わたコちょ! エチゴ屋さん

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エチゴ屋さん

「で、いかがであった? この前示した改正版でオヌシらにとって問題ないのか?」

「それがお代官様、我々が想定していたよりも遥かにあの素材が高性能である事が分かったのでございます」

「詳しく申してみよ」

「あの新解釈で連中の素材が認可されてしまいますと、我々にとってあまりおもしろくない事態を招くやも知れぬと我が社の開発部門が申しております」

「ほう、つまりオヌシらの優位性が損なわれると?」

「忌々しい事でございますが、あの素材はたしかに脅威でございます。 正直申しましてあと2年は我が社の製品で世界記録を量産し続けられると考えておりましたが、ライバル各社があのラバー素材を生地として採用しようとしている現状では、次の選手権では多くの記録を塗り替えられてしまうやも知れません」

「ふむ、あの素材の事はリサーチできていなかったのか?」

「所詮はウェットスーツ用としか考えておりませんで。 ウチで採用した生地とパネル素材を凌駕するものとは正直申しまして想像しておりませんでした」

「改正版に基づいての製品の審査委員会はもう数ヵ月後だが・・・」

「さて、そこでお代官様。 お代官様がこの度の審査委員会の責任者に任ぜられる予定である事を十分に存じ上げた上でのお願いでございますが・・・」

「いや、待てい。 もう我々の関係を嗅ぎつけかけている者どももおるようなのだ。 昨年ソチの社の製品に便宜を図ったのも、ワシにとっては命取りになりかねない大冒険だったのは知っているだろう。 これ以上はオヌシたちの頼みと言えども・・・」

「承知しておりますとも。 その節は大変なお骨折りをいただきまして我々としましては感謝に堪えません。 もちろんこれからお話させていただく内容は新たなオファーと捉えていただきたく。 昨年と同額・・・いや、我々が望んでいる結果となりましたら・・・その倍のお礼を、と考えておりますが? もちろん必要な経費は別枠で用意させていただきます」

「ほっほっほ・・・困った事を申すのぉ、オヌシも。  そこまで申すのならワシも考えなくもないが、しかし・・・」

「いかがされました?」

「いや、オヌシ達のパネル素材はOKで、ヤツらのラバー素材はNGとする根拠を示せぬとな」

「それは簡単な事でございます。 ウチどもの製品はご存知の通りファブリックが製品全体を構成しております。 建前上パネルは付属品のようなもの。  それに対して、各社が審査委員会に提出するだろうと予想されている製品は、構造そのものをラバー素材で仕上げてくるでしょう」

「回りくどいのは好かぬ」

「水と空気の透過性でございます。 ラバーで作られるという事は水も空気も通しません。 果たしてそれを競(ピー)用(ピー)着と呼んでもいいものなのか?  どれほど薄く作られたとしても、やはりウェットスーツと(ピー)着は区別されるべきではないかと、当方は心得ておりますが?」

「なるほどのお。 どこかに空気が溜まり、浮力を増す効果が認められるとでも理屈をつければいいと言うワケか。 だがそれをどのように証明すれば・・・」

「お代官様ともあろうお方がそんな些細な事などおっしゃいますな。 いかにも、な事を伝えて煙に巻けばよろしいのでございます。 再審査をする機会を与えるなどと引き延ばし工作をしていただければ、ライバル社たちの新製品は、少なくとも選手権には間に合わなくなる公算が大きくなります」

「ふーむ、五輪の翌年に次々に記録を更新されてしまうのは避けたい、と」

「アイタタ、さすがお代官様、なんでもお見通しでいらっしゃいます。 もちろん、できれば恒久的にラバー素材そのものを締め出していただければ・・・さらなるお礼も、と考えておりますが・・・」

「ふふふ・・・エチゴ屋、ソチもワルよのう」

「何をおっしゃいますお代官様、飽くまでも我々はお代官様のシモベでございますよ、ほっほっほ」
スポンサーサイト
COMMENT
なかなか上手くまとまってますな。

もうね、一昔前のF1がタイヤを一種類に統一したように、競泳用水着もメーカーとモデル決めちゃえばいいじゃんね!
しかしスピ○ド社はどんどんイメージ落としてるような・・・
時代は変っても  エチゴ屋さんとお代官様は必ずいるものですね。
私欲は続きますね。
こんな会話がどこかでされていた「かもね?」って事でお願いします^^ 

>あざらしくん 
トップを決めるレベルであれば、オレは逆になんでもアリにしちゃえばいいと思うんだ。 水着が浮力や推進力を生んではいかんけど。
国体、インカレくらいまでは規制に賛成。

>かんこさん
マジメな話を始めちゃうとキリがなくなりますが、
「魚心あれば水心」な関係って、ある意味では人として健全な気もするんですよね。 
難しい話はやめましょうか^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1008-492ef661
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。