わたコちょ! Sat.Swim Report 0711

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 0711

お昼ちょっと前にプール着。 外は曇ってましたが雲は薄く、室内もそれほど人が多くなかったので、日焼けしちゃうリスクを冒さずに室内25mプールでエントリしました。

今、これまで聞きなれない日焼け止め剤を試そうと調査中です。 以前は「ディクトン」という名称だったらしいですが、近頃は名前が変わって「ボルダー」というブランド名になってるらしいんですけど、それがなんか良さげです。 ズバリ、プールで使っても水質を汚さない! らしい。 効果もそこそこある、らしい。
でも、まだ国内では発売されていないっぽい。
USA製らしいですが、国内の代理店に現在問い合わせてますので、これの詳細はまた後日にレポートしたいと思います。

さて、メニューは09-04-3(4300m Round4)です。
おかげさまで、近頃はFrスタイルについてはそこそこいい感じになりつつあるそうです。 自分としてもキャッチの形、体幹を使ってプッシュする形、腰の高さ、脚の形、キックの幅など、主要点は大まかにですが、まとまってきている気がしています。
現在のところ一番難しく感じているのは、上体は体重シフトを行なうためにそれなりに左右へ連続して傾きますけど、お尻まで同期しちゃマズイわけで、そこを意識するとキックの幅がどうしても大きくなりがちになる点です。
ウンキックの方向を内側へ向けると、甲で水を捉えやすいですし、お尻も残るんです。 ですが、脚の動きが大きくなっちゃうんですよね。 体の厚みの中に収めるべく、小ぶりに「ぴぴぴぴ・・・・」と振りたいんですけども、内へ蹴り出すと大きくなっちゃう。
水を捉えた感がしっかりあるので、気持ちよくてつい深めに上下させちゃう。 腕のストロークとの同期もちょっと深めに入れた方が合いやすいんですよね。 だから意識していてもついやっちゃう。
全体の形としてはここが最も気になってます。

三角筋後部~大円筋にかけての鈍い疲労感(または痛み)に関しては、普段の生活では意識しなくなったんですけど、実はまだ奥の方にしっかり芯が残ってる感じです。 バレーウィークの後遺症だと思うんですが、高めの強度でインタバを続けてるとすぐにぶり返します。

昨日はこのメニューの最大ピーク、
S 100×3(IM+Cho+FrBU)×4 2分15秒 
の2セット目以降はキャンセルしました。 なんかヒシヒシとやばそうな感触がするんですよね。 ちょっと予定より練習開始が遅くなったってのもあり、次の予定にも差し支えそうにもなってきてたんで、ダウンを一層丁寧に行なう時間を設けようとも思いまして、もうあっさりと1セットで終了しちゃいました。
気持ちとしてはこの1200mだけは外の長水路でやりたかったんですけども。

ハナシが前後しますが、メニューの序盤に
P 25×9×4 IM-O EHEHHEHHH 
ってのがあるんですけども、既にここで違和感が高まりつつあったんですよね。
ちょっとそれは置いておいて、
初めて気づいたんですが、オイラ、Baでは強度指定がHdの時も、実はHd域まで行けてないみたいです。
考えてみると、他の泳法の時は×9のラスト3本のHHHでは相当に息も心拍数も荒いのに、Baの時だけは比較的ケロッとしてるんですよね^^
自分じゃかなりがっつり水を捉えてストロークしてると思ってたんですけど、どうやら全然甘くでしかできてないようで。
ピッチを上げられてないです。 水のカキもリカバリも遅いんですわ、どうやら。
そこに気づいてちょっと力むと、今度は頭が浮いて、腰が下がっちゃう。  うーん、おもしろいですなあ。 おもしろがってちゃいかんのですけど、昨日は修正したくともさっぱりなんにもできませんでした。

Brに関しては現在の腰の落ちがどれくらいなのかすごく気になりますね。
かなり修正できてる気もしてるんですが、はっと気づくと自分が描いているイメージよりずっとアゴを突き出して顔を高く上げてますからね。 
つまりそれは背中が反り気味になっている事を意味し、同時にその分腰が落ちている事を示しているはずです。  慌てて頭の高さやアゴの位置を直そうとすると、カカトが水面から出て宙を空振りしちゃったりして・・・
あーあ・・・って感じですわTT

Brのリカバリに関しては、今年から短大に入って、今プールで監視員のバイトをやってるコに、つい先日ヒントをもらったんです。
昨年は現役のBr選手で、2年くらい前だったかな? 彼女がまだ高1の時にふらっとここのプールへ泳ぎに来た事があったんですが、カナちゃんセンセの元教え子ちゃんだったので、その時も色々と教えてもらいました。 なので今でも気づいた点についてはアドバイスしてくれって頼んでおりまして^^

リカバリを素早く戻す意識についてはいいようですが、そこでいかにも力が入りすぎているんだそうですよ。
カッと素早く戻すんじゃなくて、力を抜いてふわっと素早く戻す。 変な抵抗を作らず、水の流れの隙間みたいな所を縫って、その上で極力素早く返す。  半ば禅問答ですけど、かなり大事な部分なんだそうです。 余計な力をリカバリで使っちゃもったいないですよね? って事にもつながるようで。
ですが、これも難しい。  正直申し上げて、せっかくのアドバイスなんですが、まださっぱり理解できないです。  
ま、この点についても、これまでは意識すらしてなかった事を教えてもらったんだから、半歩は前に進めたのではないかと解釈しておりまする。  少林寺拳法でなくて太極拳なイメージなんだろうなあ、彼女としては。

水泳って、空気の何百倍も密度が高いモノをガッチリと掴んだり、サラリと流したりっていう、曖昧で、ある意味ごく主観的な繊細な感覚を身につけなくちゃいかん部分が難しいですね。 今さらですが^^

まあねえ、スパイクなんかでもガチガチに力んでボールを叩けばいいってもんでもないわけで、むしろキレで打つ方がずっと威力のある球を打てたりするんで、そこそこ共通する感覚はあるような気もするんですが、でも少なくともボールには形があって固形物ですからさ。
水ってまさに掴み所がないワケで。  そう考えれば水泳ってスポーツそのものが禅問答か^^  
理屈だけじゃ水を掴めんなあ。 そんな気がしますなあ、たしかに。

肩後部の疲労感が速く抜けるといいな。 台湾の秘薬とやら(アヤシイ感じバリバリの塗り薬)でも塗り込んどくかな?  それともまたさっさとマッサージへ行った方が賢いかも。
スポンサーサイト
COMMENT
レスのふりして近況報告です。
五十肩ほぼ治ったのですが、スイムが面倒なので毎日のノルマ1000mはたいてい板キックでやってます。
でも毎日そればっかりやってるのにキックが伸び悩んでます。
たたーより1年遅く始めたO君(30歳)が、どんどん伸びてるのですが、キックだけは苦手で、練習会でもいつもキックだけはたたーの方が速かったのです。
が、そのO君も研究を重ね、いつのまにか「板キック、1分でまわせるようになりました」そうです。
O君は先日のマスターズでついに長水路30秒を切っちゃいました。ま、キック苦手とか言っていては30秒は切れんでしょうねえ。
しかし、うーん、おそるべし、O君。
一応若さの違いってことにしてますが、、、。
板キックを1分サークルかぁ。 素直に脱帽だなあ。
オイラなら1本目は戻ってこられても、その時点で既にほぼオールアウト状態なので(情けない・・・)、2本目はスタートしようって気にもならないっす。
確かに、始めた年齢が若ければ若いほど有利なのは明らかですけど、反面、そこを落としドコロにしたくない気持ちも強いですよね^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1041-74bafffd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。