わたコちょ! 2005年10月

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

   OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海に潜りたい!!

海の神様に嫌われちゃってるとしか思えない。
日曜の午前はとても穏やかでいい天気だったのに、どうしても外せぬ仕事があって…当然そちらを優先。
やっと終わって、よし海へ行くぞ!と思いながら帰路に着いた途端に大雨モード。ついでに気温が急降下。
寒くてとてもウエットスーツに着替えようなんて気にならんかったですよ。

プールばかり通ってるのがおもしろくないんだろうなあ。海の神様。

嗚呼、海恋し。ホントにそう思ってるのに、なかなか思いは伝わらないものです(笑)
スポンサーサイト

Report Today

ちょっとCNN風なタイトリング。

泳いだ総距離はいつもと変わらないけど、ちょっとハード目に。

アップ100m
板キック200m
ケノビ4本で残りを軽く泳いで100m
クロール500m
ビート板なしのバタ足100m
50m1分30秒サークルで10本計500m
合間に休憩がてらの背泳ぎとか平とかサイドキックとかで200mくらい。

そうすると合計で1700mくらいか。数えるといつもより泳いでますね。

板キックは自己ベストの更新ならず。今日のベストは25mが33秒か34秒。

ケノビは13mに手が届きました。情けないことに息が続かなかったのでこれで止まっちゃったけど、一応自己ベスト。もうちょい我慢したらあと50cmくらいは進んだかも。でも、息こらえを無理すると脚が攣りやすくなるんで。

クロール500mは、今日は最初からちょびっと気合を入れ気味で行きました。12分10秒。先日の18秒をちょっと上回って自己ベスト。イエイ。

板キックで自己ベスト出せなかったので、それなら板なしでバタ足をしてみたけど、25m33秒でした。もうかなり疲れてたかな?

で、今日のトピックは50mクロールを1分30秒で回した事。
だから最初からペースは抑え気味にしておこうかと思って、狙いは60秒で往復し、30秒休み。
5本で力尽きたので、5本目と6本目の間は3分のレスト。
500を12分10秒で行けるってことは、50mを73秒で泳げばまだ17秒休めるって計算が成り立つと思ったんですよ。そしたら1分半サークルもレートを落とせばこなせるじゃん、と。
でもそのままやったら意味がないので、全力の85%くらいの60秒+レスト30秒でどうかなって考えました。

いいのかどうなのか分からないけど、いつもより疲れた気はする。
しばらくは様子を見がてら、これで回そう。

50mの自己ベスト計測はあえて今日はしませんでした。

教室で習った背泳ぎやサイドキックのおさらいもちょっとだけしたんで、いつもより少し距離を泳いだって結果になったかも。

「恋するスイマー」さんの泳ぐ距離に少なからず刺激を受けたかも(笑)

お昼です

先日からブログペットなるものを設置してみました。
なんでも時たま文章作って投稿するそうです。
ってか、投稿してましたね、チビD。あまり笑えなかったけど。

そのペットの背景を描いてみました。
上手にできません。

ヒロシです。   みたいな口調になったとです…

水泳教室 4 

えー、昨日は水泳教室の日。
プールサイドでストレッチを始めたのが18:50ごろで、いつもよりちょい遅め。道中が混んでおりました。
昨日は明確にクラス分けされちゃいましたね。
そこそこ泳げるチームと、今ひとつチーム。
つっても、今ひとつチームの人でもそれなりに泳げるんだけど、体力がなくてあちらに入っておられる人も。25mで結構ぜーはー言ってますからね。

昨日のテーマは…なんだったのかな…? 

そこそこチーム3人、
最初は板キック25mを1分30秒サークルで4本。
なんなくやってしまうので、カナちゃんセンセの目がキラリ。
「来週からは1分20秒で回そっと」ボソっと言ったのが聞こえた。
まあ、多少気を抜いてキックしても25mなら40秒もあれば着いちゃいますから1’30”じゃ50秒もレストタイムがあるんで、ラクチン過ぎって説も。
(天狗になってますね。ずいぶんエラソウ。ついこの前まで40秒すらヒーヒー言ってたくせに!)

それからサイドキック。
これは結構きついんだよね。多分下半身が沈んでるからちっとも前に進まない。あたしゃ向こうの壁にようやく辿り着くって感じです。

それから、ビート板をプルブイ代わりにしてストローク。ここから1’20”で回って下さい指令。来週が今週になりました(笑)
一応キャッチアップで。のんびりやってたら、グライドを楽しむ時間は作らずにできるだけ高いレートでストロークせよと。

昨夜彼女が力説したフォームは「明確なプッシュはしない」って型です。
肘が腹の横まで来たらもう水面へ腕を抜いちゃう。
長距離型のフォームってやつでしょうか?

それから、1’20”で25mクロール6本。ま、体力的には問題ないです。


続いて背泳ぎを。
鼻に水が入って痛いので、みんなあまり好きではないみたいです。
背泳ぎは「今日でオシマイです」とのカナちゃんセンセの言葉に一同ホッとした顔を見せる。
「その代わり、教えた事はできるようになってください」はーい。
「これも軸をしっかり意識して!」はーい。

背泳ぎのフォームって、なんかダンスの振りみたいです。
真っ直ぐ泳ぐの難しい。


そんなこんなであっという間に1時間が経過してしまいます。
楽しかったひと時も今週は終了。

「じゃあ、クールダウンで100mばかりゆっくり泳いだ後、しっかりストレッチしておいてください」はーい。
で、解散でしたが、彼女を捉まえて質問を。
ブレスする時のローリング角と、反対側のローリング角とアンバランスな感じが強くて、「同じくらいに意識した方がいいですか?」と聞いてみました。

「じゃ、見ますから少し泳いでみて下さい」ってことで、やると、
「それくらいでちょうどいい感じですよ」との事でした。

ふーん、そうなんだ。左が明らかにローリングが小さいと思ってたんだけど、どうやらそれは錯覚だったみたいです。

昨日はこんな感じでした。

教室後の泳ぎ込みはなし。

今一度、手の平の形

さっきネットを徘徊しておりましたら、
手の平の形状は「ピタリと閉じましょう説」がものすごい説得力を持って書かれているのを発見してしまいました。
と言っても、その内容を理解したわけではありません。
なんだかすごく難しい事が書いてあります。

スマート スイミング

↑ここの「手の翼 の原理」です。

どなたか、この内容を分かりやすく解説していただけたらありがたいのですけど…

トラックバックしてくださる方へ (BlogPet)

前にも申し上げましたが、私の気分次第で一方的に削除された!
エッチ系のトラックバックをされる方、前ネットでトラックと思いますので、申し訳ありませんが、個人的には嫌いではないものの、このブログとはやはり趣旨が違いすぎるかと思いますので、申し訳ありませんが、このブログとかを削除させていただく事もあるということをご了承くださいませ
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「chibiD」が書きました。

トラックバックしてくださる方へ

エッチ系のトラックバックをされる方、
前にも申し上げましたが、個人的には嫌いではないものの、
このブログとはやはり趣旨が違いすぎるかと思いますので、
申し訳ありませんが、私の気分次第で一方的に削除させて
いただく事もあるということをご了承くださいませ。

県民水泳大会

昨日はいつもの県立プールで、タイトルのような大会が行なわれておりました。
ちょっと行ってみました。

よく分からなかったけど、どうやら各スイミングスクールの対抗戦ってな様子でした。
いつだったか見た高校総体県大会よりおもしろかった。
そうですね、タイムで比較すると、私のレベルだと小学校の低学年クラスのレースに出れば、デッドヒートを繰り広げられそう。

もっと速く泳げるようになりたいという明確な意識を持って泳ぎ始めたのが7月の半ば。あれから3ヶ月が経ってしまったわけですが…
確かに少しずつは速くなってますが、こんなペースでいいのかな?

リニューアル!

新装開店してみました。
でも基本的なテンプレートのデザインは変わってないようです。
と言うのも、これまでナントカって名称のテンプレをナントカ2ってのに変えただけなので。
これまでのはプラグイン対応でなかったんです。ニュースみたいなのを貼り付けたいな、と思ってたんですよね。でも対応してないとそれができない様子だったのです。そこで思い切ってデザインまるごとばーん!と変更しちゃおうかと思って適当なのを探し始めたら、すぐに同じデザインの継承テンプレを発見してしまいました。
以前のはどなたかのご提供による共有テンプレだったはずですが、人気があったんでしょうね、「2」となって公式テンプレに仲間入りしてました。
なんちゅうかこう、もっと水の中を連想させるデザインがいいなあ、とも思ってたんですが、結局馴染み深いヤツに。

ちなみに3つプラグインを追加しました。
ニュースと天気予報とメールフォーム。

それと、カテゴリーを水泳に変更。「恋するスイマー」さんって方が水泳カテを作ってくださったようです。
この記事をアップすると、そちらに表示されるはずです。

それでは今後も皆様よろしくお願いします。

本日のご報告(方言実験)

ちょっと今日は我が地方の方言で書いてみようかと思います。では…

********************************************

今日は夕方からプール行ったに。
朝方はミゾレっちゅうか、むしろアラレが降っちょったくらい寒てあばかんかったけん、土曜日だども人は少ねことねだーかと思っちょっただ。
狙いは当たって、全8コースの内4コースが丸々空いちょって良かったに。メニューはいつもとおんなじやなもんだわ。あんまかわーばえはせんだっただも、こん前の水曜日にカナちゃん先生に教えてまったサイドキックてのを1往復おさらいしてみたに。

ビート板のバタ足25mはベストが32秒台だったに。こん前は35秒だったと思うだーも、そうすーと2秒から3秒くらい速よに泳げたて事で、クロックみたらがいにおべたわね。
プール底の景色(って程のもんじゃないだも)がいつもよもだいぶ速こと流れーやなわと思っちょったけん、ちょんぼ期待はしちょっただも、実際にタイムで確認すーと小躍りすーやなかったでね。
30秒切る言うんがなんだい現実的な感じになったとまっしゃい。

2分サークルのクロールも50mベスト、52秒が出たでね。こーまでのベストよも1秒速んなったに。だも、こっちはなかなかだわ。だいぶせつんなーまで頑張っただも、今はこーがどーも精一杯てやな。
なかなか50秒の壁は厚いわ。ま、そーでもちょんぼ速んなっただけん、とりあえずは素直に喜んじょかかと思っちょーとこ。

だもいいことばっかでもなて。
500mは泳ぎ始めから、ペースが上げられんなあと思っちょって、こら13分くらいで泳げりゃ御の字だわてふーだったに。
なんだい4ラップ目くらいがもせつてせつてあばかんかったに。
そーで泳ぎ終わってクロック見たら14分16秒だったけん、気が遠んなーかと思ったわね。思わず「はァー?」てて呻いつまったでね。
どーもこら、ラップの数え間違いだらぞと思うでね。なんぼなんでも。
1周よけに周ったんだらと思ーわ。
だいぶ疲れちょったけん、1ラップ75秒以上はかかったかもっせんと思うだ。そげすーと14分16秒から75秒ひくと13分ちょうどくらいになーが?
そげして考えてみーと落としどこが見えてくーだ。
4ラップ目くらいのとこであんませつて数えられんやになっただないだーか。

けのびは12.5m±0.2mが数本出ちょうけん、まあまあだったわ。なかなか13mには届かんとまっしゃい。もうちょんぼ息こらえが我慢できちょったら、12.7でやめた時には13mに届いたかもっせんだーも、ちょんぼ息が乱れちょう時にやっただけん、よう我慢せんかったに。

ま、今日はきゃんやなとこだわ。

******************************

まあ、とりあえずクイズとしてはどこの方言か当ててみましょうって方向で(笑)
念のため申し上げておきますが、正解しても賞品はありませんから、悪しからずご了承のほどを。
一応日本語の一種なんで、中身、何が書いてあるのかまったく分からないってことはないだろうと思いますが、標準語っぽい訳を書けというリクエストがあれば、また後日。

筋肉痛 その後 とか雑談

今週はずっと筋肉痛が続いております。
新しい筋トレメニューを追加したのも響いております。
昨日などは脇の下の筋、いわゆる前鋸筋が強烈に痛くてなんだか一日が苦しかった(笑) 今日もまだ癒えてはおりませんが、昨日に比べると夕方頃からは運動を再開してもよさそうな雰囲気です。

今夕は小学生バレーのコーチに行かなくてはならんので、泳ぎには行けませんが、筋トレメニューはしましょう。
思ったんです。クロールのプル強化に必要なのはチンニング、つまり懸垂。
火曜日の夕方やってみたんですよね。
なんと8回しかできなかった…
もうちょっとマシかと思ってました。
それでこの強烈な脇の下の痛みを招いてしまったと。
まあ、8回でもいいんですけどね。3セットくらいできるようになるなら。

なんだか目的と手段がだんだん変化してきちゃったなあ。ちょっと整理してみましょう。

1.最初は海遊びでの万一を考えて水安の講習を受けるために、水泳を覚えた。
2.海遊びがもっと上手になるためには、継続した水泳のトレーニングが必要だと判断した。
3.上手に泳ぐってのはタイムも縮まるものだと認識しだした。
4.速く泳ぐには技術の修得もさることながら、パワーも必要だと気付いた。
5.泳ぐだけではそれほど筋力がつくものではないと気付いた。
6.そして筋トレへ。

うーん、これでいいのかなあ?
なんかちょっと間違ってる気がするんだけど(笑)

水泳教室 3 の2

自分で「お?」と思ったのは、ノーブレスでのクロールの時。
息が苦しくなったらそこで立ち止まって息をして下さい、との事でしたが、25mの間まったく苦しくなかったので、普通にノーブレスで向こうの壁にタッチ。
これでも縦潜りダイバーの端くれなので、正直それくらいは屁でもないんですが、意外だったのは、息を止めている実感がなかったこと。息をこらえた意識がまったくないないまま、向こうへ着いちゃった。
ちょっとダイバーとしてステップアップしたのかも… 妄想かな?

とまあ、とにかく昨日は軸軸軸~っ! な1時間でした。

なんか筋肉痛が厳しいので泳ぎ足しはなし。
習ったのを簡単におさらいするために何往復かして、昨日はオシマイ。

水泳教室 3 の1

今週はありました(笑)
1週間空くとずいぶんご無沙汰な気がしました。

着替えてプールサイドに出てストレッチ。「クラスメイト」さんたちともそろそろ打ち解けた雰囲気が漂い始めます。まだ冗談の類は出ませんけど。

昨日のお題は「軸」でした。
素人にはちょっと漠然としていて分かりにくいので、導入法としては「頭の位置、視線の向き」に気をつける、とのことでした。
最初は板キックだったかな? 視線をラインに固定して進む。
次あたりがノーブレスでのクロール。やはり目はラインを追って。
で、ブレスを追加。ロールして顔を戻したら同じラインを追う。

主題だけあって前半はずーっとこればかりでした。

一通りやると、それを背泳ぎでって方向へ。
お尻~腰あたりをビート板に乗せ、まずは仰向け浮き。意外とバランスを取るのが難しい。飽きるまで浮かんでなさいとの事だったので、寝そうになりました。

私、結構海では寝るんですよね。浮きながら。ウエットスーツって浮力がやたらあるし。うっかり寝こけてずいぶん流される事もありますけど。
そんなクセがついてるので、同じような条件となったら急に眠くなりました。でもスーツじゃないのでバランスを崩したら沈んだ(笑)

その後は同じ姿勢でバタ足。ビート板を手で触るのは反則。要するにいかにバランスを崩さないようにキックできるか、です。

そういえば、サイドキックの練習もしました。
横を向いて、伸ばした腕に頭を載せて、脚を大きく横向きに振る。
水安講習の時のアオリ足を思い出しました。ちょっと似てる。
バリエーションを覚えることで普通のバタ足も上達するから、という説明でした。

筋肉痛

実は朝から、なんか脚がだるいなあ、と思ってたんですよね。
やがて首周りの筋(僧帽筋)、特に右側が痛だるくなってきて…

昨日のバレーの試合のおみやげ。筋肉痛なのですね。
あったりまえですが、水泳とは使う筋が全然違うのだな。
この前も書きましたが、水泳って重力に抗う必要のないスポーツだし。
一方、バレーって激しく重力に逆らうスポーツだし。練習不足なのは間違いないし。

まあ、昨日はずいぶんジャンプできたし、多少普段のリミットを越えて筋を使ったのは間違いないです。
ま、ゲームですからね、脳内物質が噴き出まくったのは分かってるんですが…

しっかし、夕方になって、かなり痛くなってきました。
うーむ、修行が足りないっすね(笑)

愚痴とも自慢ともつかぬ話を

今日も我が地方はいいお天気ですが、昨日の日曜日はもっとよかった。
私、目が覚めるなりそそくさと海へ行く準備を始めました。
ところが私の部屋のバレーシューズを見た途端、日曜日はバレーの試合がある事を思い出しました。
基本的に週末はバレーのゲームには使いたくないので、冬以外はここ何年かゲームへの参加を固辞しておりましたが、昨日は「人数が足りないかも知れないから」と言われたのです。ゲームにはあまり出なくなりましたけど、チーム、メンバーに強い愛着を持っているのは事実。
だからそういう事情なら行きますよ、と返事したのを思い出しました。

試合の会場へ着いてみると、予想外に人数が足りておりました。
ちょっと眉間にシワが寄る(笑)
しかし、その時点で「それならじゃあ、やっぱり海に行きます」なんて言ったら角が立つので、渋々昨日の絶好天を諦めて室内競技に参加することに。

そんな気持ちでの参加でしたが、出てみたらずいぶん調子がいい。
妙に動ける。レシーブもコース読みの勘が冴えてたし、スパイクも気分よく決まっちゃう。アドレナリン全開。
それはそれでおもしろうございました。

しかし、やはりあの素晴らしいお天気で室内競技はもったいなかったな。これからの季節、滅多にあんな好天と休日が重なる事なんてないのに。


って感じの日曜でした。

ついでにもうひとつ

プロテインの摂り方について。

我が家で販売しているプロテインは美味しくないと、この前書きましたが、そうは言いつつ、まあ食べてます。
で、私がこれならまあイケル摂り方ってのを二つ三つご紹介します。
実は目標のプロテイン総量、90g/日には少し足りてないんですけどね。

筋トレの友、と言えば、ホエイプロテイン。いわゆる動物性。人間も動物なので、豆から作ったソイプロテインより、やはり吸収力が高いのだそうです。
目に見えるように筋を「増やす」のが目的なら、動物性がお奨めとの事。
植物性はどっちかと言うと持久系のスポーツに要する筋の修復、発達に適しているのだとか。
でも、植物性だからと言って、瞬発系の筋に効果がないって事はありませんよ。

ま、ウチは商売ですから、植物性で勝負(笑)
今のところはまだはっきりしたデータはないですが、大胸筋と広背筋が若干発達してきたように思います。腹はいたって凹みませんけど。
もちろん、プロテインがどれほど結果に寄与しているのかは不明ですけど、ひとつ実感として言えるのは、以前より多くプロテインを摂るようになってから、筋が早く疲労から回復してるように感じます。

いきなり寄り道を長々とでした。

さて、その豆プロテインですが、
一番お手軽なのは、シェイカーってやつで、水なり牛乳なりに溶かして飲む方法。バシャバシャと振る。すぐに溶けて飲める状態になる。
でも、これが個人的には美味しく感じられず、忘れずに飲もうって気にならない。

そこで私は、いつもスープのようにして飲みます。
一番多いのが、いわゆるコンソメスープに溶かして飲む方法。
もちろんプロテイン独特の味もしますが、ポタージュのような感じもしないではない。
熱い湯にも溶けます。ただし、順番を間違えるといかんです。
スープカップに先にお湯を入れておく。後でプロテインの粉を入れ、混ぜる。シェイカーのようにはいきませんが、案外簡単に溶けます。

クノ○ルなどの既製品を使うのもお奨めです。美味しいのはこっち。
ただ、全体的にドロドロ感が強くなるので、入れるプロテインが多すぎると混ざりにくくなりますし、スープな感じがしなくなります。

コンソメベースの味に少し手を加えるともっと美味しくなります。
答えはタマネギのみじん切り、あるいは擂ったのをきつね色になるまでよく炒めます。プロテインとコンソメスープをパンに入れて溶かしますと、かなりイケル。塩コショウで味を調えます。タマネギを炒める時にはゴマ油が個人的にはベスト。
でも、手が込む分、面倒。

あ、洋風な味付けに飽きたら、みそ汁に混ぜるのも悪くありません。
ただ、決して「悪くない」と言ってるだけで、goodかどうかは責任をもてませんので悪しからず。

って事で、私は熱い系のスープでいただく事にしております。

また、全然違うパターンもありますが、それはまた後日。

さっきのを…

さっきのをアップロードした瞬間に気付いたんですけど、
板キック25mを35秒って、そのペースで50m泳いだら、70秒って事ですよ。
70秒って言ったら、500mクロールの平均くらいの速度って事じゃないですか。ってか、むしろ速い…
うわ、なんか、ちょっと気落ちした。
私のクロール、やはり遅いのだな…
うーむ…

昨日の泳ぎ

夕方からいつものメニュー。
あらかじめ水泳用具は用意して行って、出先での仕事が終わったのが17:05頃。そのままプールへ。自営ってのはこういうのが簡単です。
犬の散歩もしなくちゃいけませんが、彼女には少し待ってもらう事にしました。
選んだ時間帯もストライクだったのでしょうが、雨模様ということもあってかプールはがらがら。ストレッチをしているとその間に先客も帰ってしまったため、貸切状態になってしまいました。
ここのプールは混んでしょうがないって事は比較的少ないのですが(料金が高めってこともあるかも)、まったく他に人がいないってのも初めてのことです。気持ちいい感じもしますが、なんだか寂しい感じの方が強く。 誰か来ないかな、と思ってしまいました。

500mクロールは12分44秒。
この前の12分18秒はちょっと出来過ぎでしたから、昨日の時点ではこれくらいで正解かと思います。
泳ぎ始めてすぐに「あー、この前よりちょっとペースが低い感じだ」って分かりました。プッシュを振り切ってないの(押し切ってない?)のを特に感じてたのですが、あえてそのまま。
9ラップ目を終えてラストのターンをする直前にクロックを見ると、11分42秒でした。
どうしようかな? と思いましたね。
12分18秒まではあと36秒。私の現在の力では、その間にとても50mを泳ぐ事はできないのは分かってます。だから自己ベストを狙う気持ちは当然捨てて、さらに一考。
まったりとそのまま50m70秒+ペースで行くと、自己2位のタイムより遅くなる。それは避けようと。
で、最後の1往復は60秒ペースで行くべ、と考え、やはりちょっとラストスパートを。
それで12分44秒。自己2位記録の更新です。
そんなに大慌てでなくてもいいと思ったのです。もちろんいずれは12分カット、11分カットと向上心はありますけど、フォームとか各部のポイントとかが大きく乱れないように注意しながら、着実にペースを上げていくべきではないかと、ここ数日間思ってました。
だから昨日はこれでOK。 またそう遠くない内に18秒に手が届くでしょう。

50mは56秒。
これは少し残念でした。50秒フラットくらいを狙って、結構気合を入れたつもりでしたが、思い切り空振りでしたね。
恐らく、手の平を開き過ぎてました。
がっ!と力を込めたのはいいけど、終盤はっと気がついたら全力で開いてた(笑)
ほどよい開き加減って実は難しい事にあらためて気がつきました。
タイムを狙ってはいますけど、実はそんなに高ピッチでストロークしてるわけじゃないんです。キャッチからプッシュまでを丁寧にしようと思うと、私のパワーじゃまだそれほど速く回せない。わずかでもグライドも意識したいし。
だから今くらいのピッチでのスピードを上げていきたいのですが、まだまだですね。
でも、一度はフォームとか全然考えないで、形振り構わず泳いでみる必要もあるなとは感じます。それがどれくらいのタイムにつながるのかを見てみたい。正直言ってダメな気がしますけど。

25m板キック。
これは自己ベスト更新です。35秒。
我ながらいい感じです。でも一気に3秒縮めたのはこの先が辛いっすね(笑) 必要以上に次の壁を高くしてしまった感が… 
しかし、これはあまり落とさないようにしないと。
29秒くらいまではすんなり縮んで欲しいな。

まあ、1ヵ月くらい前よりずいぶん速くなった。その結果がクロールにも反映されてればいいんだけど、実はあまり自信がないです。
板キックの時はキックだけに意識を集中できるけど、クロールの時に気付くと膝がやんわりしたキックになっている模様。

とは言え、次は○○に気をつけなきゃ、とかってのが見える内はまだまだ幸せです。
バレーなんてもう30年近くやっていて、自称「相当上手い」なわけですけど(笑)、もっと上手くなるためのプログラムを見つけられません。いや、正確には分かってるんですが、この年齢となりますとそれがどれほどハードなものなのかも知っており、その領域へ踏み出すのが憚られます。
上手くなる前に身体が壊れちゃう。

だからプールで、泳ぐたびに少しずつでも上手くなるのが実感できる今の状態って幸せです。
そしてその積み重ねが海での潜りに生かされれば、言う事なし!

お休みだった…

友人O宅はウチの近所。実は幼稚園の頃からの付き合いです。
昨日水曜日は18:30頃に仕事からもう帰ったと連絡があったので、では同道しましょうと迎えに行きました。
二人で張り切って県立プールへ向かったのですが、着いてみるとなんだかおかしい。照明がついてない。
「あり? 今日は休みかい」
「そんな事はないだろう」
「先週、『来週は休みます』って言ってた?」
「いや、聞いてない」
ふーむ、と唸りながら玄関まで行くと、休館日の予定が貼り付けてある。
「おいおい、火曜、水曜と連休にしちゃってるよ」
「マジすか? じゃあ教室は明日に振り替えとかかな?」
などと言いつつ再びクルマへ。

運動するつもり満々ですから、このまま体を休めてしまうと、イライラが湧いてくる。
「市のプールへ行く?」
「いや、今日はバレー行こうや」
本来、水曜日は所属しているバレーボールチームの練習日なのです。
12月半ばごろまでは二人とも水泳の修行で出られませんと言ってありますが、久しぶりに行く事にしました。

支度の変更のために一度帰宅。そして近くの小学校体育館へ。
水泳に勤しんでるのでバレーは休んでても心肺能力は低下していないはずなんですが、やると結構きつく感じました。
水泳って重力に抗うスポーツではないので、そういう影響でしょうね。
陸上でのスポーツも疎かにできないな、とあらためて思った昨夜でした。

それにしても泳げないなんて! がっかりです。
水泳教室の日程表を見直したら、確かに昨日の日付は飛ばしてありました。こちらのミスと言えばそうなんでしょうね。少し釈然としませんが…
だって、この前、
「来週もがんばりましょうね!」
って言ったじゃん、カナちゃん先生。

うーん、今夜行こうかな?

8/4の記事

思うところあって、さっき過去の記事を読み返したんですけども、
明らかに間違いを書いてました。

8/4分ですが、
500mを12分くらいで泳いだなんて書いてます。

ありえません!(笑)

ようやく12分18秒とかで泳げたのに、あの当時に12分そこそこで泳げるはずがないのです。

実は450mしか泳いでなかったか、時計の見間違いです。13分だったのかも。

ああ! ふと記憶が蘇りました。
あの頃はまだペースクロックなんて便利なものを見てなかった。
プール室の普通の時計を見て時間を計ってた。
だからやっぱり時計の針を読み間違えたんだな。500mは泳いだのかも知れませんね。
いやいや、いい加減な事を書いておりました。
謹んでお詫びを。

泳ぎに行きたい気がするけど

本日は県立プールはお休みの日なのです。
昨日が祝日だったので、その翌日ってことで。
では市立プールはどうかと言うと、火曜日なのでやはりお休み。
ま、やっててもそれほど行きたいプールじゃない。
大した額じゃないんだけど、市立プールは駐車場の料金を取るんです。
市の施設はプールだけじゃなく、図書館もそう。
その200円をケチって言ってるんじゃないのです。
施設を利用するために行ってるんだから、駐車場代なんか取るのはおかしいと思うのです。

いや、正直言うと、プール代500円に駐車場代200円を乗せると、県立プールの利用料金とほぼ同じになる。
あの老朽化して、中の照明も暗く、浅くて妙に泳ぎにくいプールと、県立の最新設備で泳いで快適なプールが結果的にほぼ同額となるのは納得いかないって気持ちもあります。

すいません、愚痴でした。


ところで、昨日は海に潜ろうかと思ったのですが、行ってみたら相当に荒れてました。久々の海だったのですが残念。ライブカメラではいけそうな感じだったのですが…
まあ雨こそ降ってなかったけど、せっかくの海なのでお天気も海況も気持ちいいときに入りたい。
青空が広がっている時は、海中から天を見上げるとその美しさに心を奪われるような気持ちにさえなりますが、曇ってたり雨模様だと、なんとなく気が滅入る感じがします。海の底も暗くてよく見えないし。
しかし、久しぶりに潮の香りを胸いっぱいに嗅いで、気持ちが落ち着きました。

という事で、昨日はせっかくの体育の日でしたが、スポーツはせず。
今日もしない。
でも、明日は水泳教室の日だから。

筋肉の疲労

昨日、泳ぎ終わったあとに全身をストレッチしながらふと思いました。
最も疲労感があるのがフクラハギ。つまり腓腹筋。
フクラハギって足首を使うから疲れるんだよね。
使う意識は極力排除したのに。
フクラハギではなくて、大腿筋の表と裏(大腿四頭筋(群)と大腿二頭筋周辺)が疲れまくってないとおかしいはず。そう意識してキックしてるはずなんだから。お尻(大澱筋)も。
でも、大して疲れてないんだよな。張りも必要以上のものはなし。結構弛緩してます。

上半身に目を向けると、腕は裏(上腕三頭筋)、それから首周りの肩(僧帽筋)周辺、脇の裏(広背筋)、それから大胸筋。三角筋も少々。
上半身は順当と言うか、納得できる疲れ方です。

脚部が分からないなあ…?

海、浪高し

沿岸の波浪情報と、ホームポイント近くのライブカメラを見ると、結構波が高かったので、プールを選択しました。
うーむ、いや、これまでなら少々波が高くても、平気で海に行ってたんですけどね。とにかく今は速く泳げる事、言い換えると、いかに上手く水に乗れるようになるかが私の中でのメインテーマなので、あえて今日もプールへ。
しかし、正直言って、潮の香りに包まれたい気持ちも強いです。海、恋しい。

でも、今日、プールを選択したのは良かったかも。
まず、25mバタ足。
さらに1秒更新。38秒が出ました。

次、500mのタイム。ちょっとびっくり。12分18秒。
これまでより30秒以上の更新。
ラップの数え間違いではないと思うのです。
かなり手応えある泳ぎができたので、9ラップって事はないだろうと。
約60秒ないし70秒早かったなら、数え間違いで9ラップって事もあるだろうけど、約30秒ですからね。
ふっふっふ、ついに12分の壁が見えてきたとです。
えーっと、10ラップで約30秒ってことは、50mにつき平均3秒速かったって事ですね?
うん、確かにそれくらいの手応えだった(断言!) 泳ぎ終わった時のヘロヘロ度が段違いだったもんね。
平均ラップ、73.8秒。
平均であと2秒速く泳いだら12分をカットできちゃう。

…あ、一瞬簡単かと思ったけど、やっぱ大変そう…


ま、いっか。

500mで体力使っちゃって、50mのベストは56秒でした。
これもよく分かった。がっ!とプル、プッシュしようと思っても、力が入んない。むしろベストから3秒落ち程度で収めたのを誉めてやろう(笑)

でも、インターバルの最初5回が、56秒、60秒、60秒、60秒、62秒だったので、かなりまとまってます。
3分休憩を入れた後の5回は見るも無残だったけど(笑)
参考までに書いておきましょうか。
57秒、61秒、63秒、72秒、75秒…
極めて順調にスタミナが落ちていったのが分かります。


もうひとつ今後の参考のために書いておこう。
今日はプッシュを強くしようとすごく意識しました。
キャッチから始まって、どんどん加速して、プッシュの段階の手の掻きはこれまでの最速だった。
掻いた水流を膝まで感じた。

ちなみに手の平はちょっと開け気味。
カナちゃん先生の指導、生きた。

そういえば、残念ながら事務室にカナちゃん先生の姿見えず。
連休だからかな? 明日が出勤なのだろうな。
さすがに明日はプールは行きません。多分…きっと。

腕に耳をつける

先日の教室でカナちゃん先生が言った、「ブレスする時は伸ばしたほうの腕と耳をつけるように」ってやつですが、
これって、腕を水面方向へ持ち上げればいきなり解決するんですよね。
でも、それで果たして正解なのかな?

腕と頭の間に隙間をなくすことが、このフォームのポイントだと説明がありました。抵抗を減らすために。
理屈は解る気がします。
という事で、多少腕が水面方向に上がっても仕方ないって事なのかも。

その点に留意してハギトモさんのクロールを再確認すると、
なるほど、彼女の伸ばした方の腕も若干上方を指してます。
手の甲は水面ギリギリ。
しかし…しかし、ブレスする時に腕と耳はきちんとくっついてないように見えます。

飽くまでもそういう意識を持つ事が大切なのであって、結果としてぴっちりとくっつけなくてはいけないというものでもないのかも知れません。

どうしよう、太陽が出てきたから海へ行こうか、それとも確かめにプールへ行こうか…

さらに手の平

この前の第2回教室で、ずっと疑問だった事をカナちゃん先生に聞いてみました。

6月に水安に向けて泳いでいた頃、隣のコースで泳いでいたとっても速くて上手い若者にも聞いたんだけど…

手の平の形状をどうすればいいのかって事です。
子供の頃水泳の授業で教わったのは指はきちんと閉じる形。
しかし、モノの本やネットを検索すると、今時は力を入れずに自然な感じにしておくのが正しいのだとか。つまりほんの少し開き気味って事です。
水を掻いてみるとその方が抵抗を強く感じるらしい。つまりたくさん水を掻けるという事らしい。
さらに追求しようと思ったら、少しずつ開いたり閉じたりと開き具合を調整して自分のベストを探るのが正しいのだそうです。

でも、私には正直言って違いが分からないのです。掻き方が悪いのか、そこまでセンサーが敏感でないのか…?

で、6月に若者に尋ねたときは、彼はぴっちりと閉じる派だったのです。
ものすごい力説でした。
「もう、絶対に閉じてください! 近頃は少し開くような事があちこちで言われてますが、断然閉じた方が速いです。ボクを信じてください、間違いないですから!!」
実際、彼は50mを30秒切っちゃうくらい速いスイマーです。長年水泳に親しんできているはずです。
そんな彼がそれほど力説するんです。

それ以来、若干の迷いもまだ持ちつつ、この3ヶ月半くらい、私も手の平を閉じる派でした。
ですが、その若干の迷いが再び質問させました。今度はカナちゃん先生にですけど。
カナちゃん先生、もちろんですけど、元は選手だった方で、水泳指導のカリキュラムもきちんと受けた方なのだそうです。それは彼女の同僚の、プールに通ってちょっと仲のよくなった職員の人に聞きました。

カナちゃん先生曰く。
「指はほんの少し開いてください。閉じちゃうと面積が明らかに減少します。開きすぎるとダメですけど、水が指の間をすり抜けようとする時の抵抗がミズカキのように作用します…するはずです^^」

と、反対の事をおっしゃる。カナちゃん先生が言うのなら、そっちが正しいのかも…
でもカナちゃん先生の言葉は無条件に信じたいのは山々ですが、若者の力説も忘れられません。
手の平の水流抵抗計測装置が備わってない私は、自分で感じる事ができない。
悩みます。
タイムを計ってみれば、とも思いますが、私程度の技術、体力で比べてみても正しい検証結果が出るとはとても思えません。
悩みますが、やはりここはカナちゃん先生の指導を優先すべきでしょうね。わざわざ尋ねたのに、水泳教室で閉じてたら心象が悪いに決まってる。

という事で、少なくとも12月までは「ほんの少し開く派」で行こうと思います。


キック考

バタ足について自分なりに理屈をこね回してみました。

私が海で履くフィンは一般的なものよりずっと長く面積も広いものです。
通称「ロングフィン」と言います。(下の画像)

脚に対しての大きさが分かると思いますけど、画像で履いてるのは私のロングフィンの中では2番目に大きくて、全長は私の股下よりも長いフィンです。
ロングフィン全部ではありませんが、このフィンはブレードの中間までは腰がしっかりしていて、そこから先は徐々に薄く柔らかくなっていきます。
先端の厚みは紙1枚分です。釣竿で言う「先調子」って感じですね。
一般にそういうフィンの方が全体に均一にしなるモノより性能が良く、効率的に推進力を発揮します。製作のプロセスが複雑になるので、お値段もそれなりになりますけど^^

で、昨日教わったキック…「太腿から振り、膝は極力曲げずに、足首は柔らかく」。これって、フィンの考え方と同じじゃないかと、思い至りました。
脚をロングフィンと同じように考えなくてはいけなかったのかと。

フィンの場合は「水を捉えて後方へ押し流す道具」として使わなければならないので、むしろ膝はある程度積極的に使わなくてはその力を発揮させてやる事ができません。水を捉える角度、後方へ押し流す角度etcと連続して局面がありますから、それに留意しながらブレードの角度を調整するために膝をある程度曲げたり伸ばしたりするわけです。足首の角度もですけども。
ですがそれを素足でやっちゃうのは、どうやら間違いなんですね。

脚全体をフィンとして見るなら、中間の膝は腰を持たせるようにしなくちゃいけない。そして先端の柔らかい部分。つまり足首から先でプッシュする。
素足で積極的に膝を使うと「腰」が効かなくちゃいけない部分で力が逃げちゃうのではないか。
水の抵抗で心持ち曲がるのは仕方がないのです。それはフィンも一緒。だけど一定以上に折れてしまうと水を足先に送り込めなくなってしまう。きっとそういう事なんだろうなと。
フィンブレードの根元の方は最初に水を捉える部分です。脚で言えば、つまり太腿。だからここは水を捉えるために(しかし前面からの抵抗を大きく受けない程度に)大きく振らなくちゃいけない。

きっと、きっとそういう事なんだろうな、と。
longfin

で、放課後(?)練習

19:00を少し過ぎて解散となった後も、せっかくですから泳ぎます。
でもカナちゃん先生、
「泳いで下さってもいいですけど、15分くらいにしておいて下さいな」
とおっしゃる。
講習の日はプールの入場券は買わなくても入れるんです。
本来は740円(!!)。全国の相場よりかなり高いと思います。
水道代がとても高い街なので仕方ないのかも知れませんが、この点については不満。
だから講習代だけで泳げるんだから、居残り練習は絶対すべきだと考えるんですが、プール側の立場としては許容範囲は15分くらいなようです。

ま、カナちゃん先生の顔を潰してはいけないので、せいぜい20分くらいでできるところまでやることにして、引き続き主にバタ足を。
出ました。39秒。
数日ほど前の平均に比べると5~6秒も速い。いい感じです。

でも50mクロールのベストは53秒。まだまだです。

しかし、この前、スイミングスクールの子供達を観察してたら、あの子たちは25m板キックを20秒そこそこで行っちゃうんですよね。
何が違うのか分からない。キックだけのことなのに。まだまだ奥深い世界です。

水泳教室 2 の2

背泳ぎの第一歩は、腕のフィニッシュの型のみでの泳ぎでした。
基本は「気をつけ」。腋を締めて主に前腕部だけを大きく上下に動かし進んでみる。脚が沈まない程度にキックしてもよしって感じ。

本当は別に背泳ぎなんて覚える必要はないと思ってるんだけど、もちろんカナちゃん先生には素直に従う。
推進力はほぼ前腕部だけの動きで得ているんだけど、意外とよく進みます。時折、鼻に水が入って痛いのを除けば、背泳ぎも楽しいかも、なんて思い始めました。

フィニッシュの型がなんとなくできるようになったら、ストローク全体の軌道を教わります。
どうも本当はキャッチ、プル、プッシュ、フィニッシュ、リカバリー、エントリーと各パーツに分けて説明したかったようですが、まずは全体の雰囲気から導入する事にしたみたいです。各パーツの練習は後日小出しにやります、との事。
ここでさっきクロールのストロークでS字プルの軌道を教えられた理由が分かりました。背泳ぎのストロークってS字が型なんですね。
と言うか、そうならないと掻けない。
イメージとしては背泳ぎのストロークってクロールの反対回転で外輪船のように回すんだと思ってましたけど、さにあらず。実は肩の開き具合が違うだけでクロールのS字プルと同じでした。リカバリーでの軌道が身体の前の方を通るか背中側を通るかだけの違いのようです。

なんとなくできるようになったかも。溺れない程度にはって所です。
意外とおもしろかったです。背泳ぎ。

残り5分でもう一度クロールのおさらいをやって、クールダウン、軽いストレッチをして、講習2日目は終了でした。

水泳教室 2 の1

6:45PMにプールサイドへ。
7人分のストレッチマットが既に並べられておりました。
前日も泳ぎに来たのはいいけど、攣ってしまった左のフクラハギがまだ痛い。左だけでなく右のフクラハギも鈍い痛みを伴っています。これは筋肉痛ですね。不思議な感触です。
これまで使った事のない部位が痛むというなら分からんでもないですが、それなりにバタ足の練習もしてきたのに。
とにかくフクラハギ優先で全身を入念にストレッチします。

6:55PM、カナちゃん先生登場。
「今日はクロール中心で、あと、背泳ぎもサワリを少ししましょう」と講習予定が伝えられました。
まずはビート板でキックの練習。前の晩、一人でさんざんやって、結局脚が攣る主原因となったので少し不安感が頭をもたげます。
指導のポイントは「ダウンキックの時に膝を極力曲げない」事。
いや、実際には少し曲がるんですけど、意識としては膝を使わずなるべく延ばしたままを保つ。大腿から大きく振る感触を覚えさせるためのリーディングのようです。
もうひとつのポイント、「足首の関節は力をいれない。むしろプラプラさせる」感じ。
この二点を守ってバタ足25mを何度か繰り返します。
最初は膝を曲げない事に意識が傾きすぎて、ぎこちなかったのですが、次第に慣れてくると、確かに昨日までより心持ち速い気がします。
そこでタイムを計ってみると、昨日の自己ベスト41秒を1秒上回り、40秒でした。なんかすごいぞ、カナちゃん先生。

次はプルブイを使って腕のストロークの基本型をキャッチアップで。
指導のポイントは「手をエントリーした時はなるべく腕を伸ばす事、手の平をヘソの前を通過させ、しかも身体の近くを掻く事」
立てた親指がヘソに触るくらいに意識すべしって事でした。
ストレートプルでもいいんだけど、S字プルができるならそれの方がいいよ、とS字の腕の軌道を模範してくれました。
それと、ブレスする時は伸ばした腕に耳を当てるように意識する事。
リカバリーの時はこの日はハイエルボーを意識せず、肘を伸ばしてわざと大きく回す。
このリカバリーの型に何の意味があるのか理解できませんでしたが、ハイエルボーは次週やりますからとの事でしたから素直に聞きます。
大体納得できる説明がないと首を縦に振ることなんてできない頑固者ですが、カナちゃん先生が言えば素直に従う私(笑)

ブレスの時の「腕に耳をつける」って動作はできないんだよなぁ。くっつかない。くっつけると口が水面上に出ない。それか、くるっと身体が仰向けになってしまう。
でも、「できません」と言うと、ニコッと笑って「大丈夫、ある程度形になってますよ」との事。そうなのか? と思いつつも彼女の笑顔には逆らえない。彼女がそう言うのならきっとそうなのだろうと思い込むことに。(ダメおやじ)

何度か反復練習しているとあっという間に30分が経過。
「では、大体いい感じなので背泳ぎしてみましょうか?」と。

プール行ってまいりやした

バタ足強化day!
いつもの倍以上はバタバタしてきました。

なんか、ちょっとイケてたです。
25m、コンスタントに43秒。それより遅くはならなかった。
ベストは41秒台。バタ足の自己ベストです。
ダウンストロークよりアップストロークの時に水を掴まえて後方へ流せてた感じがした。
だから、実はもっと速くいけたような感覚だったんだけど、例によって勘違いでやんした。でもまあ、自己ベストだからヨシ!

500mはちょっと人が多くて計測できず、でした。8往復終わった時に10分10秒くらいだったから、案外、10往復してたらこれも自己ベストだったかも。夢見るのはタダです。

50m。見間違いじゃなかったら52秒だったと思います。なかなか今日はがんばった感じです。
でも、7回目の時。
けのびの途中で左足のふくらはぎが思いっきり攣りました。すんげえ来ました。足の届かないプールだったら溺れたかもってくらい。
まだ痛い。もっかいストレッチしとこ。
バタ足がんばったからなあ。

ま、今日は収穫の多い日だったような。

明日は水泳教室。明日もがんばっていきまっしょい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。