わたコちょ! Sat.Swim Report 100213

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 100213

某SSのプールのボイラーはまだ壊れたままのようで、ちょうど重なるタイミングで2コース貸し切られると、我ら一般は狭っ苦しくてなんだか大変です。

昨日は本当は09-12-04の順番でしたが、7000m超級なボリュームを避けてしまいました。 前回これをやったのは年末最後の練習日だったかと思うんですが、たしか終わりの方で気持ちの悪い感じの肩の痛みを覚えたんじゃなかったかな?
ハッキリと痛みでもなかったかも知れませんが、気持ち悪かったんでメニューの終わりの方を端折ったと思います。
その記憶があって、つい嫌がっちゃうんですよね。
それとちょっと早めに帰りたい用事もあったんで、二つ飛ばして09-12-01(4350くらい 120分 ラウンド3)を。

Baでのキック練で、今年の初めの頃からちょっと気づいていた事を忘れずに実行してみました。
「足の甲に引っ掛かった水を後方へ押す意識」
いやいや、本来は基本中の基本なんですけど、これを意識するとやたらめったらすぐに大腿四頭筋に疲れを感じるので、これまでもちょくちょく試してるんですけど、また別の事を考え始めるとすぐに忘れて、つい普段のように天井の方へ蹴り上げてしまってるんです。
それを昨日は他の事(尻は落ちてないか、とか、キックの振り幅とか、あ、天井のあんな所に小さなシミができてる、とか)を考えないようにして、ひたすら後方へ水を押し出すような意識を保ちました。
具体的には本当にキックの基本中の基本、「膝を先行させ過ぎない様に」ってだけの事なんですけども。

やっぱ、水を重く感じてすぐに太腿が疲れるんですが、おそらく進みはいいと思うんですよね。 まだタイムとか計ってもほとんど反映されないでしょうけど、天井の景色の流れ具合がちょっと違う気がします。
ずいぶん長い間キックの練習もしてきましたけど、ついつい楽なキックをしてきてるので、このキック用の筋持久力が不足してるんですよね。

もしかしたら、縦潜りで使うロングフィンを漕ぐのに、ある程度膝先行で構えを作らないととてもじゃないけど重くて蹴りこめませんから、そういうクセが染み付いちゃってるって事もあるかも知れません。
小さめのフィンで、この事に留意して、短めの距離でしつこくインターバルしてやると、水泳用のキックがずっと良くなる気がしてきました。
でも、そのクセがついたらロングフィンを蹴るのが大変になるかな? 
逆かな? もっと推進力を得られるかも知れませんね。 


でも、このキック、Crのバタ足で意識すると動きが変になるんだよねえ・・・^^
カキのリズムと合わなくなると言うか。 
BaもCrも同じ6ビートだと思うんですが、なんだかやってみると裏と表でずいぶん違うようです。 気づいてないだけで既にBaはブロークンなのかも知れませんね。


縦潜りの話題を出したついでに、
先日コンスタントの日本チャンプが世界選手権に挑みました!って番組を観ました。 ちょっとチェックが甘くて、あざらしくんにその番組の事を教えてもらったんですけどさ。

以前にも書いたことがありますが、縦に潜っていきますと、ノーウエイトで潜ってもある程度の水深まで行くと、もう浮力というものがすっかり喪失して、重力に引っ張られるままにそのまま海底へ沈んで行きます。
その状態になった時から、彼はもうストリームラインを形作るのをやめちゃいました。
体から力を抜いて、緩く緩く。  

以前はね、たぶんずっとある程度きっちりとしたストリームラインを組んでたはずですよ。 もちろんその方が明らかに水の抵抗が少ないですから。
でも、ストリームラインを維持するのって、それだけで結構な筋力を使いますからね。 
水の抵抗の増加より、体内の酸素を使わないって選択に至ったんですね、篠宮龍三氏は。
ま、これはコンスタント競技で水深100mを往復できる人たちのハナシで、オイラなどほぼ関係ないって言やそこまでなんですが^^
なんだか久しぶりにきちんと海に潜りたくなりました。


話を水泳に戻します。
この前もちょっと書きましたけど、クロールに関しては肩周りの筋力が十分な時は、そこそこいい進み方ができるようになったように思います。
ところが、①すぐ疲れる。 ②50mレースでのピッチではそのストロークを再現できない。 というすごいジレンマも抱えています。 
半フリのピッチで泳げないのなら100mを泳げばいいじゃん、って思うでしょ? でも①すぐ疲れちゃうので、悲しいことに100mもスタミナがもたないのです。  
なんだかスゴイ大穴に落ち込んでる気がします。 ここだよなあ、もっと前へ進めるかどうかは。 
スポンサーサイト
COMMENT
こんにちは。
>クロールに関しては肩周りの筋力が十分な時は、そこそこいい進み方ができる・・
ちょっと私自身が思い当たることなんですが
しばらくの間記録会のためにバタフライ中心に練習していたにですが まわりの人から「プチマッチョになってきた」とおほめ(?)の言葉を頂くようになりました。
記録会も終え やっと通常レッスンに専念することができるようになって クロールを泳ぐと以前より進みがいいように感じています。(自分でそう思ってるだけかもしれませんが。)
バタフライが筋トレになったのかどうかははっきりわかりませんが でも筋力を鍛えるということが泳ぎにも必要なんだとわかったような気がします。

長々と書いてすんません<(_ _)>
筋肉の量が増えたかどうかは果たして・・・って部分ですが^^ バッタ中心であったなら「最大筋力」も「筋持久力」も向上があったかも知れませんね。

ある程度の筋力がないと、使えない技術がある、って事ですよね。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1191-a29e40ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。