わたコちょ! 2012年05月23日

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロールキック考察2012-02

基本的にワタシはキック練習をする時にはボードを持ちません。なぜなら、第一にボードが抵抗となってより進まないからであります。第二、第三くらいまで理由付けをしてますが、第一番がボードを使用しない理由の80%以上を占めます^^
という事で、ワタシはまずボードを使わないキック練習を行なってみました。
進み具合としてはですね、本当の事を申しますが、明確に良くなったとは思えません。 ですが、とりあえず進む進まないに関しては今の所は二の次です。
第一はキックのフィーリングそのものと、カキとの同調が上手くできるかです。

まず、ヒザの可動範囲を意識しつつ関節を積極的に動かしてみました。具体的なイメージとしては、ヒザ小僧が水面付近から水底方向へ動き始めた時に、カカトはまだ水面付近に残す感じです。
で、ヒザ小僧の下限付近でようやく足首から下が水中に没し始めます。
この動作についてはそれほど抵抗なく意識してできました。

次の段階はヒザ関節が伸びてしまう前に上腿(大腿部)をアップ動作させ始めなくてはなりません。
これが案外難しくてですね、どうも描いているイメージよりアップ動作に切り替えるのが遅れます。これまで何千回、何万回と繰り返してきた動作が完全に滲み付いちゃっているのを痛感しました。
壁に着いては立って片脚ずつ振り、動作確認を目で行なって新しい動作を神経にプリントし直す作業をしました。
当面そればかり繰り返しますと、イメージにちょっとずつは近づけているような感じ。

が、なんかこう、動きのダイナミックさが著しく損なわれるんですわ、このバタ足。
ノビノビした開放感が削がれると言うのかな? 妙にせせこましい感触なんですよね。チマチマチマチマした違和感があって気持ち悪い。
繰り返しておりますと、心に何か暗いものが堆積していくのが分かります。フラストレーションと言ってもいいでしょう。 そんな気持ちのままこのキックを繰り返していると、きっとワタシはそう遠くなく心の健康を損ねてしまうように感じました。
そうなる前になんとか早く改宗する必要があります^^

強く意識しつつですが、キックだけならイメージに近い動作でできるようになってきたので更なる段階へ。
キックにカキの動作を付け加えます。でも、いきなり両手でやるとどうせダメになってしまうので、片手ドリルです。
片手ドリルと言っても、ウチのコーチ発案のカキとキックの同調ドリルなんですけどね。それを片手ずつ、また当面繰り返しました。

・・・例の暗い何かが堆積していくスピードが加速してしまいました。
脚のチマチマせせこましい動きが上半身にまで伝わって、ノビノビと気持ちよくグライドできんのです!
がーっ!もっと伸びたいのに伸びないぞ! って感じで、チマチマチマチマが全身に影響を及ぼしてしまいます。
全然パワーもスタミナも使ってないのに、25m泳ぐだけですごい疲労感がありました。気持ち悪すぎ。

それでも片手なら同調も外さずにできるようになってきたので、両手で普通にクロール。
無理矢理意識して精一杯グライドをしてみます。 
うー、でもダメ。
降ってる。降ってくるよ、黒い雪が・・・

脚まで、つま先までこれまでのような伸ばし方をしないと、今の所は黒い降雪・積雪を止める事ができそうにありません。
ワタシの心が壊れるのが先か、すっかり改宗してこの気持ち悪い動作にすっかり慣れてしまうのが先か・・・そんな感じです。


さて、フォースの暗黒面ばかりを書いてまいりましたが、現時点でのプラス面にも触れておきましょう。

明らかに疲れません。 このキックならいくらでもボショボショとやってられます(精神の耐久力次第)。
大腿筋への負担が少ないんでしょうね、コレ。
かと言って、今の所これまでのキック法と速度はほとんど変わんない。 省エネで少なくとも同じだけの推進力を発生させられるならこれの方がいいでしょう。

もう一つはチマチマ感に象徴されるように、コンパクトなんですよ、動作が。 
コーチ曰く、「まとまってる感じがある」
つまり、これまでのような「ワタシが気持ちいいと感じるキック=実は大ブレーキ」という悪循環から脱せられる可能性が高くなったやも知れません。

ま、以前から強く主張しております通り、キックによる推進力はカキの補助とはならない説を持論としておりますので、いくらキックが上手になった所で、せいぜいカキの邪魔にならんように打てれば良しってスタンスは変わんないワケです。 でも邪魔にならねばそれはそれで狙いなので、やはりもう少し暗黒面と対峙して行こうかと思っております。
また、この新型キックの練習を重ねていって、いずれ進捗が見られればご報告いたします。 期待しないでお待ちください^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。