わたコちょ! 2009年04月12日
FC2ブログ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

Sat.Swim Report 0411

メニューは09-04-2を通しです。  4000mを2時間ちょうどで組まれてますが、2時間10分掛かっちゃいました。 

自分ではとっても意外なんですけど、金曜のお昼頃からなんだか背中や上腕の裏表がとてもだるい感じがしてて、じきにそれが軽めの筋肉痛だってことに気づきました。
いくらきつめのメニューとは言え、水泳で筋痛が起きちゃうなんて信じられませんでした。 
思い当たりがなくもないんですけども。
木曜の練習でやたらと水が引っ掛かってる感はあったんです。  キャッチ動作の軌道にちょいと修正が入って、コーチが理想とする「キャッチ動作でも加速する」という感覚がなんとなく解るような気にもなり始めてたんですよね。
や、まだ実際に前へ進めてるワケじゃないです、たぶん。 そこまではできてないんですが、この水の重みをガッチリとスイープできるパワーがあればきっと加速しちゃうだろうな、とは思えました。
軌道の修正つっても、そこは新しい事じゃなくて、ドリルでこれまでずっとやってた動きをもう少しメリハリつけてキャッチ動作に加えただけなんですけどさ。
ホントはそこは自分で気づかなきゃいかんのですよね。 ずっと繰り返してたんだから。
そういう「アイテム」をすでに持っているのに、実際のスイムに活用できない水泳センスのなさ。 言われるまで気づかないと言う・・・
ま、反省は別の機会にするとして、なのでストロークしてる間中、これまでより一段階高い負荷を感じてはいました。
だけど、それくらいで筋痛になるか? って思うんですよね。  他に考えられないからそうなんでしょうけど。

で、土曜となっても癒えぬ筋痛を抱えて、09-04-2メニューをやったわけです。
3月までやってた分はほぼ必ずピークを二つ設けてありました。 AN系とEN系と一つずつ。 そのダブルピークも楽じゃないで、って思いつつ泳いでましたが、
09-04-2シリーズは「ずっとピーク」ですわ。 台形の山。
中間辺りで一箇所だけ憩いがあります。 ドリル。 
ドリルだけはじっくり丁寧にやりたいので、実はサークルを考えずにやってます。 サークルに追われるとオイラは動作に集中できなくなっちゃうのです。 なので、運動強度としては一段低くなって、ドリルタイムをオイラはオアシスと思ってたりもします^^
サークルをきちんと遵守しようと思ったら、完全な台形ですわ。 体が壊れます。

そんな感じなので、昨日は終盤にメニューには書かれていないレストタイムを勝手に追加させてもらいました。  なので時間通りには終われなかったというハナシでございます。
ホントは運動区分としてEN3って書いてあるくらいだから、「ぜーぜー、はーはー」言いながらスタートしなきゃいかんのですけどね。 とてもじゃないけど・・・

情けない話。 略してナサバナはこれくらいにしときましょうか^^

この前書いた「左右への体重シフトのタイミング」の修正。
やっぱり難しいですねえ。
スローモーションでやってみればなんとかできるんですが、スイムにはまだなんないです。


それと、泳ぎながら自分のお尻を触ってみるクセがついちゃいそうです^^
尻がちゃんと浮いてるかな? って確認で、お尻と水面をペタペタ、パシャパシャ。
アイツ何してるんだろうって思われてるかも知れません。


5月に県マスの春大会があるんだそうです。 でもちょっと遠隔地であるので、行くのが面倒くさい気もしてます。 何十秒かせいぜい1分半を泳ぐために片道100kmのドライブ。  どうしようかな・・・って悩み中。  行くとまた競技役員もせんといかんらしいし。 つまり、自分の出番が済んでもちゃっちゃと帰るワケにいかんって事です。  うーん、レースに出たい気持ちはあるけど、やっぱ悩んじゃうよね。
スポンサーサイト