わたコちょ! ドルフィンキック 6

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルフィンキック 6

8月の終わり頃に見た衝撃映像。
それは田中雅美さんのDynamic without finsへのチャレンジ。
要するに息をこらえての水平潜水。何m行けるかを競います。
文字通りフィンなし。
結果として彼女は女子の日本新記録を達成したわけですが、彼女のその時のフォームに私は目を奪われました。
たまに水中平泳ぎでしたが、基本はドル平。
ドルフィンを打つ時のゆったり大きいフォームから連動して、きれいなウェイビングになってたんです。
ゆったりしたフォームなのに、きちんと水を捉えて速度があるから一杯に空気を吸い込んだ肺の浮力に負けずに、完全な潜水状態でウェイビングを続けられる。
私にとって本当に衝撃映像でした。

人間、フィンを履かなければウェイビングなんてできないと考えていたのに、見事に覆されてしまいました。
きちんと水を捉える事ができたら、それができる!
ドルフィンキックに対するモチベーションががっと開かれた瞬間だったのです。
あれだけゆったりとした運動なら、ずっと長く息が続く。

もちろん反対に、いかに自分の水の捉え方が下手なままなのかを痛感したわけですけども。

それで、漫然と速く泳げるようになりたいと願い、プールへ通うだけではあのレベルに達するのは永遠に不可能か、或いは時間が掛かり過ぎると判断し、カナちゃんセンセの水泳教室へ通う決意をした、と。そういうことなんですね。
スポンサーサイト
COMMENT
暖かいほうがいいよね!寒すぎるでしょ。
ネットの中は熱いぐらいなのに!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/100-854a4ede
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。