わたコちょ! 2012年06月

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012春の県マス ご報告

先週の週末に試合の事を書くつもりでしたが、成績もそれほど芳しくなく、また丁稚先での忙しさを理由にしてなかなかアップロードできませんでした。

当日の朝は午前6:30に寝床から這い出し、顔を洗って着替えたのはとりあえずこんな日のために皆で揃えたジャージでなくて、実に地味な色の作業着でした。
なんと当日は町内清掃の日で、ウチのオヤジがあの世へ逝ってしまった今は町内会の手前、行事をほっぽらかして趣味へ走るワケにもなかなかいきません…  そうなるともちろんプール開館に合わせた集合時刻などには到底間に合うハズもありません。

作業が済んでシャワーを浴び、時計を見るともう9:00を過ぎておりました。大急ぎで自転車に跨り、3.5kmの道程をプールへと向かいました。 ウォーミングアップのつもりならちょうどいいんですけど、実は清掃作業でかなり全身の筋力を使ってしまっている事に気づいてました。
15分後には陣地としてシートや毛布を敷いたギャラリーの一角に座っておりました。 このお花見会のような陣地システム、何度も書きましたけど、やはりワタシにはどうも馴染めません。 選手としてはストレッチもできるスペースを確保してもらうのはありがたい事なんですけど、それによって一般のギャラリーや個人レベルで参加するスイマーの座る場所は確実に狭まります。 結果としてギャラリー最前列で立って観戦する人も増え、後方の人らの視界は遮られます。 決していい循環を生むと思っていないんですけど、以前と違ってそれなりの大所帯となった我らがクラブの一員としては、大きな声でこれを否定するのも立場的に少々難しくなっております。 正直最近はストレスに感じるようにもなりました…

さて、全8コースあるこのプール、レースで使用するのは6コースにして、普段ウォーキング用として使われている1コースはアップとダウン用にするケースが近頃は多いです。 間の1コースは誰も泳いではいけない事にしていて、アップ&ダウンの人らの造波がレースに影響を与えないようにしてます。
更衣室へ移動し、そそくさと練習用水着に着替えて、ワタシは早速そのアップ&ダウン用コースへ。
泳ぎ始めてみると、あらためて朝の作業の影響を感じました。特に上腕でした。 ま、仕方ありません。 もう我が家の近所にはワタシより若い人なんてほとんどいませんから、重量物などはワタシが率先して運ぶしかないですからねー。

ワタシが出るレースは25mを2本だけですから、1レースにつき十数秒もてばいいんですけど、逆に言うとごく短時間に十分なパフォーマンスを発揮させられるかについてはちょっと黄信号な感じもありました。
既に続々とレースは行なわれているので、合間に何度かスターターのタイミングを計ってみました。今年度から我らが県内のレースではナントカの規則にきちんと従って、「ヨーイ」と「ビッ!」という号砲(・・・というよりむしろ号笛)の間隔をこれまでより広く取る事にしたそうで、十分に気をつけるようにとの事でした。
ただ、これまでのタイミングがしっかり刻み込まれてしまっている超ベテランスイマーの皆様の中には、そう簡単には対応できないという不安もあり、この度は号笛より早く動いてしまってもすぐには失格としない事にしたそうです。
ただし、その場合はスタートを切らずに下へ落ちる事!という条件付き^^ ま、妥当なトコでしょう。
で、何度かタイミングを計ってみますと、なるほどヤマカンを張るのはとても危険である事が分かりました。グラブスタートでは難しさが倍増するように思います。
ワタシはトラック式に戻したので、後ろへ引いて待っていればいいですから、下手な賭けはやめて普通に合図に反応する事にしました。安全第一っす。  



さて、最初のレースは個人の25mFr。
昨秋にこれに出た時は、メインの50mFrのための予習のつもりでしたが、今回はこれがワタシのメインにして、個人的には唯一のレース。 なんともトホホな感を思いっきり醸し出しております。
スタートはイメージしておいた通り、音に反応しました。結局リアクションタイムは誰もチェックしてくれなかったのですが、自分としてはそこそこ鋭く反応できたんじゃないかと思います。0.6秒台半ばではスタートできたんじゃないかな?
しかし水の掴みはよろしくなかったですねえ。 終始スカスカ感から抜け出せず、あっという間のレース終了。
えっと、記録は15秒台の半ばくらいで全然目標に届かず。 まあそんなもんかも知れません。 きちんと練習してきたっていう裏づけがないですからねえ。 仮にあんな練習量で自己ベストに近いくらいのタイムが出たら、ワタシのことですから大きな勘違いを起こしてたかも知れません^^ 実に正当な結果かと思います。 腕の筋疲労がなくても、同じような展開だった気がします。


しばらくして100mFr混合リレー。
一泳はT森、二泳がM本御大、三泳がワタシで、アンカーはユイちゃん。 あれ? 御大とユイちゃんは反対だったかも知れません。 
このレースでは個人の時よりガッツリと水が引っ掛かりました。 ずいぶん水が重く感じてピッチは上がらなかったけど、1カキでよく進んだ感じがありました。 タイムは57秒台の前半くらいじゃなかったかな? 
リアクションタイムがなかったとは言え、14秒台前半/人ペースですよ。 ワタシも含めて皆いい泳ぎだったんじゃないでしょうか。 
でもゴール時点ではお隣のチームにずいぶんな大差をつけられてました。お隣は53秒台ですもん、ちょっと速すぎだよね。 これじゃ全然勝負になんないよなあ・・・


その日の打ち上げはコーチ宅の裏庭でBBQ。 たまにはいいですねえ^^ 準備や後片付けが少々大変ですが、外でのBBQは楽しい気持ちになります。 久しぶりに海でもやりたいなあ。

そんな感じで、ずいぶん入れ込みようの足りないレースの模様でした。 オソマツ・・・

スポンサーサイト

120607 Report

マスターズ部に姉妹のニューフェイス加入と、試合前という事もあって1本しかリザーブしていないコースは大賑わい。 えーっと、選手ちゃんも数えると7人か8人もいました。たぶんマスターズ部新記録。 なので100m以上の単位のインタバでは、一番最後にスタートした人は最初にスタートするサツキ様にその時点で追いつかれてしまっているので大変です。 マジ大変。 5秒間隔で出ても最後スタートになると40秒後ですもん。
ワタシが最後尾になった時は、素直に50m泳いで戻った時点でちょい休憩。わずか数秒と経たない内に現役選手とほぼそれ並みの二人がすかさず追い抜いて行くので、その後流を浴びながら一生懸命付いていくという画。 二番手と三番手の間はちょっと開きますからね。
いつもこんな大人数だと2コースにしてもいいんですが、多分来週は来れない人の方が多いでしょうから…

1個メを6本終えた後は、ダッシュシリーズ。 基本25m単位って意味です。 50mもあるんですけど、そういうのも30m/20mでH/Eなので、Hard部分は実質25mだったりします。
何種類かあって結構本数多いです。おかげでこの所懸念していたプル~プッシュ局面での手掌への水の乗りの感覚がちょっと良くなってきたようです。
実感としてもこれまでよりは重く水を捉えられてるとは思ったんですけども、左上腕三頭筋(プッシュ~フィニッシュで水を押すヤツ)が軽く即発性筋痛を起こしたんですよね。 ワタシは即発性はあまり経験したことないです。遅発性はしょっちゅうですけど即発性になった記憶はほとんどなくて、ましてやいくら意識して強くストロークしたとは言え、掌に乗る水の重さ程度の負荷で筋痛を起こしたとは自分でも意外に思いました。 
今週は日、火、木と一日おきに最近にない強度と量の練習をしたので、疲れも溜まっていたかなとも思います。こうしてタイプを打ってる今も(約38時間経過中)軽く遅発性が残ってます。
ま、水を逃がさずにストロークできたのだと、前向きに解釈する事にします。

さて、いよいよ明日は県マスですが、多少は気合が乗ってきたとは言えど、泳ぐのは25mFrが二本だけですから気が楽です。 この前も書いた記憶がありますけど、目標は15秒00くらいで参ろうかと。 スタートが良ければ14秒台後半に潜れるかなあ、などと妄想してますがどうなりますか。

そうそう、スタートと言えば、「ヨーイ」と「ビッ!!」の間をこれまでより長めに取るらしいので注意が必要ですね。 トラックスタートに戻したので、グラグラしての失格にはならんと思いますけど、リアクションに執着しちゃうとアブナイかも知れません。 スターターの傾向を観察しとこっと。

120605 Report

昨日はレジスタンストレーニングの日でしたけど、ちょっとしたワケがあって、ジムには40分ばかり居ただけでプールへ入りました。 
40分だといつものようにじっくり取り組めないので、昨日は基本1セットずつで、ワタシが基本にしている3エクササイズだけ。 ですが、1セットずつと言っても、ベンチもデッドも今クールのMAXにトライしたので、今朝はそれなりに体が強張ってます。 あと1~2時間もすれば、普通に筋肉痛コースっぽいです。
1セットでもこれだけ刺激があるのなら、時間や気合、パワーを浪費せずに毎度1セットでいいんじゃないかとも思ってみたりしますが・・・

水着に着替えプール室へ入ると、選手ちゃんがストレッチしてました。 今日はどのメニューに取り組もうかと考えていたようで、挨拶もそこそこに
「defDさんはどのメニューが好きですか?」と少々唐突な質問。
「え? あー、そうだなー、強いて言えば一番最後のスプリント系が多いヤツかな?」

今、メニューの内容が選手ちゃんと共通なんですよ。サークルも同じに設定してあるからロートルにとっては少々~かなりキツイのです。 逆に言うと、それがつい自主的なサークルタイム延長を助長してしまうイイワケともなりがちなのです・・・ さすがに目標タイムのオーダーは違いますよ。 この項目だけは実力によって一人一人設定を分けてあります。


次の日曜は半年ぶりの試合です。気合が入りまくってると言いたいトコですけども、やっぱ冬の間の練習不足が明らかに祟っていて、未だきちんと泳げません。 
なので個人レースは25mFrだけで、あと100mFrリレーのみのエントリにしました。25mFrを二本だけというとんでもない怠け者ですが、自信がないというのはそういう心情にしてしまうものです。 正直、とても50mをレースペースを保ったまま泳ぎ切れると思えないのです。 トホホな気持ちです・・・

そんな事でたったの十数秒で済む25mとしたんですが、実はそこにも問題がありまして。
どうも水の掴みが緩いんですよね。 一瞬勝負なんだから、水の捉えこそが肝心なんですけども、ガチン!とキャッチできたと感じても、次の瞬間は水を逃がしちゃってる風でスカッてるんです。
手にエアを噛んじゃってるワケでもないのは確認してます。
うーむ・・・

ずいぶん以前にも紹介した事がありますけども、キャッチで第一加速を得るというのが河合正治先生発のテクニックであります。 これについてはずいぶんドリルも繰り返しましたので、そこそこ理解できてるつもりでして、その気で捉えに行けば、キャッチについてはガチン!って感触を得られてると思ってます。 問題は次の局面なんですよね。 せっかく手に水の重みを乗せられたのに、水を引き始めると軽くなっちゃう。 
プル局面との切り替え時に逃がしちゃってるかな? とか、手掌の角度がおかしいんじゃないか? とか色々試してみるんですが、どうもしっくりしないんですよね~


昨日はなんだかんだと25m単位のダッシュを30本やったんです。 その内の1本は「おっ!(゚∀゚)キタコレ!!」って感触を得られたのがあったんです。 しかし残念ながら次の1本はなぜかスカッちゃってました。 なかなかの謎でーす。
試合まであと一回か二回しか練習できないんですけど。 
たしかにピッチを上げていくのも重要ですけど、スカッたハイピッチじゃダメですからね。次の練習で良かった時の感触をなんとか思い出せ、オレ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。