わたコちょ! ダイブ・スタート技術考  その1

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイブ・スタート技術考  その1

大和部屋  ←という 国体レベルの選手の方のサイトに、スタート技術に関する研究が載っています。
とても分かりやすく書いて下さっているので、全体としてはなかなかの長文ですが、きちんと内容を捉えることができました。
とても興味深くおもしろく、そして何よりも勉強になりました。

大和部屋さんの弾道スタート理論を読んだ上で、さっそく「運動くん」にて200Frリレーの時のオイラのスタート時の映像を解析してみますと、ますますオイラのスタート技術なんてものは箸にも棒にも掛からないシロモノである事がよーく解りました。
オイラのダイブなんて、技術の内には入ってないです。 
アレでよくスタートテクニックについてほんの少しでも語ることができた事です。 正直、赤面しております。

アレはただ遠くへ着水したいがために、重力の作用をほとんど考慮に入れていないジャンプです。 
そう、あれはDiveなどではなく、Jump、と言いますか、先日も書きましたが、プロレスのボディアタックかバレーのフライングレシーブですなあ。
フライングレシーブのことをダイビングレシーブとも言いますが、バレーと水泳の「飛び込み」で決定的に違うのは、説明するまでもなく、体を投げ出す対象が床であるのか水であるのかです。
オイラには水面を突き抜ける覚悟がない!!

もう10年近く以前に、さるバレーボールのサイトの掲示板にて、
「フライングレシーブという技術は、レシーブそのものの技術ではなく、安全に受身を行なうためのものである」と書いた事があります。
まさに、オイラのダイブスタートは受身なのです。
水面上を安全に滑ろうとしている!  結果的には胸とかを水面でちょっと打ってるんですけど。

水面は床面ではないので、結果的に体は水中へ没するけれども、アレがカチンコチンに凍ったスケートリンクであっても、オイラは死なないし、ケガもしない。
他のスイマーは皆ただじゃすまない大ケガをします。 あの世へ逝く可能性もすごく高いでしょう。
でも、オイラだけは無事です。
受身をしながら飛び込んでいるからです。

やれ、ハナシになりません。 オイラが自分でまあまあのダイブではないか?と思っていたのは、受身だったのでした。


ひとつ完全に理解した事があります。
正しいダイブとは、体が空中にある間は体の重心の軌道と、身を投げ出してる時の少なくとも上半身のシルエットは一致します。  体の重心が描くであろう軌跡に一歩先んじて、手の先から腰を結ぶラインが放物線上にあるんです。
start_加工2
ネット上を漁って見つけた飛び込みの画(密漁と言います、ゴメンナサイ)を加工したんですが、こんなイメージです。
こうでないと一点入水にはなり得ない。
指先が触れた水面上のポイントをその一瞬後、体の重心も貫くには、当然自分の体の重心軌道を予測して、体で放物線を描いてやる。 もちろん、キレイに一点入水を目指すには、重心から後ろ、つまり脚や足先も放物線上を移動するようにコントロールしなければならないのです。

やあ、頭から水面を突き抜ける覚悟のないオイラにとっては、そもそもが体現できない技術なのでした。 

でも、一点入水だとなぜ優れたダイブと言えるのでしょうか? 次回はそこら辺について考察してみようと思います。 次がいつになるか分からんけど^^
スポンサーサイト
COMMENT
まぁ、流体を横切る面積を出来るだけ小さくするしかないですわな。
ダイブスタートの経験の絶対量が少ない上に、水との境界面を突破するお勉強ってしたことないので、手探りも極まれりって感じなのよねw 
長年飛び込みをしていませんので 今では恐怖心が先にたってしまいます。
理論的な難しいことはわからないのですが 確かにコーチからは指先→頭→体→足・・と順に入水は同じ位置でと教えていただきましたね。

defDさんはバレーをしていらっしゃるので フライングレシーブの体勢がが身についてしまっているのかな。

大和部屋さんのページを少しだけ拝見したのですが
けのびのところ、興味深いです。 お尻が重要なんですね。ちょうどさっきBrの動画を見ていたらトップの方は腰が定位置のままだったなあ。
大和部屋さんのページ、少しのぞいてみましたが、興味深いですね。
80年代の泳ぎだろうが2000年代の泳ぎだろうがたたーレベルでは関係なさそうですが、「伏し浮き」は参考になりそうです。
骨盤を立てると言うのはヨガでもいつも言われていることですし。
昨晩の「スイミング上級」では早速お腹を引っ込めてみました。
気のせいか、下半身が少し持ち上がったように感じました。
>かんこさん
実は本当に一点入水こそが速いのか? と疑念を持ちつつ、ただいま学習中なのです。 どんな方向にハナシが進むのか・・・自分でも分かってないんです。

大和さん、おもしろいでしょ?
ウチのコーチの持論と共通してる箇所も多いです。


>たたーさん
オイラがたまに書く、頭を突っ込むってのは実はこれの事のつもりなんです。 色んな表現があるようですよ。 お腹を引っ込める、骨盤を後傾させる、猫背気味に浮く、頭を突っ込む、などなど。
オイラとしては、「2m先の水面下10cmくらいのターゲットに頭頂部を突っ込む」って感覚がピンときやすいってワケでして^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1086-21da1f65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。