わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 0813

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 0813

お盆が絡んで選手ちゃん部はお休みだそうで、プールへ向かっている車中、コーチから電話がかかってきて自分も休むからと連絡がありました。
ふーん、そっか。 なるほど、皆さん今日はどうするんだろ?と思いながら、プールサイドで準備運動をしていますと、御大シャーク・M本さんがゆっくりとご登場。
なんか試合が近づいてきてちょっと気合が入ってきたそうです。  大きいのから小さいのまで各大会の役員はよくやっておられますけども、自身がレースに出場するのは5年ぶりくらいになるそうです。

他の人らはまだ見えないので、二人でメニューを始めました。  今週は09-04-4になります。 M本さん流はトイレ休憩のための中間ダウンまでです。
アップ泳は150×4になってますが、半分を過ぎると既にアップとは言えないくらいに心拍数が上がってます。 もうちょっとペースを落としたい所ですが、そこで落とすと、いきなりサークルアウトしちゃいます。
なんだかアップ泳とは名ばかりの・・・  っていつも思ってます。

その後に続くプルメニューは比較的好きです。 ストロークパターンと体幹の捻り方のみに集中できて、なんだかいい練習をやってる気になるんですよね。 
でも油断してると、腰から下には神経がいってないですから、脚がばらついてます。
ここも大事なところなんですよね。
親指同士をびしっと合わせて、上下左右に揺らさないようにしないと。
ここは、実はパッシヴな考え方じゃ無理なんです。 「脚の無駄な動きを止める」って発想じゃ止まりません。  逆なんです。 アクティヴコントロールなんです。
つまり、上半身の動作に影響されて揺れてしまう脚部にカウンターで逆の動作をさせてやらないとって話です。
引っ張られて右に動いてしまうなら、意識で左へ動かす。 すると客観的にはストップして見えます。

もちろん言葉で書くほど簡単な技術ではありません。  自分で言うのもアレですが、非常に高度な技術です。

クロールでの左右の荷重移動をする際の、骨盤のツイスト動作も同じ事です。 意識としては上半身とは逆方向に捻ってやらなくちゃ客観では安定しません。

プルメニューは主にFrです。 ちょこっとIMも流しますが、700mか800mの内のほとんどがFrです。
Fr以外の三つのレベルが、Frに較べて低過ぎるんだよ! とコーチに言われますけど、でもこのメニューを組んでるのは誰ですか? って思ったり思わなかったり・・・

そこらまでメニューが進みますと、M岡さんとT森ちゃんが合流。 アップメニューは適当に端折ってもらって、追いついてもらいました。

IM順のキックメニューに移るわけですが、ここで先頭がシャーク・M本からT森ちゃんにチェンジ。
本人は苦手で大嫌いっていつもおっしゃいますが、オイラに言わせれば、シャーク御大、キックもとても速いんです。 でもやはりそこは譲るようです。
ですが、
「うん、だいぶ体が動くようになってきたよ。 やっぱレースが近づくと違うんだねえ」
と言いつつ、ものすごいキックを打ってました。

シャーク御大は今度のレースでは50Flyか100Flyに出られるはずで、特にドルフィンの時はすごかったです。
シャークの5秒後にオイラはスタートしましたけど、すんごいパワーの水の塊がバンバン体に当たって、全然真っ直ぐに進めないんです。  アララ・・・!? と思ってるとコースロープ際まで流されて。  これまで見た事のなかったすんげえパワーに脱帽しました。 さすがシャーク御大です。

続いて
K 25×4 S1 Allout
アシスト水着穿いてないと、オイラのバタ足はやはり遅いです。 あらためてラバー水着の浮きの良さを感じます。

さて、短いですが、09-04-4メニューの実は最難関が次の
S 75×4 IM noFr on1分30秒

毎回書いてますけど、オイラにとってこいつはMission Impossibleでございます。
3本目のスタートタイムにギリギリ間に合っても、果たして実際にスタートできるか・・・って感じです。  Fr以外のレベルの低さがホントに身に沁みます。
ですが、シャーク御大でさえも「ラクじゃないよ」ってくらいのサークルなので、ここは素直に毎度お馴染みon1分45秒で。
それでもオイラは3本目、4本目の所要タイムはちょうど1分30秒でしたから。
こいつをサラリとやってのけられるくらいになると、泳ぎ方もだいぶ良くなったって事でしょうし、スタミナもそこそこOKって事になるんじゃないかと。
タイム的にはちょっとずつは向上してる気がするんですが、その進み具合はカタツムリにも似て、正直なとこ10月のメニュー改訂までにきちんとできるようになってるとは思えませんわ。
オイラにとって、こいつはそれくらいハードルの高さを感じる75×4なのです。

それにしても、やはりシャーク御大がいらっしゃると、練習がサクサク進みます。
そこまでおよそ2000m。 ちょうど1時間で進み、
「じゃあボクは200mダウン泳いで終わるから」 と。
御大がいない日は、ドリルの内容説明に時間を取られたりして、いつの間にか時間ばかりが経ってるんですよね。 
別にムダにオシャベリをしてるわけでもないんですけども。


オイラは最後のIMのBaを泳いでる時、コースロープに左手の親指を思いっきりぶつけて、ザクッと切っちゃいました。  ちっちゃいけどカッターナイフで抉ったようになっちゃったので血が止まんなくて、ダウン泳はせずにそのままプールから出ちゃいました。
前から思ってた事は思ってたんですけどね。 いつかコイツでこんなケガをする時が必ず来るだろうって。 
パドルや足ヒレについてはうるさく言うのに、あの危険丸出しなコースロープがそのままなのは不思議だなあ、とも思ってましたが、ついにその日が・・・って話でございます。
ま、手をぶつけるなよって事ですけども。
スポンサーサイト
COMMENT
defDさま、プルのとき親指をびしっとあわせてるのですか!?
こちらではそれはプルの時の特別オプションでして、しかもたたーは大の苦手メニューなのです。
親指を合わせると極端におしりが下がってスピードもがた落ちになってしまいます。
やはり力が入ってしまっているのでしょうか?
アクティブコントロールはなにやらよさそうですが、それ以前におしり下がり対策が必要です。
何かアドバイスあればお願いします。

そういえば、今日もクロールのレッスンで、コーチに「足がばらけて開いている」と注意されたところでした(汗)。
>たたーさん
脚や足先から意識が外れるとすぐにバラけちゃうんですよ。 しかもはっと気づくと上下左右にすごい事になってます・・・

オイラがアドバイスなどと恐縮ですし、的確な事は言えないかも知れませんが、やっぱり腰やお尻が落ちてるって感じる時は、半ば無理矢理ですけど、浅い角度を狙って潜っていくようにすると、オイラの場合は下半身が少し浮く感じになりますよ。 アゴをぐっと引いて背中を少し丸めます。

ありきたりな事しか言えないんですけど・・・
すんません。
そうですか、もぐる感覚ですか。
今日やってみます。
ありがとうございました。

最近はコツとつかんだ!と思ってよく考えると前にできてたことじゃん、てなことがよくあります。
行きつ戻りつ、というところでしょうか。

主観の感覚としては、
1mとか2m前方の水深10センチくらいにある仮想のポイントをイメージして、そこに突っ込んでいく感じです。
キャッチして、ぐっとプルを引き寄せる時に頭頂部を仮想の標的へぶつけに行くイメージです。
一応理屈を言えば、上半身を沈めれば、下半身は必ず浮く事になってます。 
でも、上半身を沈める気持ちはあっても、結果的に本当に沈むってワケでもなく。 ってかクロールの動作で実際に沈めるのは難しいです。
参考になればいいんですけど^^

最後の2行、実に共感いたしますです。 結果的に前進できてるのか、オイラ?  と。


なるほど、仮想ポイントですか。
より具体的なイメージでわかりやすいです。
やってみます。
実は最近、オイラも全体にアゴが上がり気味だって指摘されてまして、昨日は申し上げた事を意識しながら、上体を突っ込み気味に泳ぎました。
やはり尻も脚も上がっていい感じでしたが、キック練の時はあまり強く意識しない方が良さそうでした。
なんだか水面上で空振りする感じが強かったです。
たしかに、お尻を上げるとキックが空振りする感じあります。
キック練の時やめておくとして、さてスイムの時はどっち?となってしまいます。
つっこむ感じについても、コーチから、腕が下がってる、もっと胸を張るように、とも言われています。
バランスというか、兼ね合いが難しいです。
個人的な考え(と申しますか、ウチのコーチの考え)では、そりゃもう尻が落ちるのはNGでございます。 どっちか言うと、胸を張るのも。
でもまあ、仰るとおりバランスの話なので・・・
主観でしか語れない所は危険な感じですね^^
とりあえず突っ込みの感じはお伝えできましたでしょうか?
やってみました(つもりです)が、うーん、
いいような、あまりかわらないような、、、。
このへんの感覚は難しいです(^-^;。
でも、defDさまのご説明にあったような具体的なイメージでつづけてみます。
スイムの時はキックの力を多分に使って前へ突っ込んでいく感覚だと思うんです。
プル練習の時はその補助パワーがないので、突っ込みにくいってだけだと思うんですが・・・
ですから、プル練であまりに上手に前のめりになっちゃうと、肝心のスイムで突っ込みすぎになっちゃうかも^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1064-6547d6c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。