わたコちょ! 2010年05月24日
FC2ブログ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

会場にて

先日からコメントをいただいているmiurakさんとお会いしました。
三種目にエントリされてました。 とてもガッチリと鍛えておられて、ちょっとたまげました^^
もちろん泳ぎっぷりも素晴らしかったです。
福山から遠路はるばるのご参加だったのでレースが終わったと同時にお帰りになりましたが、夏の市民大会では直会にもぜひ同席していただきたく。

道中、あいにくの雨天で運転はどうかと皆で気にしてましたけど、どうやらご無事にお戻りの様子でよかったです。
次は長水路でお会いしましょう!


オイラももうちょっといい泳ぎをお見せしなきゃいかんかったのに情けなかったです。 次はもうちょっとはマシなパフォーマンスができるようにします。


おっと、お昼だ。 メシ食って出かけにゃいかんわ。 いつまでも気分わりーって言っててもね。
ま、昨日の飲み会からの帰り道ではいい事あったんで、十分チャラだったかな?
スポンサーサイト



大撃沈!!

いやー、赤っ恥でした・・・
それほど気持ちが盛り上がらないままに迎えた試合だったとは言え、ここまでヒドイとイイワケしようがありません。

エントリしたのは50Frのみでした。
タイムは35秒00。 昨秋に出せた自己ベストより2秒40もの落ち。 最悪です。

それでも撮ってもらっていたビデオを一応分析しますと、
ダイブそのものはまずまずで、ギリギリ合格ラインには達していたようです。 グラブスタートに戻したんですが、リアクションは自分ではそこそこいい反応だったと思うんです。 台からの足離れもお隣のトラックスタートの人とほぼ同じくらいのタイミングでしたし。 飛距離、飛形もまあまあかな? キレイなワンホールってワケでもなかったですけど。
水中に没しての何mかもいい感じで進んでました。
ダメダメだったのはそこからのドルフィンキック。 オイラとしてはかなり気分よく進んでたつもりだったんですけども、映像と皆様の評価は×××!!!  とってもスローなドルフィンでした・・・  これ、レースですよ?!と総ツッコミされちまうような・・・ ヒザも曲げすぎ。 普段の練習じゃあんなに大きく曲げないのに。
深く潜りすぎてもいました。 なので水面に出るまでにかなり時間が掛かったし、右手で一カキ目を始める時も自分ではまだ浮いてないんじゃないか? とためらいました。 実際に右手のリカバリはヒジくらいまでしか出てない感触でした。

ターンまでは泳ぎの型そのものはまあまあみたいでした。 ストロークが水に引っ掛かってる感じはしてました。 ただ、ピッチは上がり切ってないなって自覚はしてました。
バタ足はバカみたいに大きかったです。 なんじゃコリャ?ってくらいに大きく開いちゃって。 ありゃ大ブレーキですなあ。

最大のミスはターン。
なんと足が壁に届かなかったっす!!! クルッと回って、いつもそこにある筈の壁がなく、ほとんど伸びた脚で壁に「チョン!」
ゲゲっ! と焦りました。 映像で確認しても壁から5mラインを越すまでスローモーションですか? って感じです。

もちろんケノビを楽しむ余裕などまったくなく、復路のストローク開始。
なんとか挽回すべく、ピッチ上げなきゃ! って意識が亢進し、その通りにはできたんです。 背中が反らないように、そして左手のエントリを突き刺すようにしてエアを噛まないように、と意識は三点。
その三つに関してはまあまあいけた気はします。

ですが、ずっと前のレースでも指摘された事がありましたけど、回転を上げる意識が強くて、映像を観るとフィニッシュをきちんとしてないんです。 最後の一押しをする前にヒジが宙へ抜けちゃってる。

ダサすぎる・・・

で、35秒00っす。  一体いつのレベルにまで後退しちゃったですか??  今回はいくら調子が上がらなかったって言っても半年前のベストから2秒以上も落ちるなんてある?  サイテーな気分です。 はぁー・・・ 

ビデオでダイブからターンまでの25mのタイムを計ってみました。 ざっと15秒5くらい。 レースモードで15秒半ばなんて・・・ そしてつまり復路は19秒5くらいって事です。  は? レースですよ、これは! ってコーチのパソコンのモニターに映ってる「彼」に教えてやりたかったです。


夕方から痛飲しましたとも。 もちろん現在二日酔い中。 気分が悪い!の二乗っす・・・

せめてこのヒドイ結果をスイッチにして、泳ぎへの気持ちをまたバーニングさせないとね。