わたコちょ! Sat.Swim Report 100724

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 100724

何年も前に買った海用のラッシュガード、かなりくたびれてきてるんですが、まだ機能的には使えるんで未だに愛用してますが、どのみち寿命も近そうだしスペアを買っておこうと思っていたら、コーナンで約1800円のラッシュを発見! コイツは安いぜ! と思って即買いし、土曜の外プールでの練習で着ようと思って持って行ったんですが・・・

ラッシュガードというものがどういうシャツでなければならんのか、この商品の担当者はまったく分かってないようです。
や、オイラも更衣室で着替えるまで気付かなかったのだから悪いんですけども・・・

ラッシュってのは本来はサーファー用のシャツ型水着ですから、ピッチリと体にフィットしてるべきでしょう。 これまでに三着ラッシュを買いましたけど、少なくともそれら三着ともそうでした。
今回買ったのはサイズM。 これなら少しタイトフィット気味だろうと選んだわけです。 なのに袖を通してみたらダボダボ。 ラッシュってのはピッチリしてて着にくく脱ぎにくいってのが当たり前なモノなのに、ダボダボ。
こんなんじゃ抵抗ばかり大きくて、ヒラヒラとみっともない。
えーっ?! と思ったけど、炎天下、別のラッシュを自転車で取りに帰るのもイヤだったので、それ着て外の長水路へでましたさ。
下は今や夏の外用練習水着(&真夏の海用ウェットパンツ)と化したバイオラバー・ロングスパッツ。 なので、超抵抗シャツと低抵抗ラバー水着で、足して2で割ったらいつもと同じくらい? などと淡い期待をしながら、アップを始めましたが・・・

やっぱりぜんっぜん進まねー!!

アップからいきなりストローク数をカウントしてみました。 アップとは言え、いや、アップだからこそ50mで40カキを超える事なんて絶対ないのに、48カキですよ! けのび分を考えると1カキで1m進んでないって計算です。
こんなんでサークル回せるのかよー・・・といきなり泳ぐのがメンドクサイ気持ちに。

で、手首のトコもダボダボだからCrでグライドすると、スルスルと自動でヒジまで袖が捲くれ上がるのですよ。 そこはボルダーUVカット塗ってねーっつうのよ! とイラっとしつつ、でもそこに関してはどうしようもないので諦め・・・

安物買いの銭失いとはまさにこの事。 大文句言って突き返してやろうかとも思ったけど、店頭で見て気付かなかったオイラも観察力が足りないわけで、ガーガー言うのはやめました。

しっかし、あんなラッシュ、誰に需要があるというんだろう? 実は泳がなくて、着脱が楽で、ビーチで肩や背中が真っ赤にならなきゃOKって人用なのか。 それならそうとパッケージに書いてくれてればいいのに。 「この商品は水中での着用には向いてません」って。

ふぅ! とりあえずグチを書かせてもらったらちょっとスッキリしました。



メニューはこの前木曜にやったのをあらためて見ると、25m単位が結構多いんで、次の#10-07-2(3500mくらい 120分 ラウンド1)をする事にしました。 持久力メニューです。
25m単位がないな、って思ったんですけど、アップ後に1個メ*4がいきなりあってちょっとずっこけました^^
ま、1個メなら25mラインで泳法チェンジの術を使えばいいだけのことなので。  術でもなんでもないですけど。

それにしても、思わずTUBEのサマードリームを口ずさんでしまいたくなる強烈な日差しで、すっかり外プールの水温は上がって温くなってました。 まあねえ、深いって言ってもわずか2mだからなあ。 何度だったのかな、確実に30℃は越えてたと思います。 室内プールの方がむしろ水温低いです。 その影響もあってか、透明度もかなり落ち、つい先日までは50m先がハッキリクッキリだったのに、この土曜はちょっとボンヤリとしか見えませんでした。 水の色はまだちゃんと青いんだけど、少しガッカリ。 冷たいって言われたり、ぬるいって言われたり、長水路も大変だ。


総距離がダウン泳入れて3500くらいだから楽に終わるかと思いきや、ダボダボシャツのせいもあるし、タイミングよく適当に乳酸の発生を促すような組み合わせにしてあって、そうラクチンってわけでもありませんでした。

オーラスは
S (50*1 + 100*2)*4  みたいな(うろ覚え)ちょっと変則的な組み合わせのS1。 オイラはFrで泳ぎましたが、やっぱダボシャツ着てると目標タイムで泳ぐのが大変なので、いよいよ最後のセット(50m1本と100m2本)だけはダボシャツを脱いでトライしました。 5分かそこらなら直射でもギリギリ焼けますまい。
「武天老師さま、甲羅を降ろしていいですか?」みたいな気分です。


これね、すごい開放感がありますわ。 マジで無敵になった気分。 1カキでどんだけ進むんよ?! って背中にゾクゾクが走ったくらいです。
や、結局は普段のスタイルに戻っただけなんで、タイムはほとんど変わんないワケですけど・・・ ま、気分だけは^^

そういう意味で、ひでえなあ!としか思わなかったダボシャツも、使いようによってはレジステッドのアイテムとしてなかなかのモノな気がしてきたんですけども、やはりオイラには合わなかったです。
上がってシャワールームでダボラッシュを脱いだときに初めて気付いたんですけど、腋の下が縫い目で擦れて、痛く赤くなってました。 擦過傷一歩前って感じでした。  あー、やはり銭失いだったなあ・・・

スポンサーサイト
COMMENT
No title
ラッシュガードってなんだろう?ってずっと思ってたら水着のことなんですね。
暑そうです。。。
No title
暑くはないです。 反対に保温性も基本的にはあまりないです。
海遊びをあまりしない方には馴染みがないでしょうね。 水辺の日焼け防止グッズとしてはベストと言えます。 
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1262-0e4dfb6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。