わたコちょ! バッタのキック

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッタのキック

先週の木曜分のレポートでM本御大とメニューの解釈についての相違が・・・云々と書きましたが、
レスト中でのオシャベリでもうひとつ大きく御大とオイラの感覚が大きく相違する点がありました。
キック練でのことですが、M本御大は自称のS1はFlyなので、メニューに「S1」指定がされてる時は御大はバッタのキック、オイラはクロールのキックを選択する事になります。
木曜のキック練といえば、アップでの200*1(Cho)と、2分サークルの25*6 S1 ハード でして、チョイスの方も主にバタ足でやって脚が疲れてきたら25mばかりバッタキックに逃げたり、S1の6本も4本目あたりでターゲットのタイムよりがくっと落ちてしまったら次の一本はバッタキックを入れてみたりしてます。
まあ、本来はそこで逃げずに頑張ってみるのが練習なんですけども^^

で、オイラがバッタキックに逃げるのは大腿を休ませるためなのであります。
オイラのバッタキックは脚は疲れません。 多分、腹筋と背筋が主動ですが、そこにもあまり疲労を感じないので、息が上がらない程度のペースでなら、何百メートル、あるいは1kmくらいだってバッタキックし続けられます。
それでいて実はバタ足よりずっと高効率で進めるので、だからオイラはバッタキックが好きです。
もちろん世間一般レベルからすると速い内には入んないんですけども、とりあえず厳しめなサークルが設定されている時に確実に回せるのは唯一バッタキックです。

ところが、M本御大は
「やれやれ、バッタのキックばかりやってるとそろそろ攣りそうな気配がしてきたなあ。 太腿がすごく疲れるんだよな、コレ」
とおっしゃる。

そうなんだ、バッタキックって脚が疲れるんだなあ・・・ とちょっと不思議に思いました。

オイラはバタ足だと大層疲れます。 25m/25秒くらいで進もうと思うと心拍数もレッドゾーンです。
でも上記のようにバッタキックでは同じくらいの速度でもオイラにとっては低強度。 太腿も疲れません。


これはオイラへのキックの指導が「打つな!」だからなんでしょうかね。
ヒザを意識では曲げ伸ばししないので、ちっとも大腿が疲れないって事なんでしょうか。
自然に小さくうねってるだけだもんな、脚部は。

それでも進むって事は一応は推進力が発生してるってことで、きっとオイラにとって今のところはそれはいい事なのだろうなと解釈することにしたのでした。
スポンサーサイト
COMMENT
No title
キック練習は苦手です。私も1番疲れるのはバタ足です。
自主練習では速くはありませんがバッタキックを500しています。でもバタ足だと続けては無理かもしれません。 バッタのキック練習といってもたぶん足以外の部分で進んでいるのだと自分ではそう思っています。
水面近くを腹筋だけで進むようになりたいのですが うねりが下手なのでまだまだですね^^;
たたーはバッタキック苦手です。疲れませんけど進みが遅いです。昨日の「マスターズスイミング」のIM順の最初もバタ足でした。
どっちにしろ足は疲れません。
バタ足は体の左右半分ずつドルフィンやってるイメージです。
と言いながらドルフィン遅いので、説得力ありませんが。
No title
>かんこさん

たぶん、我々のバッタキック≒ドルフィンキックは、体幹主動で脚部はヒレのようにしか使ってないから比較的脚が疲れないんでしょう。 タイミングさえもう少し上手ければもうちょっと進めるのではないかとも考えてるんですが・・・


>たたーさん

その「左右半分ずつドルフィン」はやはりたたー式の駄々コネ型ですか? オイラも片方ずつのドルフィンって発想にヒントがあるのではないかと思って幾度か試した事があるんですが、まだうまくできた事がないです。
左右半分ずつドルフィン=駄々こね型です。バックのほうがなぜかやりやすいです。
それをそのまま裏返すとよいです。
いっとき、毎晩板キック千メートルやってたら首が痛くなってドクターストップになってそれ以来板キックはレッスン以外自粛してますけど。
No title
駄々コネ型を教えていただいてから、バタ足する時には当分やってましたが、どうもスイムでは体幹を固定させておいた方が進みがいいので、いつの間にか駄々をこねなくなってしまいました。
でも、足に水を引っ掛ける感覚を得るには、きっといいドリルなんだとも思うんですよね。 量をこなせますもんね。
たしかにたたーは体幹がブレると言われます。
イヤイヤキックのせいですかね?
原理的には体幹ビシッと通したままイヤイヤキックも可能のように思えますけどね。
No title
おっしゃるように、芯にブレがなければロールは抵抗にはなりませんよね。 きっとまだ研究する余地はあるに違いないとはオイラも思ってます。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1277-453f2168
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。