わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 1001

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 1001

木曜練習日が1回空くと、なんだかずいぶん練習会をしてない気分になりました。
昨日は夕刻に早めに手が空いたので、いつもより30分くらい早くプールへ。 でも、それはある意味正解でした。 大会参加の締め切りが相次ぐので、その辺の事務的な打ち合わせをF島コーチとできる時間が取れました。
結局、皆さんの予定を整理すると、10/25の県マス(秋)のリレーメンバーを組めそうにないです。
その二週間後の市民(秋)のリレーも、こっちはまだ決定じゃないけど、1チーム編成ですかね。 2チームは編成できそうにないです。 
この前の夏の市民大会では皆さんの都合がうまくつき過ぎた感じもありましたからね。 カゼで死にそうなのを無理矢理出てもらった人もいましたが・・・^^

そのM岡さん、昨日はあれ以来久しぶりの練習参加です。 それからさつきパパとオイラの三人で、オッチャン練習会でした。
M本さんは急用ができたと連絡があり、女性二人はお仕事の都合。
総勢6名になったとは言え、出席者平均数をもっと向上させるのはそう簡単な事でもないですね。 コースリザーブへの道はやはりまだちょっと遠い・・・かな?

選手ちゃんたちは、なんかしばらく「オフ」をもらってるんだそうで。 夏場、ずーっと試合続きでしたからね、一息入れるいいタイミングのようです。  たしかに年がら年中、水泳ばかりじゃね。 今の時代って計画的にメリハリを入れてかないと。

F木コーチが来て、M岡さんとさつきパパは09-10-Xシリーズのメニュー表を渡されました。
オイラも一応もらったんですが、オイラのは暫定です。 これから例のメニュー作成用200Fr・T.Tがござるのです。
本当はこの日、シャーク・M本御大も計測する予定だったんですけども、その“急用”とかで延期です。 実はシャーク、このT.Tを嫌がってるんだよね^^  ひょっとして回避したのか? と一瞬疑ってしまうようなタイミング。

オイラだってそれほど楽しみなイベントってワケじゃないんです。 言ってみれば定期試験みたいなモノですから。 でも、自己ベストを出せるように練習して、その通りになれば単純に嬉しいですからね。 50Frで削れるタイムはもうそんなに「シロ」がないじゃないですか。 縮められてもコンマ何秒ずつ単位なので、その日の調子如何ではベストを出せないって事も十分にあります。 
この前の大会での50Frはでき過ぎの超特殊なケースだったって事くらいは自覚してます。

ところが200mであれば、もちろんレースに出られるようなレベルではない事も分かってますけど、それだけにノビシロもそれなりに多くあるわけで。 まあ、楽しみと楽しみでないのと半々くらいでしょうか。


さて、今回の目標は、ズバリ3分00秒に絡むこと。 3月末に計測した3分11秒前後がこれまでのベストです。 6月に計測予定でしたが、コーチ達が忙しくて6月分はなしになりました。
半年で約10秒の短縮を希望しております。  一見無謀チックな望みにも思えますが、オイラ自身はそれほど自分を過大評価してるつもりもないんです。 
50m/45秒平均×4。 半年前はたしかにイメージに実力が全然足りてなかったです。 ですが、最早それほど高望みでもないかと。

いつものようにF島コーチにストップウォッチを構えてもらいました。
ペースを確認できるように60スタート。
作戦はあまり考えてなかったんですけど、前半は努めてゆっくりペースを心がけようと。
水はそれなりに引っ掛かってくれてましたが、かなりローテンポで泳いでたつもりでして、最初の50mはちょうど45秒くらいだろうと思ってました。 ハイ、平均ペースです。
ところが、50のターン直前に確認したクロックでは40秒くらいでして。  なぜ、感覚と実際のタイムにここまで開きがあるんですかね? 

75mのターンへ向かう道中、オイラはそれをどう考えるべきかしばらく悩んでました。
このペースをキープしつつあと3往復。 それは難しいことなのだろうか?  実際の所は少しずつ落ちていくだろうから、やっぱ平均45秒で行けるんじゃ・・・  スタミナが切れるような感じは今のところ全然ないけどなあ・・・  ま、100のターンでどうなってるかだよね。
と、一旦思考中断。
 
ところが、100のターンではクロックが見えなかったんですよね。 なぜか水飛沫とか、その辺の折り合いがどうもよろしくなくて、ブレスの度に時計板を見ようと努力したんですが、全然秒針を判別できず。
ま、しょうがない、このペースキープで行けるトコまで行っちゃおう! とそのまま100mをターン。

125mまではオイラとしてはそれまでと同じ感じで泳げました。
ところが、125をターンしてからですね。 ドーン!! と水が重くなりました。
そこまで全然無理せずに軽く泳いでいたつもりだったんですけども、突如として終わってしまいました。  ある意味、劇的なエンプティ。
それまでとは明らかにスピードが鈍ったのが分かりました。
あらかじめF島コーチにお願いして150mのターンで声を掛けてくださいとお願いしておきました。 そこから振り絞ってスパートしちゃおうと思ってまして。
ところが上げていけない。 水が重くて重くて、スパートどころか身がよじれて姿勢が崩れかけちゃってるのが分かりました。  ストーリーとしてのクライマックスはこれからだったはずなのに!

途中までは3分切れたかも! とすら思っていたんですが・・・ ラスト50mのダメっぷりからすると・・・・・・

さて、結果は残念ながら3分06秒でした。
50m毎のタイムは、50m/40秒、100m/1分24秒、150m/2分13秒、で、200m/3分06秒 でした。
いやあ、残念。 
自己ベストは更新できましたけどねえ。

正直申しまして、ペースは掴めたから、再チャレンジしたらあと3秒ないし4秒は縮められると思います。 後半75mのダメっぷりをそれくらいは改善できると思います。
しかし、それを口には出さない!!
半年前の教訓がありますから。  再チャレンジって実はプレッシャーがぐっと高くなるんだよね^^
この日のタイムを絶対に上回らないといかんわけだから。  や、その瞬間は上回れると思うから再チャレンジしてやろうなんて考えるワケだけど、いざ再チャレンジの日が近づいてくると、それはレース本番より実はよっぽど強烈な負のエネルギーを心に照射してきます。 ちょっと鬱な気分になります。
なので、次回は年末、12月の最終練習日くらいのお楽しみとすることにしました。

いやしかし、25m毎のラップタイムを見せてもらうと、125mのターン後にいきなり2秒も落ちてます。
それまでもターンの度に緩やかに落ちてますけどね、そこでドカンと2秒。 以降75mはそのペースを必死でキープしようという気持ちが伝わってくるラップタイムです。 
ちなみにスパートしようって気持ちは伝わってきません^^  いやいや、本人はしてるんですって。 してるんですけどね・・・


あーあ、オイラのタイムアタック話で終わっちゃったな。
もうちょいと書きたかった事もあったんですが、また別の機会にします。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1107-cc3ff308
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。