わたコちょ! Sat.Swim Report 100306

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 100306

先週渡された新しいメニュー、10-03シリーズをやりました。 10-03-01(4000m 120分 ラウンド1)です。
新メニューは全部で7パターンあります。 どれも4000m前後で作ってもらったので、今回は距離を確認した段階で気持ちがブルーになることは少ないかと思います^^
や、今週もメニューはせずに、やはりひたすらC-SCドリルばっかりやろうかとも思ったんですけども、とりあえずドリルそのものは間違えずにできるようになったんで、これからはメニューの中で6カウントを意識して行くことにしました。

ウチのコーチのメニューのパターンは二つピークを設けてある場合がほとんどです。
昨日のもそうだったんですけども、二つ目のはいいボリューム感でした。
S 50×4×2 on1:10 Fr tg0:49 Setrest0:30
S 50×4×2 on1:15 Fr tg0:48   同
S 50×4×2 on1:20 Fr Tg0:47   同
という1200mのクロール。
ターゲットタイムはちょっとうろ覚えですけど、大体それくらいです。
サークルはなんとか維持できますけど、後半になると目標タイムを維持するのがとても大変になってきます。
水がすごく重くなってくるんだよね。 1:20サークルに突入したら47秒で泳げたのは1回目とセットレスト後の5回目のみ、という成績の悪さ・・・

1:10サークルの時はまだ例のカキとキックのタイミングへの留意もできる余裕がありますが、疲れてくるともうてんでバラバラになって、狂ってるのが分かりつつも修正ができなくなる事がよく分かりました。 
ここも次に越えなきゃいけない大きなポイントですね。 疲れてもなおタイミングを合わせていけるようにするのは、また一段と難易度が高そうです。

しかし、やはり結構な長時間を割いてC-SCばかりやったのは正解な気がしました。 スタミナに余裕がある時は抑え気味に泳いだつもりでも、何秒も速く戻って来られるんですよね。 下半身が安定するってのはかなり違う気がします。

ま、それもストロークにパワーがある時までのハナシ。
49秒で帰ってくればいいのに、最初の5~6本を「イケテルじゃーん!」とか調子に乗って43とか44秒で飛ばしちゃうと、次からはいきなりパワーダウン!  ホント、すげえデジタル的です。 タイムセールみたいなものです。
なかなか賢くなれません^^


そうこうしてる時に、ここのプールではあまり見かけない、ちょっと年配の方がオイラと同じコースへ入って来られました。
オイラが「ゼィゼィ・・・」言ってるのに話しかけてくるんです。
「オタク、元気がいいねえ。 どこかクラブに入ってるの?」
「・・・はあ、○○ってクラブです」
「ほぉ、それはどこのプールですか?」
「ここ、県立プールです」
「???・・・ 言っとられる意味が分からんのだが・・・」
正直申し上げて、短い時間で息を整えなきゃいかんのにとっても鬱陶しかったんですが、無視するわけにもいかず・・・  たぶん、彼は「自前でプールを持っているスイミングクラブ」、つまりコナミとかJSSとかの事を言ってたんだろうと思ったんですが、オイラも面倒くさいし。

「あー、ボクは今年で70歳になったんで、とてもオタクみたいに元気よくは泳げないなあ」
うげ、おいおい、年齢自慢が始まっちゃったよ! 「いやいや、とても70歳には見えませんよ」みたいなお世辞たっぷりな返答を期待しておられるのは分かったんだけど、その瞬間に面倒くささ倍増。
で、次のリスタートも迫って来てたので、冗談言ってワッハッハ、それでは! と会話をまとめてしまおうと思って、
「ほー、そうですか、ワタシは今年で85歳になりますが、これくらいで泳いどりますよ」
と言ったんですけど、どうもそれは通じなかったらしく、
「はー、そうですかね。 それはビックリしました、ボクよりずっとお若いかと思ってました」
と真顔で切り返されてしまいました・・・

アレは彼の方が上手だったのかまではオイラには判別不可能でしたけど、ものすごい真面目な顔でおっしゃったんで、オイラはすぐに白旗を揚げました。
「や、冗談です。 ごめんなさい、お察しの通りもっと若いです」
と謝った瞬間がスタートタイムだったので、彼にはもしかしたら逃げたように思われたかも知れません。
約50秒後に戻ってくると、翁は隣のコースへ移って泳いでてくれたんでホッとしたんですけどね^^

それにしてもあの世代の人には比較的多いよなあ。 人が息を切らしてるのなんか構わずに話しかけてくる翁。
既に何度も挨拶を交わしてるような人なら、サークルを伸ばしてでも礼を失しないように気をつけますが、初対面で「こんにちは、同じコースで構いませんか?」って基本的な挨拶もなしにとぼけた質問を次々されたらオイラも修行が足りませんから、なかなか優しい対応はできません。

や、振り返ってみれば、あの翁は某ボイラー交換工事中のプールの会員さんだったはずで、滅多に来ないプールでやや不安な気持ちもあって話しかけてきたんだと思うんです。 そう考えると申し訳ない対応だったなあ、と反省もしてるんですけどね・・・
と、昨日はちょびっと苦い気持ちで残りのメニューを泳ぎましたのさ。
スポンサーサイト
COMMENT
相変わらず綿密なメニューをこなされていますね。
それに比べ うちのクラスはB型コーチの大ざっぱメニューで頑張っています(私もB型 アバウト大好きですが^^;)・・関係ないですがdefDさんはA型? ちょっとそんな気がしたもので(笑)

サークル練習の時に話しかけられるのは困りますね。
スイミング経験のある方だとお分かりだと思いますが
なかなか一般の会員さんには練習についてご存知ない方も多いですからね~
泳いでる時にどうどうとプール横断する人もいるのでこれもまいります。

85才・・・ギャグが通じなくってお気の毒さまでした。
オイラ、典型的Bってよく言われますよ^^ とりあえず血液型の話って信じる気などなくても盛り上がりますよね。 でもきっとオイラがAでもOでもABでも言い張れば、「あー、そんな感じ!」って言われるに違いないと思ってます。

翁も初対面の小僧に軽口を叩かれるとは思ってもいなかったんでしょう。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1201-0d719c04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。