わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 1000513

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 1000513

選手ちゃんたちが中間テスト週間なので、貸し切ってるコースの枠が余るので、せっかくだから大人たちが使ってダイブの練習をしましょう、と。
そうクラブ通信を打電したんですが、一人は夜勤、一人は休日もらって単車でツーリング・・・って事で、三人での練習でした。
とは言っても、いつも通りメニュー半ばまでのざっと2000mはやります。

オイラには、
バックのフォーミングは大体できてきたけど、やはり脚が落ち気味なのをなんとかしましょう。
ブレのキック終了後に足がばらけるのがそこそこの抵抗になってるので気をつけましょう。
クロールのプルを引く感じが強すぎるんで、押し込むイメージで。
と3項目の指導でした。

カナちゃんにも何だったか指導があって、M本御大にもバッタの時の何かの動作が抵抗になってるよ、と。

で、ダイブ。
10本くらいは飛び込んだかな?
最初何本かは足首~足の甲~つま先までの範囲で、最後に「パン!」と水面を強く叩く感触がありまして。
一点ではないって事ですけども。
案外それも悪くないんじゃないかな? とも思ってるんですね、実は。 パシッと水面を撥ねるのって推進力になるんじゃないかな? それともやはり水を引っ掛けるから抵抗なのかな?

何本目かで、自分でも分かったんですが、スパッ!と入ったのがありました。
確かに抵抗感少なくて、入水後もスルスルと進んだ感触があり、気持ちよかったんです。
そのまま三発ばかりドルフィン打って、クロール動作に入ったところでストップ。
振り返ってコーチたちの方へ向くと、F島コーチはOKサイン出してくれてるし、F木コーチとM本御大も「今の良かったよ」と言ってくださる。

ふむ、なるほど、やっぱああいう感じが正解なのかな?

ただ、オイラとしてはその一本はかなり深く潜って、プールのボトムのすぐ近くまで行っちゃったんですよね。 ざっと水深1.5mくらいまでですかね。
そこから水面まで戻るってのはちょっとムダっぽいかも。

次の一本はうんと遠くまで跳んでみるイメージで。
M本御大に
「今のは何を意識しとったん?」と聞かれました。
「遠くまでジャンプしてみようかと・・・」と答えると、
「はあん、すごい背中が反り返ってたぞ。 今のはダメジャンプだろ」と指摘されました^^

いやいやダイブだけでもやたらと奥が深いよ。
いかにスタートから10mまで早く到達するか、なワケですけど、どこに正解があるのかな?

とりあえず大会前にダイブを練習できてよかったな。 スパッ!としたのを一本でも体験できたのはひとつのベンチマークになります。 や、まあ10mまでのタイムをチェックする作業をしなきゃいかんのですけどね。 
スポンサーサイト
COMMENT
飛び込みは普段やらせてもらえないので全然ダメです。
大会前だと言うので 他店の有料レッスンを何度か受けましたが 取り付け式の台が20CMくらいしかありませんでした。  それでも十分こわかったけど(高所が苦手)
「今のはよかった」とコーチに言われても 自分ではどんな具合に飛んだのか?!  二度と同じ飛び込みは不可能でした^^;
一か月に2回ペースで5回くらい通ったのですが・・
本番 あの傾斜のきつい 高い台から頑張ったのに失格だとは・・・ 気持ちの方が落ち込みました。
むつかしいですね。
やっぱ少しずつでも毎回できると違いますよね。
本番での失敗は誰にでも起こり得るんですよ。 それを教訓にして次に上手くやればいいんですから。 むしろ久々にレースのスタート台に立って、形だけでもダイブできた!ってのは大進歩なんじゃないですか?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1233-f63aa872
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。