わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 1217

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 1217

この前の火曜日、ジムでウエイトトレした後に更衣室でF木コーチに会った時、
「次の木曜はタイムトライアル会をするから、そのつもりで来てね」と言われたんですが・・・

きっちり追い込んだ後にそんな事言われてもねえ・・・
ウエイトトレを再開してから三週間目なので、さすがに一週目、二週目ほどのDOMSにはなりませんでしたが、水曜日、木曜日と二日間でようやく筋疲労を示すグラフが底から脱して、上向きになったばかりですから、当然のことながら、タイムアタックできるようなコンディションではございません。

そんな事はコーチもよく理解しとられるので、ムチャ振りはしないだろうと思ってたのですが、
結局、100Fr、50Fly、50Ba、50Br、50Fr、200Frとこの順で6本もマジで泳ぐハメとなりました。
トータル500mですが、名目はタイムトライアルなので、もちろんレース並みの運動強度です。

本当は上記6種目だけじゃなくて、50mを4種目、100mを5種目、200mを5種目、400m1種目がリストに載っていて、体力が続く限りなるべく多くの種目を泳ぐようにとのお達しでした。
言うまでもなく、オイラがそれほどスタミナのあるスイマーならとっくにウチの選手ちゃんたちと同様の練習メニューになっているはずで、練習の強度が低いという事は即ち、彼女たち並になど泳げるはずはないのです^^

各種ストレッチを終え、入水前のシャワーを浴びてるとハンちゃんが
「Dさん何を泳ぎますか? 一緒に400mFrやりましょうよ!」とすごいムチャなお誘いが・・・
「いやいや、心臓が止まったら、アタシがあんな事言わなければ、Dさんは大変な事にならなかったのに! ってきっと後悔するでしょ? ハンちゃんにそんな思いをさせたくないから、やめとくよ」 と言うと、冗談なのかマジなのかちょっと判別しにくかったようで、なんだか複雑そうな顔をしてました^^

いやね、オイラも可能であれば、IMも含めた100m種目を制覇したかったんですけど、5種目めの50Frを終えた時点で、最後に200Frを完泳するのがやっとくらいしかスタミナがもう残っていないと悟ったのでした。
そりゃ、どんなタイムでもいいってんなら、「タイムをきちんと記録するけど、半分は耐乳酸トレーニング」なんだから15種とも泳ぎますさ。 だけどヘロヘロなタイムでしか泳げないんなら、その時点で既に耐乳酸トレにもなり得ないのであまり意味ないですよ。

オイラの順がきて、まずは1フリ。  以前からタイムを取ってみたかったんだよね。 予想としてはたぶんオイラのベストは1分15秒か16秒くらいなので、コンディションや気合の分を考慮するとこのトライアルでは1分25秒前後を出せればいいかな? って感じでした。
泳ぎ終わってみると、1分27秒台で、まあこんなもんかな? とも思いましたけど、呼吸も心拍数もそれほど高くなってなかったので、気合いが乗ってればもうちょい速く泳げたかも知れません。

50Flyは、その思いの分、前半飛ばしすぎて、後半がメロメロになっちゃった感があります。 タイムは聞いたけどはっきり憶えてないです。 35秒とかって言ってたかな?

50Baは普通に泳ぎました。近頃練習中のバサロも10mまででやめました。 ただ、思いついてやってみたフリップターンが思いのほかいいタイミングでできたのはちょっと収穫。 でも結局むせました。 ゲホゲホしながらのゴールで、全然タイムを聞き取れませんでした。

50Brはこの前のレースでの1個メと同じ作戦。 ヘタにガシガシと掻いてもオイラはパワーをロスするだけなので、それよりも1ストロークをながーく取って、カキ数の節約を狙います。 目標としては1分を切れればいいや、って感じで。
結局、往路6カキ、復路8カキで57秒台。 いやいや相変わらず悲惨なタイムですが、自己評価ではここの所、めざましくBrが上手になっているので^^ ある日ポンと縮まるのじゃないかと密かに期待しております。

50Fr。 設定として33秒90を上回って泳がなくてはならなかったらしいんですが、もうすっかりヘロヘロになってて、とてもじゃないけど33秒台なんか出せませんでした。 えーっと、37秒台だったかな?


ここまで泳いで、100m種目をどうしようかと考えました。
100Flyはたぶん途中でイヤになるし、Baは悲惨なタイムしか出せないだろうし、Brはあの省エネモードで泳いでもあまり意味なさそうだし。
なので、残りのエネルギーの使いみちは200Frにしようと。
オイラのベストは3分6秒台だったかと。 なのでこのヘロヘロ状態なら3分15秒くらいで泳げれば上出来じゃないかと思いつつのトライでしたが、結果は3分22秒台。
いやあ、まあそんなもんでしょう。 とっくに乳酸溜まりまくりでストロークできんですもん。 行って帰って50mをターンした時に早くも「終わったな」と悟りました。
途中から水の重さに嫌気がさして、思いっきり指を開いちゃったし。  あそこで収縮しようとしない筋肉に「動け!」と神経系がムチを打てるかなんですけどね。 

「いや、もうムリ! ぜってえムリ!!」と肩の筋肉が言ってるのが聞こえる気がするもんね、マジで^^


って事で、昨日はアップとダウンを入れても1000mも泳がなかったんですが、疲労度は通常の4000m級練習より下手すりゃ強かったかと思います。


ダウン泳やってる時にコーチがオイラのキックのイメージをさらに小さくすべく、新たなドリルを伝授されました。
まずバタ足でバーティカルキックをやって、その素早さと振幅の大きさのイメージのまま体を倒していき、横方向へクロールし出す、というもの。 
とにかくブレーキになっているらしいです。 では、近頃はキックしなくてもそこそこいい浮きっぷりなので、いっその事バタ足をしなければいいのでは?とも思いますが、そこはそういうワケにもいかないらしく。 
どうやらそこまではバッチリ浮けているわけでもないようです。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1168-6115eaec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。