わたコちょ! 2011年09月

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜分&土曜分 

数少ない我がブログの希少なる読者の皆様申し訳ないです。
少々時間とネットへの環境が薄めできちんとレポートできません。

木曜分といたしましては、
まずご報告としては、
新しく我らがクラブに新しく仲間が増えました!

Y本さん、女性で、かつては選手としてF木コーチ門下にもあったという小学2年生の姫のお母さんです。
小2姫が水泳を始めて、どうやら触発されてプールを思い出したらしいです^^ 夏の大会の日にF木コーチがナンパしました。 同日、彼女の友人の男子を偶然にもワタシがナンパしましたが。そっちの方はどうやら成功には至らなかったようです。
木曜は彼女と二人で4000mくらいのをやりました。
M本御大は無断欠席です。 何かペナルティを差し上げようと思います^^

どうも疲れが溜まっているのか、近頃はワタシ、すぐに脚&足が攣ります。 2000mを過ぎるかどうかってトコくらいで脚部のどこかが攣ります。 
この木曜はその傾向が顕著で、もっと短い距離で右の大腿、膝小僧のすぐ上の部分が逝っちゃいました。
幸いにもと申しますか、Y本さんはもっと早い段階でギブアップ宣言があったので、個人的には恥をかかずに済みましたが、おそらく彼女はあっという間にメニューにも慣れてしまうでしょうから、まったくウカウカなどしていられません。
現に、キックなんかは既にワタシより速いです。 ま、ワタシのキックのダメさ加減は再三お伝えしている通りですので、この点に関しては言わずもがななのですけども・・・


ま、そんなんで木曜は個人的にはお茶を濁したって感じでした。




土曜は木曜日にやったメニューのフルバージョンにトライしました。
総額4300mくらい。

ところが、やはり2500mくらいで大足(脚)攣り発生! 水分やナトリウムバランスも一応は計算内のはずなんですけど、ちょっと困った感じです。

しばらくシャワー室でお湯を脚に当てつつストレッチをして収束を図りましたけど、どうにもきちんと回復しないので、ラストに25m*5のダッシュ(ダイブ)を選手ちゃんに混じってやって、それでまとめてしまいました。
25mなら途中で攣ってもどうにかなりますしさ。

ところが、喘ぐほど気合を込めてもどうしても16秒を切れないのです。
この日のベストが16秒1だったと思います。 ダイブですよ!

いかんですなあ。 せっかく水がキレイになったのにどうも低調です。
あと1.5ヵ月後には秋の市民大会があるというのに、なんだかモチベーションも上がらずピンチな感じ濃厚です。
やれやれ、比較的スポーツ選手としては「お天気屋さん」な方ですが、「その日の調子」ってのはきちんと読みにくいとしても、数週間のスパンがあってなお「厳しいかも・・・」と感じてしまうのはいい傾向ではないなあと思っております。
 


スポンサーサイト

Sat.Swim Report 110917

仕事でちょっと長距離の配達があって、泳ぎ出しは16:30頃からとなってしまいました。
こういうのは合理性を考えれば宅配便を利用したい所ですが、そうちょくちょくは会えないお客さんだったりするので、やはりFace to faceも大事だなと思ったりします。

さて、先週は我らが県立プールの短水路は年に一度の水の入れ換えが行なわれ、木曜は練習お休みとなりました。 実はちょうど1泊で出張も重なって、それなら逆に都合がいいや!と水泳道具も持って出張へ出かけたのですが、結局業務から解放されてホテルの部屋へ戻ったのが20:30頃となってしまい、それからプールを探すのも面倒だったので、結局泳がず終いとなってしまいました。

で、土曜日は水の入れ換えが済んで営業(?)再開となった日でした。
やあ、さすがに気持ちいいですなあ。 光量の低い室内プールですが、25m先までくっきりはっきり、もう恥ずかしいほどよく見えます。
そんな中、選んだメニューは最初に戻って、トータルが4500mくらいあるヤツです。
アップ泳1はIM逆順で25*16*2 SKPD。 ま、これなんかは25m単位じゃなくても50*16でやってもいいんですが、どのみち、アップ前半だけで800mあるのは間違いありません^^

それが済むとアップ2で400*2 Fr。 つまり、アップ泳が1600mもあります。 ナゼ?って感じですし、アップ泳2の400*2は内容としては全然アップじゃありません。 
ワタシの200Frの自己ベスト(非公認)が3分ちょうどくらいです。 個人的には相当がんばって出したタイムでして、そんなペースではもう1mたりとも泳げないのですが、このメニューは個人的限界を超える要求が示されています。 
「400mを6分で泳ぎなさい」 
伸び盛りな頃であれば挑戦しなきゃいけないのでしょうけど、今となっては50m/30秒を切る事より難しいと思われます。 


その要求に応えたい気持ちはありますよ。 ありますけどねえ・・・

まあ、そんなんで、結局400m*2をそれぞれ7分30~40秒もかかって彼岸へ辿り着き、この練習に関しては申し訳ないけどもお茶を濁させていただきました。
このブログを始めた頃、500mを11分切るとか切れないとかって毎回挑戦しておりました。10分を切るなんていつの事になるやら? ってノリでしたが、さすがに今であれば10分切れそうなペースですね。 
ま、あの頃の目標はいつの間にか達成してそうだぞって事で、ちょっとだけ自己満足しておきましょう^^
当たり前だろ? うーん、そうかも知れないけど、あんまり厳しい事を言われても心が折れちゃいますしさ・・・



その次はC-SCという名称のドリル。 カキとキックのタイミングの同調が目的のドリルです。 細かい点まで追求するとシンクロさせるのがとても難しいようです。 ワタシは大まかには合ってると思ってるんですが、コーチレベルの眼では「まだまだ」だそうです。 自分でどこがシンクロしていないのか理解していない時点で、今は進歩ないでしょう。

以上で前半終了。 ちょっと休憩して、スイムの本番突入。
DPSチェックをしつつ強度を抑え目な100*3Frを3回泳ぐ合間に、200*1、100*2、50*4という下りの半ピラが挿入されてます。 メニュー表に示された目標タイムはそれぞれ3m01s、1m29s、0m43sだったかと記憶してますが、正確ではないかも知れません。 履行できたのは、50*4のみでした。 100は数秒ずつ、200はかなり遅れました。
50もラスト1本はちょっとアヤシイです。 
まあ、どのみち、ワタシはまだ50mしか泳げないって事でしょうねえ。

さらにキック(Fr)のドリル。
以前にも何度か紹介した事がありますが、片足キックです。 これをやると「ビッ!」と確かな水の圧を足の甲から指先に感じられ、振幅小さく、回転の早いキックができるようになってくるハズです。
実際に効果は高いです。 このドリルをやった直後は自分でも「ウォッ?!」ってくらいキックが進歩した気がします。 でも、ワタシはバタ足との相性があまりよろしくないので、すぐにそのステキな感触とバイバイしてしまうのが残念でなりません。 


で、ダウン泳。 最後のキックのドリルが脚へ高負荷を掛けており、ダウンでゆっくり泳ぎながらなのに、特にフクラハギがピクピクしております。 正直疲れました。 よっこいしょ!とか呻きながらプールから出ました。
雨が降ってたのでクルマで来ましたが、仮に天気が良くても自転車で来なくて良かったと思いました・・・




書き足し:

アップ泳2の400*2の1本目を泳ぎ終えた時、F島コーチから指導がありました。
曰く
「疲れてくると、だんだん左手が棒カキになってきますよ~」

具体的にはどんな動きになってますか?と質問すると、
グライドから、肩から左腕一本丸ごとすーっと沈んできて、かなり落ちた状態からヒジを折ってキャッチ動作に入っちゃってるそうです。 ヒジの位置が下がってしまってのキャッチ動作なので、無駄だらけって事ですね。
疲労の色がない時にはそんな風にはならないそうです。 これからちょっと気をつけなきゃいかんですね。

Sat.Swim Report 110910

ちょうどウチのコーチが大学生の現役選手ちゃんにちょっとした訓話を述べてる時にプール室へ入りました。
「水を掴むとかカキについての技術に関してはもう言ってやれる事はあまりないけど、だからこそ大事だと思うのは推進力が発生してない時の意識だよ」
簡単に言えば、ストリームラインとか避抵抗への考え方ですよね。

当たり前っちゃそうなんでしょうけど、個人的には少々くらっとするような感銘を受けました^^
手の指先から足の指先まで、神経を行き届かせ続けるってのは意外と・・・と言うかとっても難しい事ですよね。

ワタシなんかも避抵抗への考え方、ハイドロリクスって言うんですかね、これをもっともっと追求していく事の方が、筋力を上げる事よりも少なくとも2倍くらい大事な事だと思うんですよね。 少なくともですよ。 ひょっとしたら10倍くらい大事かも。
だけど、パワーを上げるにはどうすればいいのか実行しやすいけど、抵抗を下げる努力って、なかなか自分の泳いでる姿を客観的に観察できないから努力の仕方が分かりにくいよね。

しかし、アレですよ。 ワタシなんてバイオラバー水着を穿いた時くらい脚が浮けば、50mマジ泳ぎで2秒違っちゃうんですからね! ホント、そういうもんなんですよ。


なんだかここまで書いてて、ちょっと落ち込んできちゃった(笑)

えーっと、土曜の練習で強く印象に残ってるのは、プル練の時のカキ数チェックですね。
何気なく泳ぐと、20m25m/14ないし15カキくらい。
ちょっと強く水を捉える意識を持つと13カキ。 12カキにしようとするともう無駄にグライドしちゃいます。

その昔(ちょっと昔と書くべきか?)、ロスの時に日本代表であった我らがS本師が、某水泳教室の講師として子供たちに教えている姿を収めた動画がある、とコメント欄に書いちゃった日がありましたが、その動画を観ると、S本師は12カキで泳いじゃってると思います。多少はゆったり系ですが、無理にグライドを長くとってるってワケでもなく、自然な感じで泳いで12カキ。 ちなみに19秒か20秒くらいです。 
やはりなかなかS本師の境地に達するのは至難かなあ?って思っちゃいますねえ。
でも、ワタシが水泳を始めて間もない頃・・・そうですねえ、5年かもうちょい前かな? 観てたら、S本師ってば8カキとか9カキで泳いでたと記憶してるんですよね。

効率良く泳げるようになりたいものですなあ!

新 On Thur. Swimmin' 110908

ちょっと時間と入力装置の関係で、いくつかの項目を箇条書きにてサボります^^

・先週の土曜練習は法事の準備に追われて泳げませんでした。
・クラブに新しい仲間が増えそうです。
・しかも2人(男子1人、女子1人、いずれも若いが、男子はほぼ現役に近いかも)。
・今週の練習メニューはM本御大の提案で、引き続き先週と同じのを。
・ラストのスイム、1個メ*4の1本目、1m57sで泳げばいいのに、1m47sで泳いじゃった。
・以下約3秒ずつ落ちていって(ほぼ右下がりの直線に回帰)、4本目は1m57sか58s。 
・4本目がほぼ目標タイムだからギリギリ及第か? 

今週分はこんなトコで。 すんません!

新 On Thur. Swimmin' 110901

9月になっちゃいましたねえ。
我々大人部はM本御大と二人参加。 
昨日は御大の反省から生じた宣言からスタート。
曰く、
「この前のバッタのレース(50Fly)、ラストで息が上がってしまったんだよね。 あの状態からなおきちんと泳げるスタミナが必要だってのを痛感したので、それなりの練習しなくちゃね!」

いやあ、アラカンとしては十分なスタミナとパワーですけどねえ・・・
1等賞を獲れなかったのが悔しかったみたいですが、35秒切ってますからね、結構なもんなんですけど。

なので、7月までは
「えー? このメニューを2分サークルなんて無理じゃない?」なんて言いつつ、2分30秒サークルに自主改編していたインタバも、昨日はメニュー表の通りにリスタートして行かれました・・・
ワタシなんてついてくだけで必死でした。 ターンしてすれ違う度にジリジリと離されていくのが分かります。 タフですよ、御大。 
あんな調子でマジメに練習してたら11月のレースはすごいかも知れません。
「え? ボクはずっとイーブンペースのつもりだから、Dちゃんがちょっとずつ遅れてるんだと思うけど?」なんてなかなか小憎らしいコメントを仰います^^


ワタシとしては昨日のラストのスイムとなった1個メ*4は1本ずつ確実に4秒落ちて行くんですよね。
1m50s、1m54s、1m58s、2m02sと完全に直線で落ちてました。 目標タイムが1m57s設定ですから、1本目をガンバリ過ぎって説もありますが、でもこういうトコでもうちょい粘って、4本目も57秒以内で泳げないと、ワタシも進歩なしですよなあ。
自分としてはそんなに緩くしてないんですけどねえ。 4本目も1本目と同じように泳いでたつもりなんですが・・・

昨日はウチのクラブの選手ちゃんと一緒に泳ぐ機会が多くて、キック練ではワタシは明らかに遅くて迷惑をかけちゃいますから、最後尾でバチャバチャやってました。 選手ちゃんもオッチャンらと一緒では気合が乗らないのか、ゆっくりやってましたけど、お陰で彼女のキックをそれなりに観察できました。
やっぱ、明らかに足の甲の角度を作って後ろへ水を押してるのが分かるんですよね。 もちろんそのための膝の使いようも巧みなんですけど。 で、動作はゆっくりなんだけど、脚が上下する度に確実にズンズンと進んでいきます。 水流は透明ですけど、エアはいくらか噛んでますから、なんか流れが見えるんです。
アレを真似したいんですけどねえ。 観てる分にはイメージを掴めるんだけど、実際には真似できないのです。 もうちょい足首を底屈させられるといいんだけどなあ。 一向に柔らかくならんしなあ、ワタシの足首。


BaとBrも相変わらずさっぱり進まんし。 この二つって目一杯重くストロークしようが、ピッチを上げようが、Loosenで泳ぐ時とあんまりスピードが変わんないんですよね。 だったら一生懸命泳がない方が絶対にお得だよね!なんて思ってみたり。 
いやいや、自分自身ですごいブレーキを掛けながら泳いでるんでしょうね。 
そろそろこれまで蓄積してきたものがパッと花開いてもいい頃だと思うんだけど・・・^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。