わたコちょ! ランドナー

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドナー

倉庫の奥の天井に少なくとも20年以上逆さに吊り下げられていた、オイラのランドナーを降ろしました。
odyssey 復活前
降ろした直後なので埃まみれだし、サドルとバーテープにはカビまで生えてやがります。

もちろん磨き上げて、サファイヤのようだった在りし日の姿に復活させたいと思ってますけど、それだけでも案外時間がかかるかもしれません。 でっかい袋にでも入れて吊られてたらまた違ってたかも知れませんが、イメージより年月の垢がビッチリとこびりついてます。

フレームはなんと言ったか、当時名古屋近辺の自転車屋さんが売り出していたモノです。 たしかセミオーダーと呼ばれていたシステムで、5種類くらいあったサイズの中から、オイラの体のサイズに一番適したのを選ぶって方法だったかと記憶してます。 
幸い、というか不幸にもと言うか、当時と身長はほとんど変わらないので、今でも問題ないです。
フレームビルダーはアラヤ工業です。 その自転車屋さんが注文を受け、アラヤへ発注するという方法だったようです。

ざっと見ただけですが、とりあえず激しくやばそうなダメージはないようです。 クロームメッキには所々サビが浮いてますが、これもなんとかなるかな?

サドルだけはシートピラーごと抜いて自室へ持って上がりました。 もうミイラ状態・・・というより半ば化石のように脂分が抜けてカチンカチンになっちゃってましたから、まずコイツから手入れしてやろうかと。
FUJITA PROFESSIONAL SUPER といいまして、当時はランドナーのサドルの最高峰として英国製のブルプロというのがありましたが、さすがにそこには手が届かず、デザインは正直ブルプロのパクリと言われてたんですけど、国産のこのサドルを入手しました。
ところがモノの出来は当時本家を超えるとまで評価されていた事もあるんですよ。
ま、それはフジタ党の悔しさが滲み出た記事だったのかも知れませんけど^^

という事で、我が愛車の復活への道第一歩のご報告。 今度お披露目する時は、ピカピカになっているはずです。 
ちなみに復活のコンセプトは純粋なランドナーじゃありません。
ジャンルとしてはスポルティフかな? でもドロヨケは外します。 パッと見は古いデザインのロード風っぽいかな、とイメージしております。
スポンサーサイト
COMMENT
自転車の再生、楽しみにしています。綺麗なレトロロードになりそうですね。
実は密かに自分へのクリスマスプレゼントとして部品の注文はしてました。 当初はちょっと埃を払って、各部グリスアップすればすぐに乗れるようになるんじゃないかとタカを括ってたんですけど、完全再生までは意外と時間がかかりそうです。
やぁやぁ、久し振りに見たわい。
ドロヨケ取っちゃうの?俺はそのままもシブいと思うんだけどね。タイヤをちょっと細くするくらいで。
ランドナーのドロヨケ取ると、その部分が間延びして見えて、ロードみたいにかっこよくならなかったように思うんだよね。
あとサドルはどうなんだね?そこは最近のにした方が良いのではないかと思ったり。
いずれにしろ復活は大変楽しみにしてますわ。
そう言えばウチにもちょい古い目のロードあったな。
復活コンセプトとして、まずはクラシカルロードっぽい快走ランドナーって方針にしたので、ドロヨケも自慢の本所亀甲ですが、とりあえず外します。  汎用性の高いのが売りのランドナーフレームなので、いくつか試してみたいと思って。  まあ、出来上がりをご覧アレ^^


話は変わりますが、合唱やら天候やらで結局例のプランを12月に実行できなかったのが残念です。 半分以上はオイラの見通しの甘さのせいです。申し訳ない^^
ま、いくら冬と言っても雪の影響なんて近頃は大したことないし、タイミングを見計らって行ってみましょう。  季節柄、条件良ければいい眺めも堪能できる事でしょう。 

このローディランドナーはプランに間に合わないと思うけど。  やっぱ車重が断然軽いので、できれば・・・とは思うんだけど、とりあえず今度のプラン用には拘りません。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1171-a3c15d83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。