わたコちょ! 2005年09月

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールの水とか

一言触れておくのを忘れてました。
プールの水の透明度、すこーんと上がっておりました。
この度のメンテでたしか総入れ換えしたはずです。
25m先がよく見えます。気持ちいい。

でも、なんだか壁が滑りやすくなってました。
ターンする時何度かずるっと足が滑った。
メンテと言っても槽内の掃除だったのかな?
水あかみたいなのを落としたのかも知れません。
水以外は見たところ変わったところはなかったようにも思ったのですが。
スポンサーサイト

泳ぎ足し

500mラップは12分50秒。
今日も結構速く泳げた感じだったのに、いつもと変わらず。なんなんだろうな、あの勘違いは。

50mはベストが54秒。
これは分かった。前半25mは相当イケてた感じでしたが、後半25mがヘロヘロ。前半のペースで後半25mを泳げたら、多分50秒くらいでいけると思う。次回がんばろっと。
でも3回目も59秒でまとめました。これはちょっと進化したかも。
これまでは3回目ともなると65秒とかだったのに。

自分でびっくりしたのはけのびでした。
12m70くらいまで伸びた。目標達成! これって、ストリームラインがだいぶ上達したって事じゃない?
しかし、11mで止まる時とどこが違うのか分からない所がミソ(笑)
でもこうなったら、けのびの目標を15mにします。
達成できるかな?無理かも。だって息も続かないとダメだし。まあスタティックアプネアの練習にもなるし一石二鳥だから。

水泳教室 1 の2

まずはそれぞれの泳力のレベルチェック。
「えーっと、全然泳げない人っていらっしゃいます?」
とカナちゃん先生。
誰も手を挙げる人はなし。ぼそぼそと「ちょっとは泳げまーす」と誰かが。
「それではちょっと見せてくださいね」
って事で、クロールできる人は背泳ぎ、バックできる人は平、ブレストできる人はバタをして泳いでみてくださいとの事でしたが、とりあえず、全員クロールを選んだようです。
「とりあえず、全員クロールはできるんですね」とカナちゃん先生。
ふーん、なんとか俺のもクロールに見えるんだ、と変な安堵(笑)
「これなら案外ステップアップが楽かも」と笑顔です。うーん、かわいい。

そうそう、私とO以外の人々を簡単に紹介しときます。
残り5人の内、3人はセットみたいです。つまり友人関係で誘い合っての参加。私とOより結構年上のように見受けられます。50前後かな? 長距離スローな泳ぎを覚えたいとの事。
もう一人年上の方。この方は60歳くらいかな? まだそこまではいってないかも。でもちょっともう枯れつつある感じ。
残る一人は明らかに年下。30代前半かなあ?

最初の講義はやはりストリームラインでした。でも男の下半身って体脂肪少ないから脚が下がるんだよね。私なんかも静止状態では絶対脚は浮かない。
そして壁を蹴ってけのび。
これも意外と難しい。ここで皆さんの大体のレベルが分かってしまいました。

それからうつ伏せでの板キック、ビート板を抱えて、仰向けでの板キック。
なんか安心した。少なくとも今の時点で私より速い人はいない。
だって、自転車漕ぎになってる人もいたし。

そんなこんなをしてたらあっと言う間に1時間は経過してしまいます。
本当に今日はレベルチェックのみって感じで終わってしまいました。
クールダウンで水中ウォーキング、そのまま水中で軽くストレッチして終了。
もっと泳ぎたい人は泳いでいいとの事なので、私はそのままいつものメニューへ移行しました。だって泳ぎ足りないもんね。

水泳教室 1 の1

プールの受付に顔を出すと、教室へ参加するメンバーの出席簿(?)が置かれていました。自分の名前の欄に○を付けます。
どうやら今回の参加者は総員7名。氏名を拝見すると全員男性のようです。
どんなレベルの人たちなのかな? と思いつつ、パスをもらって更衣室へ。
一緒に誘った友人のOはまだ来ていません。
彼は私よりずっと水泳歴は長いです。数年前までスクールのプールに週2くらいのペースで通っていたので、相当泳げます。ただ彼は別にスピードを求めているのではなく、長距離をゆっくりと派です。それでも平均ラップ60秒/50mで泳ぎ続けられるので、例えば1000mでも20分くらいで泳いじゃいます。私などより実力は上。
でも、プールは久しぶりのはず。この前プールに誘ったのは7月だったか、8月だったか。

着替えて指示された通りプールサイドで待っていると、Oもやって来て、18:50に全員揃いました。
定時より少し早く開講式。
講師の先生の挨拶と、我々の紹介。
先生をここではなんて呼ぼう。かわいくてチャーミングな20代後半って感じの女性です。両耳のピアスがキラリ。競泳体型。
顔立ちが高校のときにお付き合いしていたコにちょっと似ている。そんな事はどうでもいいんですが、要するに私の好み(笑)
そうだな、カナちゃん先生と。

カナちゃん先生はSPEEDOの赤い競泳水着。水泳歴が長い人って本人は全然気にする様子がないんだけど、競泳水着ってパッドとかないから、胸が透け気味なんだよね。こっちが目のやり場に困っちゃいます。

とにもかくにも、正直な所、かわいい先生でラッキーです。

挨拶が終わったらさっそくストレッチ。
肩、腰、大腿、足首、と上から下へ入念なものです。
水安の講習でもちろん一通り教わってますが、いつもはかなり端折りますので、一人の時は5分かそこらで終わりですが、この日はたっぷりと。
来週からこのストレッチまでは19:00までに各自で済ませて下さいとの事でした。
賛成。たった1時間しかないもんね。

続きはまた後ほど。

本日から

今日の夕方から2.5ヶ月間のスイム教室が始まります。
何を重点的にやりたいのか要望を書いてくれと言われたので、私は
■クロールのスピードアップ
■正しい平泳ぎのフォーム
■効率のいいドル平
この3点を挙げました。

クロールについてはずっとここでも報告してるように命題中の命題です。

平泳ぎは別にスピードは求めません。もちろん効率がいいに越した事はないんで、正しいフォームに近付けば、自ずと速度も上がるでしょう。
何よりも、海で泳いでいる時に足が攣ったとき、泳法を切り替えねばならない時もありますから、その対策。
それと、巻き足をきちんと覚えたいのですが、正しい平泳ぎはその1stステップだという事。

ドル平はアプネアのためです。

さて、果たして私の要望は叶うかな?

もちろん、随時レポートもいたします。

今日行きました

結局、昨日はバタバタして泳ぎに行けなかったので、今日行きました。
久しぶりの市立体育館プール。
施設は古いし、ちょっと遠いので今回のように県立が使えない時でもない限り、これからもあまり足を向けることはないかも。
それに浅いんだよね。最深部で1.3mくらいかな?

昨日本屋さんで某水泳雑誌を立ち読みしました(本屋さん、出版社さん、その他関係者さんゴメン)。
記事のひとつに、「呼吸するタイミング」について解説がありました。
「あなたのタイミングは間違っている」
まるで某北斗の拳の最も有名なセリフみたいですが、読んでなるほどと思った私。
さっそく実践してみました。ちょっと分かった気がする。
タイムには反映されなかったけど。
むしろ落ちた(笑)。

「腕を抜く瞬間まで顔を動かすのを我慢し、抜いたと同時に顔を横に動かし、リカバリーの間に呼吸する」
効率がずいぶん違うのだそうです。
今日のところは検証できず。

ちなみに
500m   :13分20秒
50mベスト:54秒
でも、
けのび  :11m

なぜ、500mがこれまでのベストより30秒も遅いのか分からない。
感触としては、これまでより速く泳いでた気がするんだけど。
答えは
1)これまでより30秒速く泳いだんだけど、実は11ラップした。
2)これまで10往復してたつもりだったのが、本当は9往復だった。
3)単純に遅かった。

正解はもちろん、分かりません。多分、3)だとは思うけど。

テーマと違う話

というのは、このブログのこと。

おかげさまで近頃は少しずつ訪問して下さる方もいらっしゃって、大変ありがたく思っております。
まずはあらためて感謝したいと思います。

元々のこのブログのテーマは、水泳嫌いだった私が水泳に興味を持ち、継続して泳いだレポートをし、それについて上級者の皆さんにアドバイスをいただき、また、それを試してみつつ…
って言うのがテーマでした。実に虫のいい話ですが(笑)

いえ、今でもテーマなんだけど、なかなかアドバイスしてやろうって方は現れず、しょうがないので私からの報告のみ…つまり普通の公開日記のようになっております。
それはまあ、仕方ないとも思います。実際に私の泳ぎを映像として見てもらうわけでもなく、文章だけでコーチしてくれなんて、実際難しいし、面倒です。
映像もアップしたいんですが、なかなかそういう機会も巡ってきません。とりあえず器材とかはあるんですけどね。撮影者の都合とか全然合わないんですよね。
そんなわけで映像に関しては申し訳ないです。

それと、相談なんですが…
トラックバックってのがありますよね。
ブログのシステムについてよく理解していないので、それこそどなたかに知恵を拝借したいのですが、近頃はエロサイトの宣伝が入ってます。
どうもトラックバックってのは、要するに相互リンクのようなものなんでしょ?
私の意にそぐわないものはバンバン削除しちゃっても構わないものなのでしょうか?

いや、エロが嫌いってワケじゃないんです。好きなんですけど、ここをそういうのの宣伝に使われるのもなんだか癪なんですよ。
向こうにこのブログのトラックバックを貼るのもなんだかイヤだし。
どうすればいいのかな?



プールが使えないとなると、なんだかいつもよりもっと泳ぎたくなるのが人間の性ってやつでしょうか?
今夜は市民プールへ泳ぎに行っちゃおう。
古いし、浅いのでなんだかいつもは敬遠しちゃうんだけど。
それと、駐車場代を取るのが気に食わない。
結局トータルでは県立プールと同額になっちゃう。
でも今日は行きますよん。

ま、とにかく、重ねてですが、近頃このブログを見て下さってる皆様、どうもありがとうございます。よかったら一言でもコメントをいただけたら幸いに存じます。これからもよろしくお願いします。

そうそう

いつも行っているプールで短期スクールの催しをするというので、実にタイムリーだと思い、申し込んできました。
プールの補修が終わった週から始まり、週に一度のレッスンで計10回。
短期と言っても12月まであります。

コツを習得できるといいな。
目指せ500m10分!
目指せ50m40秒カット!

いくらなんでも無理か(笑)

1週間プールが使えません

補修のためだそうです。
50mプールはシーリング剤とか一部取れかかってた所があったけど、25mプールは特に変な所はないような気がしますが… 掃除すんのかな?
25mプール、内壁は多分FRPで覆われています。だから手触りとかコンクリ打ちっぱなしとは違って、少し優しい。

今年の1月ごろ、泳ぎだした頃の25mプールはとても透明度が高かった。
海にはしょっちゅう通ってるわけですが(最近サボり気味w)、私が通う海で20m抜けるなんて滅多にありません。春先の一番水が冷たい頃で25mがぎりぎり見えるか見えないかくらい。それでも本州近海としては抜群に透明度が高い方です。
ところが、1月の25mプールはホントきれいで、感心したものです。すっごい高性能な浄化装置使ってるんだと。

私がプール嫌いなのは(今でも実は抵抗がある)、狭いあの水槽の中で、自分も含めて誰とも分からない人の出す汁(笑)だろうがなんだろうが関係なく充満しているところで身を曝け出さねばならないこと。

海だと別にどうとも思わないんですけどね。人だろうが魚だろうがおしっこさえ別にイヤじゃない。プランクトンだらけだけど、それもどうとも。
それは果てしなく広いから。

でもプールの場合、あんな閉鎖された水槽の中では正直きっついなあ、と思ってました。
でもプールの中、抜群に透明度が高かったので、すげえ嬉しかった。キレイな水中は楽しいですし。

でも、やっぱだんだん汚れてくるんですよね。
7月になったら最悪でした。顔を浸けたくなかったw
9月になって少し透明度が増しましたけど。
1月にきれいだったのは、きっと水を入れ換えた直後だったんだろうな。
浄化装置は普通の性能だったってことで。

6月に水安の講習で50mプール、飛び込みプールをよく使いましたが、あちらは使用者数も少なく、実質私らが今年最初の使用者だったんで、とーっても水がきれいでした。
水が50m先まで透明なんて、生まれて初めて見たように思います。
来週はそのコンディションで復活するかと思うと楽しみ。
25mまでしか見えないけどね。

キックターン

本日は忘れないうちにもう一ネタ書くことにしました。

正式な名称は、クィックターン? 要するにターンする時、手では壁に触らず、直前でくるっと半捻りを入れた前転をして、足でタッチするってやつ。

憧れないってこたぁないんです。
見ていてカッコいいのは事実。面倒くさそうだけど。
ちょっと練習してみました。
体操だって不得手ではなかったので、雰囲気だけはすぐに真似できます。

さて、50mインターバルでやってみると…
くるっと水中で回る時、鼻から息を出さないと水が浸入してとても痛い目に遭います。
それでフーン!と吐き出すわけですが、この量のコントロールが全然ダメ。
足で壁を蹴る。けのびです。ビューンと進む。5m、6m、ここまではいい感じ。
3発ドルフィンキックを入れて、その後バタ足に切り替え、なるべくスピードが落ちないようにしつつ、自然と身体が浮いてくるのを待つ。
でも、浮かない!

くるっとした時に空気を出しちゃってるんで、浮力がかなり消えてる。息がどかんと苦しくなります。完全に酸素負債で身体も動かせなくなる(笑)
たまんないから前に進む力を水面に浮く力に換えて息を吸いに浮上するんですが、ちょっと呼吸したくらいじゃ、酸素不足は解消できない。
メチャクチャ身体が重たいです。
腕が回んない。下半身が痺れる。スローダウン…

なんのためのクイックターンですか?

変わらず

もしかしたら一気に51秒/50mくらいにならないかと思って泳いできました。
残念ながら53秒のまま。
ま、そう簡単に毎日ステップアップはできないっすよね。
この前までも56秒、57秒でしばらく足踏みしてたし。

500mは12分50秒。先日より5秒アップ(笑)

けのびは何度やっても10m。

やっぱ変わんないっす。むしろけのびは1mも落ちた…


板キックのタイムを計ってみました。
2ヶ月くらい前は25mが軽く1分かかっていたんだけど、ちょっと速くなったみたい。
1回目は52秒と、全力クロールの半分の速度って事ですか。
あらためて思います。俺のクロールって遅すぎる。あのバタ足のわずか倍のスピード? ちょっと信じられない。
正直、クロールで泳いでる時って、もっとぐいぐい進んでるつもりなんだけど。
困ったもんだ。

バタ足何度かやってると、43秒/25mなんてのが出ました。
「あれ? なーんか妙に進む!」って思ったんですよね。
計測し間違えたのかもと思ったんですが、その後もう一度45秒が出たんで、何か具合のいいときにはそこそこ速度が出る時もあるらしいです。

でも、それってどうなのよ?
クロールって、腕8:脚2とかって言いますよね?
タイムで比べちゃダメなんかな?

ちょいと進歩

なんだか昨日はいい感じでした。
500mラップは12分55秒(50m平均77.5秒)と大したことなかったんですが、泳ぎ終わった時には結構余裕がありました。次回は心持ちペースを上げても大丈夫そうな感じです。

けのびが11mに届きました。
なんかいつもよりするするーっと進む感じがありました。
停止した所でコースロープを掴んだら11mをちょっと超えて。

50mのインターバル。
53秒が出ました。一気に3秒も縮んだ。素直に嬉しい。
と言っても元気の比較的いい初回だけです。
あとは泳ぐたびにタイムが落ちていく。5回目は72秒。
必死で泳いで72秒だもんね。

5回目を終えてヘロヘロだったので、5分ばかり休憩した後、さらに5回泳ぎました。
トータル6回目は55秒。
53秒には届かなかったけど、まあいい感じです。あとは同じ。だらだらとタイムが落ちていきます。

最後にダイナミックしたら30mで左ふくらはぎが攣りました。

クールダウンでのんびりと50m泳いだ後、脚部のストレッチして終わり。

それとバタ足

とにかく進まないデス。
25m行くのに軽く1分以上かかってるはず。
あんまり遅いんでクロックも確認したくない。

何が悪いんだろ。分からん過ぎる。フォームとかおかしくないはずなんだけど。

短期のスクールへ行ってみようかなと思います。
ここへは誰も教えに来てくださらないし。
もう少し能動的に行くか。

左ブレス

腕輪の事じゃありません。
私、クロールの練習を始めてから、左より右の方が圧倒的にブレスが楽なもんで、習慣化して右でしかブレスできなくなってしまいました。
最初はブレスの向きの優先順位はとても低く、もっと必死に習得しなくてはならない事がたくさんあったんで、思い切りおそろかにしてました。

ですが、モノの本やらWEBやらを見渡しますと、片方だけのブレスがいかに首辺りに悪影響を及ぼす可能性があるかなどが書かれてたりします。

そこで、先日は左ブレスも覚えようと練習してみました。
左へ顔を出すと、なぜか身体が沈んじゃうんですよね。
だから十分な換気ができない。
右ブレスの6割程度しか呼吸してない感触です。
右だとかなり疲れていてもそんな事はないんですが。

練習あるのみですね、これも。

25m

昨日、9/11(日)は海へ行くのを楽しみにしてたんですが、諸事情により中止。
代わりに午後からプールへ。

スタミナがないですねえ。
25m男です。
インタ・トレ、スタートして向こうの壁に手を着くまでは相当乗れてる感じがするんです。
実際、ペースクロック見ても23秒とか24秒を出せてる。
そこそこのスピードが出てるんで、体も浮いてブレスも楽。

しかし、タッチしてからの後半25m。
ぱたっとそれまでのペースを保てなくなる。
結果は56秒がベスト。

前半でグリコーゲンが売り切れちゃうんだろうな。
ちくしょう…

泳ぎ込みが足りない

9/3(土)
昼過ぎから県プへ。
8月31日をもって、屋外の50mプールと幼児プールの一般開放が終わってしまったためか、屋内25mプールは妙に人が多い。
泳ぎにくかったです。

いつものようなメニューです。
50mベストは56秒。
どうも、私にはまだ50mを終始全力を出し切れるほどの体力がないらしい。
昨日はその気で泳いで、前半の25mはすごく乗れてる感じが。
実際折り返し直前に見たペースクロックは24秒。

単純計算では往復48秒となり、とりあえずの目標の50秒カットを達成できそう。
ところが結果は56秒。心拍数170オーバー(笑)

後半の25mはさっぱりパワーがなくなってるのに泳ぎながら気がつきました。ストロークできてません。
「ああ、なんかさっきまでとリズムが違う…?!」と思ったら、手も足もブレスのタイミングもバラバラ。

でも、なんかかなり明確にポイントが絞り込めた。
次に行った時は後半少しでも長くきちんと漕ぐ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。