わたコちょ! 夏の市民大会 2010

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の市民大会 2010

いやあ、結果を先に書いちゃいます。 惨敗でした・・・

前日少々泳ぎすぎたか? とも思いましたが、コンディションはいい感じでしたし、ウォーミングアップがてらいつもの土曜と同じように自転車で行ったんですが、ラストの長い上り坂でも感じのいい心拍数の上昇だったので、気分も良くプールへ到着しました。
なかなか時計は出にくかったんですけど、実はそこそこ自信がありました。
きちんと練習をこなせてきてましたし、体調も悪くないわけで、本番を迎えたらきっとスイッチが入ってそれなりのモードになってくれるだろうと考えてたんですけど。

昨年の同大会では自分で大ビックリの32秒台が出せました。 アレの1秒~2秒分はバイオラバー水着のお陰であった事はまず確実なのですが、今年はその分をいささかでも向上できてるつもりの泳ぎでカバーし、なんとかほんのちょっとでも自己ベストを出したいと思って臨みました。
いや、内心、31秒台を狙ってました。

練習でタイムも出てないのにそんな自信は一体どこから湧いてくるのか、今となっては ふ・し・ぎ


レースには二つ出ました。 いつものように50Frと、それから200mリレーです。
まずは50Fr。
あとで聞いた話ではリアクションはなかなか良かったそうで、ダイブそのものも主観としては気分よく突っ込めました。
水中に入ってまずは「1,2,3」とカウントし、ドルフィンキック6発。 ジャストで水面に戻って細かいビートでフラッターキック開始。 
キックに合わせてストロークを始め、「姿勢、キャッチ、太腿、ピッチ」と呪文を唱えつつチェック。
カキにもほどよく水が引っ掛かってくれていい感じの序盤でした。
ところが、ピッチが上がんないんですわ。
ピッチを上げることだけに執心してしまうと、ストローク長が短くなってしまい、それでは春のマスターズと同じになってしまいます。 そこを修正するためにこの3ヵ月間はひたすら長く丁寧にストロークする事を練習してきました。 その上で回転を上げる事もずいぶんやってきたつもりだし、前日もそこを重点的にチェックしました。

しかし・・・

あれれ? って感じでした。 左手の入水角度に気を取られすぎてたってのもあったかも。 その甲斐があってか、左手のエア掴み問題はあまり発生しなかったんですけど、回転がさっぱり上がっていきませんでした。
やがて25mラインを過ぎ、残り12.5mを示す指標でもある排水溝を過ぎた頃から水がすごく重く感じるようになってきて、ますますピッチが上がらなくなり、「ありゃりゃ、なんかヤバイぞ、こりゃ!」なんて考えてる内にゴール・・・

うーむ、大失敗? と思いつつ恐る恐る電光掲示板を見上げるとやはり「1コース 35.30」と。

やっちまいました・・・
春の県マスターズに続いての連敗。 マズイなあ。 春の時は大会前から調子を上げられなくて、気分も盛り上げられなかったからああいう結果を招いてしまう事はある程度覚悟してたんですが、今回はテンションを上げていけてたので、前回よりも傷が深いですわ。
ベストどころか、33秒台でもなく34秒台でもなく、35秒台。
重いカキとピッチとの狭間から脱出する事がまたもや叶いませんでした。 

前日の土曜日にちょっと張り切りすぎたかなあ? でも疲労が残ってたとは思えないんですけどもね。 十分にいいコンディションのつもりでした。 でも回転アップのスイッチを入れられませんでした。 アドレナリンを噴き出させられなかったって感じです。



1コースだったのでサイドのハシゴを登ってそのまま再び召集所へ。
3レース後が混合200リレーだったのでした。
召集所でベンチに座った時にハッキリ理解できました。
昨年も50Fr直後にリレーがあって、召集所に着いたときにはとても10分やそこらのインターバルじゃ回復できないよって思ったのに、昨日はそこまで疲れてはなかったんですよ。 
去年はなかなか心拍数も落ちなかったのに、昨日はあっという間に落ち着いちゃって。
100%を出せなかったんですなあ。 それが甚だ悔しいですわ。
なんなんだろう? 気持ちを臨界に持っていけなかった理由が分かんないです。

1カキ1カキ丁寧にって気持ちが強すぎたのが敗因かな。 ストロークや姿勢をモニターする事に神経を使い過ぎちゃったのかも知れませんね。 となると、練習でフォームを完全自動化させる事ができなかったのが一番の敗因か。

一旦反省するのをやめて、リレーのためにもう一度スタート台へ向かいました。
今回はウチのシニア部のオネエサンたちは二人とも都合が悪くて「どうしよう?」とか言ってたら、選手ちゃんたちのエースのハンちゃんが今回も「出ます!」と引き受けてくれたので助かりました。
そのハンちゃんに第一泳を任せて(もちろんオッチャンたちより遥かに場数を踏んでてスタート慣れしてますから)、第二泳がオイラ、第三泳がM岡氏、アンカーがM本御大という順。
ハンちゃんが「ゴーッ!」とか音がしそうな勢いで泳いできて、一旦反省はやめたはずなのにまだなんかショックでボーっとしちゃってるオイラは、そのハンちゃんへ目掛けてフライングボディアタックをしそうになりました。
「おっと、何をしようとしてんだオレ?」と危うく我に返り、なんとか正常に引き継げましたが、マジでアホな事をしでかすトコでした。
このレースもダイブは自己評価ではまあまあの出来だったんじゃないかと思います。 泳ぎだしたら先ほどのレースの疲労がやはりそれなりに残ってるのが分かりました。 先ほどのレースの終盤並みに最初から水を重く感じました。 水をきちんと引っ掛けられてるんだ、と前向きに理解し、リレーはあまりゴチャゴチャ考えずにひたすらピッチを上げていく事に専念する事にしました。

ですが、やはり回転を上げ切れないんですなあ。 どうなんだろうな、むしろもう少し軽めにかいて無理矢理回転を上げた方が正解だったかな?
25mラインを過ぎたら1/6ブレスなんてもうできなくなっちゃって、1/2~1/4ブレスになってしまいました。 かなり息が上がってるのを自覚しました。
パネルにタッチして振り返るとM岡氏が浮上してちょうどストロークを始めた所でした。 この人もピッチを上げられない人なんだよなあ。 人の事など言えた立場じゃないですが、もう少し早く回してくれればいいのに、などと思いながらエンドを攀じ登り、彼の背中を見守りました。
四泳・M本さんはさすがに申し分ない泳ぎを見せてくれまして、出場8チーム中の3位に。
ただ、タイムは2分16秒台という微妙な感じ。 3位入賞ではありましたが、2位とは10秒くらいも離されてしまいました。 それぞれのタイムは割愛しますけども、オイラは34秒78で、引継スタートの分は50Frより多少マシでした。 ちょっと考えさせられるタイムですね。 
自分で分析するに、泳ぎそのものは50Frの時の方が質は良かったと思うんです。であるのに、リアクションの差し引き分を考慮すればタイム的にはほぼ同じくらい。 50Frは丁寧な泳ぎを心がけようと思ったのは間違いではないと思うのですけど、やはり少々「バカ丁寧」だったかも知れませんね。 レストをあまり取れなかった続けてのレースだったのに落ちがほとんどなかったっておかしいよね。 去年はドーンと落ちましたからね。 途中でとても水をかけないって確かに思ったもん。

チームの他の皆さんの個人レースは、M本御大もM岡氏も選手ちゃんたちも総じて好結果を残せて羨ましい限りでした。 
御大なんて50Fly、50Fr、そしてリレーと3つも出てそれぞれいいタイムを出せてましたからね。 すごいです。

よーし、秋の大会に向けてなんとか課題を克服しなくちゃな。 2ヵ月後のレースは請うご期待!!
スポンサーサイト
COMMENT
No title
お疲れさまでした。
リレー3位 おめでとうございます♪
ショックなご様子は自分のことのようにわかります。
私も大会に出ると落ち込んでしまうことが多いです。
私は普段の練習の成果をなかなか大会で発揮することができません。
練習量が少なくても本番に強い方がいらっしゃいます。
そういう方を見ると自分がよけい情けなくも思えてきます。

defDさんは気持ちの切り替えができ 前向きな姿勢でご立派!
2ヶ月後 期待しています。
No title
温かいお言葉、ありがとうございます。 でもリレーの入賞もなんだかそんなに喜べないのが悲しいです。
本当はまだまだ気持ちの切り替えなんてできてないんですよ^^ 
かんこさんはまだ3週間もあるので、きっちり仕上げて下さいませ。
お疲れ様でした。
試合、お疲れ様でした。ピッチとストローク長の両立って難しいですよね。私も、昨年、短水路の100M Frでロングストロークに気をつけて泳ぎ、水泳一年目のタイムを下回る記録を出し、難しいものだなと思いました。ただ、勤務先の元大スプリンターの方に、「長いストロークで泳げるようになって、その泳ぎでピッチを上げて本物。ストロークが短い人がピッチを上げても、行き着くところは知れている。これからですよ。」と励まされました。参考にして頂けると幸いです。私も、3年前に泡を掴むブン回しのハイピッチストローク(ストレートリカバリーの)で50M Fr短水路のベストを出したのですが、その後、泡を切る長いストロークに変えようとしていて、記録は寧ろ落ちています。でも、方向性は悪くないと思っています。お互い頑張りましょう。二ヵ月後を期待しています。
yfmiuraさん
どうもありがとうございます。ワタシもやってる事は間違ってはいないと思うんです。 ただ、おっしゃるように「重くて長いストローク×高ピッチ」という高い理想を実現させようと思うと、ちょっとやそっとの事じゃないですね。 そこをアドレナリンがブーストしてくれやしないかと期待したんですが・・・ 甘かったです(笑)
しかし、30秒台、29秒台を目指すには絶対外せないルートだって信じてますから。  次こそは皆さんにいい報告ができるようにしたいと思いますv-91 
No title
レース、お疲れ様です(^^)

フォーム改造って難しいんですね
でも、2ヶ月後にはまたパワーアップしてる気がします(^^)
がんばってください。
たまこさん
どうもありがとうございます。
変なクセが身についちゃうとなかなか脱却できませんね^^
遅レスながら、お疲れ様でした。
defDさまとしては惨敗なのでしょうけれど、たたーのベストタイムより1秒以上速いです(笑)。
数年前からすると確実にレベルアップされてますね。
多分単調増加的に速くなって行くことはないでしょうからこのあとも色々と試行錯誤しながら伸びていかれるものと思います。
密度の高い情報発信されているので、ネットごしに少しでも吸収させていただけるとラッキーです。
引き続きがんばってくださいませ。
たたーさん
どうもありがとうございます。
いつまでもレースの度に自己ベストが出るとは思ってなかったですけど、その時はもっと先であって欲しかったです。
密度が高いのかは分かんないですが、役に立つ情報があればどうぞお持ちください。 引き続きよろしくどうぞです^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1283-cebe5049
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。