わたコちょ! Sat.Swim Report 100703

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 100703

メニューは#10-03-6(4200mくらい 120分 ラウンド3)。 「土曜午後」という別名もあります^^
夏季モードになって外の長水路が使えるようになったんですが、メニュー表を見ると25m単位、75m単位も多かったので長水路はやめました。
それもあるけど、なんたって雨も降りしきってまして、水着姿で外に出ると寒くて^^ 
まあ、水中に入ってしまえば同じなんですけどさ。 

この7月第二週はたぶん中学生の市総体があるって言ってたと思うんですが、だからこのプールでは普段あまり見かけない中学の水泳部が練習しに来てました。 学校と近いから彼らはいつもは総合体育館のプールが練習場なんですよね。 3コース借り切ってて、ストレッチしながら見てますと、学年別にやってるようでした。
オイラが中学生だった頃、我らが中学にも水泳部がありましたけど、あんなに人数いなかったよなあ。 在校生数はたしか市内で一番多かったんだけど、せいぜい学年に5~6人くらいだったと思います。
それが、この学校の水泳部は学年に10~15人くらいはいたような。

オイラが中学生だった頃に水泳部が不人気だったのは、まず間違いなく温水プールじゃなかったからでしょう。 夏はいいかも知れないけど、春の連休前とかからブルブル震えながらプールに入るなんて個人的には「正気の沙汰じゃねえ!」って思ってましたもん。 泳げない季節は地味に陸トレずっとやってたし。 

それにしても、市内でもきちんと形のある水泳部ってのは、たぶん二校だけだと思うんです。 市内には私立も入れて17か18くらい中学があるはずで、一応水泳部もある学校も多いと聞きましたが、実際に普段から活動してるのはこの二校だけのはずです。 それは学校の近所に公共の温水プールがあるからでしょうね。
それは部活動として健全な姿とは思うのですが、でも、強いのは普段それぞれスクールで泳ぎ込んでる子がニワカ水泳部を結成して出てくる学校なわけで、なんかちょっと不思議な気もします。

でも、彼らを見てるとなんだか微笑ましかったな。
コース別に体格も泳力も全然違うので、どれが1年生、どれが3年生って丸分かりなワケです。 あー、部活だなあー、と。


さて、オイラのレポートですが・・・
S 100*4 on2:00 IM Tg1:41 ってのがありまして、コイツをね・・・ たった四本なのに回せないんです。
1本目は全力度95%でなんとか1:41で帰ってきて、2本目のスタートは出ますけど、バッタ25mが終わる頃にはもう息が上がっちゃって動けないっす。 2本目だって全力度95%ですけど、どーんと1分55秒とかにまでタイムが落ちて、とてもじゃないけど5秒後に3本目のスタートなんてできないのです。
これはM本御大でさえ、
「ムリ!」と宣言して、自主的に2:30サークルにされてますので、オイラも右に倣えですわ。 
ウチのコーチに言わせると、それはCr以外(特にBaの)のレベルが低すぎるからだとおっしゃるワケです。 Crで50m/40秒を楽々切れるのに、1個メ4本を2分サークルで回せないなんてオカシイらしいんですが、そんな事を言われてもねえ・・・

オーラスは
AN3 S 50*3*3 on1:00 Fr Tg0:41(だったかな?) HHE セット間レスト15秒   ってヤツ。
なんだか室内が混みだしてきたので、オイラは外の長水路で仕上げをする事にしました。
そこまでマジメに練習してきた証明として^^ すっかり火照ってますから、雨が降ってたって平気モードなのでした。
長水路は今年二度目ですが、この前の時はもう黄昏時だったのでちょっと水中も暗かったんですが、この日は雨が降ってるとは言え日中です。 透明度の高い水中の青ってのはどうしてあんなにキレイなんだろう? これまで見た中の Best of Blue とまでは言わないけど、冴え冴えとしたあの青さには惚けて見とれちゃいますわ。

しかし・・・このメニューについては・・・きっとコーチ、軽く勘違いしておられるんじゃないかと思うのですよ。
練習の最終盤でもうヘロヘロしてる所なのに、ほとんど全力で泳いで1分サークル? 
や、物理的にムリでしょうよ。 VO2MAX(推定値)の自己ベストを出せた週でしたけど、その程度じゃ全然不可能です。 オッチャン、死にます。
オイラの推理では明らかに(きっと!!)サークル設定の計算を誤っておられるので^^ これも自主的に2分サークルに致しました。
2分にすれば、そりゃサークルは回せますが、でも、本当は3分でもよかったかも。 
2分サークルだと37.5mあたりで筋細胞のATPが底尽きますのです。 
実況しますと、
25mまではガシガシ無酸素運動でいけます。 30mくらいで突然「プル重っ!」となり、35mでキャッチするのも辛くなります。 で、37.5mを示す目印くらいで、もうスローモーションに。 最後の5mがやたらと長いです。 
もうストロークしたくても全然腕を回せないのですもん。
3分サークルにしとけば、無酸素運動を40mくらいまでは持たせられるかと思うのです。 アネロビクスメニューなのでせめてそういう泳ぎ方をしなければいかんのですけど、30mで力尽きちゃちょっと足りんかなあ。

その頃にはほとんど雨がやんでたんで、しばらく仰向けに浮いてどんより曇った空を眺めてました。 ダウンを泳ぐ気力もソールドアウトでした。 
ま、あれだけ厚い雲ならそう簡単には日焼けしそうにないから助かりますわ。

あ、そうそう、外プールの季節になったので、いずれ「ボルダースポーツUVカット」の効果のレポートもいたしますよ。 もちろん、体に塗った後、皮膚表面の成分はシャワーでしっかり洗い落として泳ぎます。 さて、果たしてどれほどの効果があるんでしょうか?

ちなみに、自転車でツーリングに出る時には既に試してるんですが、その場合はかなり効果的にUVカットしてくれてます。 でも、体表面の成分を洗い落としてないですからねえ、謳い文句通りの効果を発揮できるのか興味深いです。



スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1251-8a747d11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。