わたコちょ! 2011年06月24日
FC2ブログ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

新 On Thur. Swimmin' 110623

M本御大と二人でした。
この6月にもらった新メニューを眺めながら、「なんだか・・・どれもこれも・・・見てるとヤル気が削り取られるような内容だよね」「そうっスね・・・」なんて会話をしながらも、2000mくらいまでは比較的強度の低そうな、多分#11-06-5の前半部に挑む事にしました。
一つ一つのメニューのボリュームは大体は皆共通してるんですよ。 もしかしたらM岡氏のはちょっとボリュームも低くしてあるかも知れないけど、原則的には泳ぐ「量」とサークルは皆同じはずです。 サークルが共通してないと、皆で一緒に練習する時には困りますし。 それぞれの違いは、目標タイムです。 その各々の目標タイムを決めてるのは運動強度であり、また、それは時折行なわれる計測によって決められます。
練習で楽したければ、計測に参加しなければいいし、参加してもわざとゆっくり泳げばいいんです。 でもそれじゃワタシなんかは強くなれませんからね、向上を期待できるような練習内容にしてもらうために、計測日もレース並にがんばって泳ぐわけですよ。
その運動強度ってのは、たしか日本選手権レベルで戦える練習だと「100%」なんです。 なぜか強度が弱いと数字がでかくなります。 ワタシの今の強度が130%くらい。 今のクラブに入って初めてもらったメニューには「174%」って書いてあったと思います。 その事を思えばずいぶん日本選手権に近づけたようにも思えますが(笑)、100%に近づくに従って指数関数的に強度が上がっていくように感じられるので、現在の強度から5%くらいも上がると(下がると?)、今のワタシにとってはもうとんでもなく苦しい練習となってしまい、とてもじゃないけど消化する事などできなくなります。

この強度がM本御大のメニュー表には「121%」とかって書いてあるんですよね。 だからワタシにとっての130%が「うへぇ・・・」と感じられるのとほぼ同じインパクトでM本御大には「121%」が迫ってくるってワケです。
ワタシより少々レストが長いんですけど、それでは引き合いません(笑)
御大は少年と言われてた頃から泳いでるわけで、そりゃワタシとは技術的な部分じゃ天地ほどの差がありますが、それ以上に驚異的に思うのは、自称アラカン(嵐寛寿郎ではなく)のそのエンジン、心肺能力の強さです。 もちろん持久力も含めた筋力も大したもんだと思いますけども、やはり「とんでもねー!」って思うのは心肺機能の高さですねえ。

ただ、御大の永遠のライバル(?)、K地さんという御大の同級生のオッチャンはもっとスゴイですから、いくらでも上には上がいるものだと思い知らされます・・・ 

ちなみに100%よりも小さい数字ももちろんあります。


昨日、オモシロイ!と思ったのは25*8 キックS1 Hard でした。 往路と復路でハッキリと3秒か4秒もタイムが違うんです。 往きは28~30秒かかるのに、復路は24~27秒です。 やっぱり水の流れってのはあるんですね。 それにしてもそんなに違うなんて。 いい方のタイムを先に確認したんで、一瞬、小躍りしちゃいそうになりましたよ。 「おー、なんだかずいぶん進んだ気がしましたよ!」なんて嬉しげに言わなくてよかった^^

さて、本日は金曜日。 タイプしている現在は17:00をちょいと過ぎたところです。 実は今夜はこれからウチの水泳部は飲み会なんですよね。 あまり飲み過ぎないようにしなくちゃね。
スポンサーサイト