わたコちょ! Sat.Swim Report 100130

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 100130

あっという間に1月終了。
大して泳いでないのに・・・

再生作業を終えたばかりの青い方の自転車、リアホイールの振れも調整したんで、どんなものかとチェックがてらプールへ乗って行きました。
考えなしでした。

黄色と赤のGIANTもどきの時は、自転車置き場の屋根の支柱にフレームをチェーンロックで簡単に絡めるだけなんですが、置き場に到着してから思いっきり後悔。
パーツ類が盗られたりいじられたりしたらどうしよう・・・なんて考えが浮かんで、とてもじゃないけど水泳に集中できなくて・・・  バカですね^^
結局、サドルはピラーごと引っこ抜いてバッグに入れて持って入っちゃった。 
考えてみたら、別に輪行するわけでもないんだから、ホイールやシートにクイックレバーを使う必要もないよね・・・


メニューは09-12-02(4050m 120分 ラウンド2)
距離が短めなのが救いですが、強度が低いわけではありません。

近頃、キャッチでアブナイ事をし始めてるかも知れません。
グライドでググイ!っと前に伸ばした腕を、次の局面、少しでも速いキャッチ動作をしようとして、最後にもう一度カツンとヒジを伸ばし切り、その反動でキャッチ動作に移行しようとしてるようです。
たぶん、これ、ヒジと肩に瞬間かなりのストレスを与えてると思うなあ。

タイミングが合うと、水を掴んだ感触を強く感じ、上体が水の上にグイッと乗っかっていく感じもあるんですけど、もちろんその分疲労も早く強くやってきます。
で、筋持久力不足ですぐにそんなキャッチはできなくなるんですけどね。 

おそらく、今のオイラがちょっとずつでもタイムを上げていける要素があるとしたら、やはりこのキャッチなんではないかと思ってるんですが、オイラにとって筋や腱や関節への負荷がかなり強くて、まだオイラの身体はこの技術を習得するには大いにパワーも持久力も不足しているように思います。
先にヒジや肩の関節周辺を痛めちゃう確率の方が高そう・・・

本来はそれに耐えるためのウエイトトレなワケですけど、実際にはトレーニングの疲労が抜けない状態で泳いで、さらに負荷を掛けてるからなあ。
特にヒジと肩に疲れが蓄積しないようにコントロールしなきゃいけませんね。

ロートルなボディは色々と大変です^^


キックメニューで、IM-OでUnder Water-No board/12.5のがあるんですが、これが案外楽しいです。
Baの時は目が白黒しますけどね^^
ヒョットコ作戦はもう一つか二つくらい調子が悪くて、どうしても「ポコポコ・・・」と水が鼻に入ってきちゃう。
そこで、海で縦潜りをする時のように、左手で鼻を摘まんで片手ストリームラインでやってみましたが、やっぱ抵抗が大増大するらしく、前進する力、言い換えると、水深を保つ力が大いに損なわれ、とてもじゃないけど12.5mもバサロを打てない。 すぐに浮き上がっちゃいます。

ちょっと以前のように鼻に水が入るのなんて関係ねえ! ってやれば行けるんですけど、そうするともう2月ですしねえ、そろそろセンシティブになってきつつあるのを感じてるんで、そこは避けたいんです。 
このメニューの時だけノーズクリップ使おうかな? ってか、土曜も持ってたのに使えばよかったかも。



練習が済んでそそくさと自転車置き場へ行くと、どうやら無事でした。
バッグからサドルを取り出してはめているのを見て、小学生の女の子が不思議そうな顔をしてました^^
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1187-426d965f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。