先も全然水面に届いてない。 だからバシャバシャなんて音のしない静かな泳ぎなんですけども、誰の教えも受けず、彼はずっとあのままなのだろうか、と思ったら気の毒になりました。 
ま、上達なんて二の次で、ある程度の強度をキープした運動を納得できるまでやりたいだけって人なのかも知れないので、余計なお節介を焼くのはやめました。

しかし、ちょっともったいない。 もちろんヒジを高い位置に残すキャッチなんてのは全然できてないけど、全体的な雰囲気は、後に傾いてる以外は案外まとまってるんだよね。 きっとそこそこ運動能力の高い人なんだろうな、と思いました。 やがて彼も「自分のクロールはなぜバタ足より遅いんだ!?」と思うようになって、どこかのスクールの門を叩くんでしょうなあ。 そしていつか市民大会でスタート台の横の方にいたりするんだよなあ^^


1:20サークルのプル 50*12 を終えるとようやくスイム600m。 これがダウン泳前のラストです。
Fr 50*1 ストロークチェック と、Fr100*1 H を4セットです。
100*1 のTgタイムが1:34なのです。 これは楽勝とは言わぬまでも、心臓フル回転まではいかんでしょう、などと考えて1セットめを泳いでみたら、ほーら、1:24、10秒も上回っちゃってさ、飛ばしすぎちゃったなあ、や、ちょっとフル回転だけどね・・・なんてレストしてたら、「ん・・・?」

気づきました。 1分24秒じゃなくて、それは思いっきり時計の読み間違い。 1分54秒だったのでした。 なんじゃそりゃ!
おいおい、ボケるにゃちょっと早すぎやしませんか?ってな話です。

いや、しかし、かなり力泳したつもりだったんですけど、2分近くかかってるんじゃ、他人さまの泳ぎを偉そうにどうのこうの言える立場じゃねーっ! っつう事ですなあ。 ありゃりゃ・・・
いくら練習最終盤だからってね、これじゃ自己ベストなんて出るわけないね、ガックシ・・・

スポンサーサイト
COMMENT
となりのオッサン、激遅だったのですね。たたーの場合、泳いでる間となりのオッサンがだいたい同じぐらいの速さだなあ、と思って先にあがって見てみるとそのオッサンの泳ぎはたたーの理想からは程遠い全然進まない泳ぎだったりします。たたーもそのぐらいヘボいのか、とがっかりします。
No title
激遅っていいますか、カナヅチじゃないけど、初心者さんって事です。
たたーさんの例は、きっとずいぶん泳いでスタミナ切れした状態での比較ではないですか?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1307-940e4f63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。